Top / 基礎知識 / 補給・兵站

基礎知識/補給・兵站

注意:ここにページを追加する場合は、ページ名の先頭に『基礎知識/補給・兵站』(カッコのぞく)を付けてください。

役に立ちそうな基本的な知識を書いています。誤りや追記などありましたらコメントいただければ幸いです。
また日本語版と名詞が異なっている部分がありますので、誤りや紛らわしい部分がある場合はご指摘いただければこちらも幸いです。

補給・兵站

HoI3において最も重要な要素の1つが補給・兵站です。
ゲームに不慣れな頃は(慣れてからも?)これに大いに悩まされるでしょう。
しかしシステムを理解すれば補給を考慮した作戦計画を立てることができるようになります。

FAQ(Tips)#補給の仕組みに説明が書いてあり、これに付け加えます。

首都や主要港には物資倉庫がある

首都と主要港には物資を蓄えるための倉庫が設けられます。

物資の量は補給マップモードでプロヴィンスへカーソルを合わせた時のLocal Supplyで確認できます。
port_tokyo.gif←首都東京には大量の物資が保管されている。
port_bombay.gif←インド方面の主要港ボンベイには物資倉庫が設けられ、円滑な物資輸送のためにある程度の備蓄がされている。

主要港は師団をクリックすると出る情報のSupplied fromのところで確認できます。
港のレベルとインフラの高いプロヴィンスが優先的に選ばれます。

supplied_from.gif

物資輸送の流れ

物資の流れは各部隊が物資を要請するところから始まります。

各プロヴィンスも物資を蓄えることが可能で、各部隊は現在位置から物資を補給しようとします。
この時に物資が不足する場合は、その隣のプロヴィンスに物資を要請し、まだ足りなければさらに隣へと連鎖していきます。

この点から、基本的に部隊がいるプロヴィンスへ物資も共に移動していくものとなっています。
しばらく経っても周辺で物資が必要とされなかった場合は、首都に送り返されることになります。
敵のプロヴィンスを獲得した場合はそこに残された物資を入手することがあります。

陸路の補給経路の仕組み

プロヴィンスで物資が必要とされると物資は首都から発送されます。
補給経路は補給マップモードで緑色のプロヴィンスやLocal Supplyを追うことで確認できます。

まず陸路の場合ですが、距離とインフラの良し悪しを判断して自動的に経路が決定されます。
この時、経路は必ず1本となります。一番良さそうと判断された経路です。

例えばソ連で遠くの中国方面へ物資を送る際、届く物資量が少ないからと複数の経路分のプロヴィンスのインフラを改善しても、実際に使われるのは1経路分のみです。
ですから、モスクワから中国への最短経路分のプロヴィンスのインフラを10にすることが最良となります。

これは他戦線へも同様に言えることで、モスクワから見て各方向へ一直線状にプロヴィンスのインフラを改善すると物資輸送を効率的に行えます。
主要港となるレニングラードや北欧に向け北西へ、ドイツへ向け西・南西へ、中東へ向け南へ、中国へ向け東へ、一直線に改善です。

どんなに首都から距離があっても、自国のプロヴィンスで陸伝いに繋がっている限り陸路が使われます。
他国(同盟国、傀儡国を含む)のプロヴィンスで陸路が寸断されていたり、そもそも海で隔たられている場合に海路が用いられます。

海路の補給経路の仕組み

次に海路の場合で、例えば島国である日本で考えるとほとんどの補給が海路を経ることになります。
流れとしては首都から港へ物資が輸送され、そこから陸路で各部隊へ物資が輸送されます。
例として中国侵攻中を想定します。

例えば上海の横のプロヴィンスに上陸した部隊は、利用可能な港がないので補給を受けられません。
各部隊は完全な補給を受けていれば30日分の物資と燃料を持っているので、それまでに上海を攻略できれば補給切れの心配はないということになります。

上海を攻略すると上陸部隊から見て利用できる港はそこだけなので、物資は上海から送られ物資倉庫も設定されます。
言うまでもなく、補給船が切れたり敵部隊に上海からの陸路を寸断された場合などは補給を受けられなくなります。

次に青島へ上陸攻略した部隊は同様に青島の港から物資を送られ物資倉庫も設定されます。上海とは別経路となります。
そして侵攻が続いて上海と青島の間が自国プロヴィンスで繋がった時、物資倉庫は上海か青島のどちらか一方だけになります。
これは各部隊から見て陸路で繋がっている港の中から、港の規模とインフラを考慮して最良と判断される1つが決定されるためです。

物資補給は各港から行えます。ただし生産画面で確認できる補給船団が編成されている限りです。AI任せだと最寄りの港に設定されないことが多々あり。
Semper Fi以降は手動で補給船団を編成でき、例えば首都から長い陸路で繋がっていても近くに港がある場合はそこに物資輸送をさせて効率を上げられます。

