Top / データ集 / 陸戦

データ集/陸戦

データ集

陸戦

以下、http://www.hoi4wiki.com/Land_warfare の訳。

もくじ

戦域

戦域は、プレイヤーやゲームの開始によって明示された、軍隊のイベントが発生しているエリアです。
各戦域はそれぞれの軍団のセットを持っています。

新しい戦域を作るには、画面右上隅の戦域ボックスの中のシールドアイコンの1つをクリックしてください。
「新戦域」ボタンが現れ、師団を動かすことのできる新しい戦域を作ることが出来ます。
また戦域ウインドウには設定ボタンがあり、補充の優先度を設定できます。

軍団

軍団は、指揮官によって率いられる師団の集合体です。軍団は、作戦中の戦域に紐づけられます。
軍団は、前線に割り当てることができ、戦略インタフェースを通して命令を与えられることができます。

輸送

陸軍は、水域を横切って、友好的な港間を移動することが出来ます。
師団は、港にいる時、別の港を右クリックすることで、そこへ輸送させることが出来ます。
陸軍の輸送には輸送船を必要として、もし横断する海域の制海権がないなら、死傷者を出すことになるでしょう。

強襲上陸

強襲上陸指令をスタートするために、軍が必要です。
任務「強襲上陸指令」は、一番左の錨アイコンです。
最初にあなたは進軍を始める港を選択し、続いて上陸を計画する岸辺のプロヴィンスを選びます。
進軍時に横切る全ての海域の制海権が要求されます。
計画には、侵略に参加する師団の数と侵略の距離に従った日数が、準備として必要です。

(訳者注:兵站のページでも説明していますが、港のないプロヴィンスに部隊を上陸させると、速やかに港を含むプロヴィンスを確保しないと、部隊が補給切れを起こしてしまいます。上陸作戦は港を指定することを原則としてください)

戦略

基本能力

  • 最高速度 : 師団は最も遅い大隊の速度で移動します。支援中隊はこの計算に含まれず、師団の他の部隊と同じ機動力を持っていると仮定されています。
  • 耐久力 : 従来作では「strength」として知られていました。 耐久力はユニットが消滅するまでにどれだけのダメージを受けられるかを示しています。耐久力は兵の種類によって設定されており、機械化歩兵の30から支援砲兵の0.2までと様々です。師団の耐久力は個々の大隊の耐久力の合計です。師団が耐久力にダメージを受けた時、戦闘能力は比例的に減少します:例えば、耐久力が半減したユニットは、戦闘における攻撃力と防御力は半減します。
  • 組織率(指揮統制率) : 組織率は戦闘に対するユニットの即応性を示します。組織率のないユニットは、そう思われているように、作戦を遂行することが出来ず、戦闘を継続することや期待通りに移動することも出来ません。師団の組織率は含まれている大隊の平均です。
  • 回復率 : 従来作では「モラル」として知られていました。師団が組織率を取り戻すスピード、戦闘をしていないユニットが1時間ごとに増加させる組織率を示します。
  • 制圧 : レジスタンスを制圧する能力です。
  • 物資使用量 : 1日に消費する補給の量です。
  • 信頼性 : 信頼性は故障とアクシデントの発生を減らします。信頼性は修理(支援)中隊によって増加します。
  • 後方移送 : 後方移送 は命を助けられて、マンパワーに復帰できる戦闘死傷者数の割合を示しています。
  • 経験値損失 : ユニットから死傷者が出た時、失われる経験値の基準に対する割合を示しています。

戦闘能力

  • 対人攻撃力 : 歩兵のような装甲を持っていない目標、又は非常に薄い装甲の目標に対する攻撃力を示しています。戦闘において、軽装甲の目標に対してできる攻撃の数を示しています。
  • 対戦車攻撃力 : 戦車のような厚い装甲の目標に対する攻撃力を示しています。戦闘において、重装甲の目標に対してできる攻撃の数を示しています。
  • 対空 : 空軍への攻撃能力、航空機に対する迎撃能力を示しています。
  • 防御 : 従来作では「defensiveness」として知られていました。守備時のユニットの防御値、攻撃をどれだけ防げるかを示しています。ユニットに防御値が残っていないと、戦闘時に命中を受ける可能性が高く(10%→40%)、守備を維持することが出来ません。
  • 突破 : 従来作では「toughness」として知られていました。攻撃時のユニットの防御値、攻撃をどれだけ防げるかを示しています。防御値が残っていないと、戦闘時に命中を受ける可能性が高く(10%→40%)、攻撃を継続することが出来ません。
  • 装甲 : ユニットの装甲値を示しています。装甲が敵の貫徹能力より高いと、戦闘におけるダメージを50%減少させます。高装甲は戦闘におけるユニットの攻撃力を50%増加させ、釘づけにされたり被害を受けたりせずに、戦場をより自由に動くことが出来ます。
  • 貫徹能力 : ユニットの装甲貫通力を示しています。貫徹能力が敵の装甲より高いと、敵は装甲によるボーナスを受けられません。
  • 先制攻撃力 : 高い先制攻撃力は、戦闘後の補強や戦闘計画能力を加速します。
  • 塹壕 : 防御施設を作ったり、攻撃前に防御施設に逃げ込む能力を示しています。
  • 戦闘正面幅 : 戦闘部隊のサイズを示しています。戦闘に参加するには、戦場の戦闘正面幅に収まる必要があります。ユニットタイプが異なると戦闘正面幅の増加量が異なります。たとえば、歩兵や機甲大隊、対空砲大隊は2ですが、砲兵大隊は3、対戦車大隊は1です。支援中隊は師団の戦闘正面幅を増やしません。