物資倉庫のある港の位置に関する問題

物資倉庫が遠い場合は物資輸送の非効率が生じます。
基本的に海路を伴った補給経路は物資倉庫のあるプロヴィンスからが重視され、最寄りの他の港はそれをサポートするような形で物資を供給します。

例えばタイの西にあるミャンマーから、インド・中東方面へ英国領をずっと侵攻していくと、補給倉庫はミャンマーのラングーン(タイのすぐ西)となります。

補給マップモードにすると確認できますが、Supplied fromがラングーンになっている限り、ラングーンからの経路の全てのプロヴィンスに物資が備蓄されます。
そして足りない場合に、近くの港に物資が輸送されてその港からの経路で物資が送られてきます。

インドや中東まで行ったとしても、自国プロヴィンスで陸続きである限り物資倉庫は1つだけです。
物資倉庫がラングーンのまま、ラングーン近くに部隊がおらずインドに大部隊が展開している場合、物資移動時の物資損失と各プロヴィンスでの備蓄がかなりの無駄です。
これを避けるためには自国プロヴィンスをある程度で途切れさせる必要があります。

補給経路を工夫する

陸路でつなぎ続けてしまうから問題なのです。

陸路の途中の国を傀儡国にするのは1つの改善策です。ただし征服に比べ旨味は減ります。

ゲーム的ですが、敵国のプロヴィンスを残しておく方法は非常に有効です。
例えばミャンマーとインドの間の英国領を占領せずに残すことで、別の物資倉庫を設定させることができます。
港の位置を考慮して細かく分けると、各部隊から見て物資倉庫が近くなるので経路が効率的になります。

以上から、特に日本やイギリスのような島国は補給の面で苦労することがわかると思います。
補給船も大陸国に比べて段違いに必要となり、通商破壊への確固たる対策も必要となります。

補給港が搬入可能な物資量は港のレベルに比例します。海軍基地を研究開発すると1段階毎に物資搬入量が20%増加します。

同盟国や傀儡国に自国部隊がいる場合

補給はその国から行われます。これは自国の補給量の問題の解決に役立つことがあります。
ただしその国の補給経路を使用するため、その国の補給量の問題を引き起こすことがあります。
ちなみに消費する分の資源は自国からその国へ自動的に送られます。タダではないです。

補給の面から見た陸軍の編成や作戦

上陸作戦を行う場合、作戦行動可能な部隊数は港のレベルに依存します。
そこで量よりも質が重要となり、戦車や機械化歩兵などの物資を多く消費する部隊は最大部隊数を減らすことになります。

基本的には歩兵を中心に支援旅団を付け加えるくらいが補給面では負担が少なくなります。
実際はよほどの大部隊を上陸させない限りは過剰に気にする必要はないのですが、補給面から見ればこうなります。

コメント

最新の50件を表示しています。 コメントページを参照

  • 補給港一つってあるけど普通に繋がってる港すべてから物資は輸送されるぞ -- 2015-10-05 (月) 00:33:15
  • ご指摘を受け確認し訂正しました。ありがとうございました。 -- 書いた人? 2015-10-05 (月) 22:00:59
  • 補給についてですが、太平洋戦時日本軍と闘った連合軍はビルマ戦線では空路を使い補 給を成功させましたがHoi3では可能でしょうか? -- イトウ? 2015-10-06 (火) 07:50:37
  • イギリス軍の場合、インド周辺は中核プロビンスだから補給効率が2倍にされるのでゲーム的には物資空輸する実益がない。包囲されて孤立するか、日本軍の側が奥地を進軍する場合になら必要性が生じるが、輸送機の物資搭載量と対象部隊の規模との相関によって実効性は変わってくる -- ページ作者じゃないけど? 2015-10-06 (火) 12:30:30
  • ↑の人のほうが詳しいでしょうがお答えします。輸送機があれば空港から届く範囲内には空中から物資を供給できますが、量の問題と制空権の確保の必要もあり、限定的な補給の仕方となっています。やはり海路を使った補給が無難なので、港を中心に防衛してあとは船団襲撃に注意するくらいでしょうか。 -- 書いた人? 2015-10-06 (火) 12:47:54
  • 空輸でどれだけの包囲されてる部隊がまかなえるかを厳密に検証した人はいないから、作者さんが試してくれてもええんやで(ニッコリ -- 2015-10-06 (火) 15:13:12
  • 悪魔だ…にこやかに人にタスクを押し付けないでください^^; でも興味はあるので時間があれば試すかもです。空挺歩兵によるパルチザン制圧が好きなのでついでに活用できるかも -- 書いた人? 2015-10-06 (火) 20:27:00
お名前:

Top / 基礎知識 / 補給・兵站