その他統計

  • 損耗 : 毎日の装備の損失率を示します。
  • 偵察力 : 高い偵察力は、よりよい戦術を選択するチャンスを増やします。
  • 重量 : 師団の重量です。師団を輸送するのに必要な輸送艦・輸送機の数に影響します。
  • 装甲化率 : 師団がどれだけ装甲化されて守られているかを示しています。装甲化率の高い師団は対人攻撃力より対戦車攻撃力の影響を受けやすく、低い師団は対戦車攻撃力より対人攻撃力の影響を受けます。

戦術

戦術は戦闘の最初に選択され、24時間ごとに変更されます。「偵察力」の値は、敵の戦術に対して、有効な戦術を選択することに影響します。

戦闘解決

戦闘は一時間ごとに解決され、攻撃側・防御側の双方が他方に攻撃します。以降、「攻撃側」とは進撃し戦闘を開始した側のことで、「防御側」とは攻撃を受けている側のことです。具体的な攻撃・防御ユニットは戦闘フェイズに依存し、どちらのユニットにも言及することが出来ます。

戦闘正面幅

戦闘正面幅はHoI3のように働きますが、より詳細です。それぞれの師団は、戦闘参加の為に全線にどれだけ並ぶことが出来るかを示した戦闘正面幅を持っています。投入できる戦闘正面幅は、多方面から攻撃を加えると増加します。数の優位性を保つのであれば、側面攻撃が必要です。戦闘正面幅は、一部の戦術によって影響を受けます。基本となる戦闘正面幅は80であり、追加の攻撃方向ごとに40増加します。師団の戦闘正面幅は、師団がどのようにデザインされているかに依存します。

控え

戦闘開始時に前線に収まらなかった師団は控えに終わり、毎時間、戦場に余裕があれば参戦のチャンスが与えられます。

参戦のチャンスは、ドクトリンや通信中隊の存在が大きく影響します。またこのチャンスは、一ヶ所に大量のユニットが存在する時、前線が崩壊し退却を強制された時に重要です。

攻撃

対人攻撃力と対戦車攻撃力は防御ユニットに対する攻撃値を示します。装甲化は攻撃を受けるユニットが、どちらの値を適用するのかを示します。たとえば、100%の装甲化を持つユニットはユニットは、全てのダメージを敵の対戦車攻撃力に従って受けます。装甲化が25%なら、対戦車攻撃力から25%、対人攻撃力から75%のダメージを受けます。

もし、攻撃ユニットの貫徹能力が防御ユニットの装甲を下回っていると、攻撃力は半減します。

ダメージ計算の前に、攻撃力は防御側の防御値と比較されます。この後のダメージ適用を見てください。

防御

攻撃側は「突破」の値が防御値となります。この値が防御側ユニットの対人攻撃力・対戦車攻撃力と比較されて、ダメージが決定されます。
防御側は「防御」の値が防御値となります。この値が攻撃側ユニットの対人攻撃力・対戦車攻撃力と比較されて、ダメージが決定されます。

ダメージ適用

それぞれの攻撃ごとに、命中と外れの可能性があり、命中は敵ユニットの耐久力と組織率へのダメージとなります。
それぞれの攻撃の後、防御ユニットは(もしいくらか残っているならば)防御値を1点失ってから、攻撃の判定があります。
ユニットに防御値が残っている場合、命中を避ける可能性は90%。防御値を使い果たしている場合、命中を避ける可能性は60%に落ちます。

与えうるダメージ量はランダムで、ダイスが使われます。耐久力のダメージを決めるダイスのサイズは2、組織率のダメージを決めるダイスは4です。
耐久力と組織率に加えられる最終的なダメージは、ユニットに適用される前に、ランダムな整数を乗算して計算されます。

機甲部隊が装甲が薄く貫徹能力も低い部隊に攻撃する場合、より多くのダメージを与える能力を表すために、組織率のダイスは6まで増加します。

ユニットの耐久力のダメージは、攻撃値や防御値を減少させます。

戦闘要因

次のような要因が、ユニットの攻撃値や防御値を修正します(下記が全てではありません)

  • 地形:基本の攻撃側ペナルティとして、森は-20%、丘は-30%、山は-60%。更に森は防御側に20%のボーナス。師団の構成によって更に修正を受けます
  • 渡河:川の広さにより、-30%、あるいは、-60%のペナルティを、攻撃側の攻撃値と突破に与えます
  • 夜間:-50%のペナルティを攻防両方に与えます
  • 要塞:要塞レベルごとに-15%のペナルティを、攻撃側の攻撃値と突破に与えます*1
  • 包囲:防御側に-30%のペナルティ
  • 制空権喪失:防御側の防御か攻撃側の突破にペナルティ
  • 補給切れ:補給がない時に-33%までペナルティが増加します。
  • 正面戦闘幅の超過:戦闘中の師団は、正面戦闘幅の超過によって僅かながらペナルティを受けます。
  • スタック:多すぎる師団(8を越える場合?)がスタックしているとペナルティ
  • 多方面戦闘:既に攻撃している師団が、他方から攻撃を受けると、-50%。
  • 空挺のペナルティ
  • 指揮官のスキル:スキルポイントごとに、攻撃値と防御値に+5%
  • 計画ボーナス:基本的に最大50%、ドクトリンによって+80%まで拡大
  • 塹壕:1ポイントにつき+2%。最大 基本:5+工兵IV:11+ドクトリン:10で+52%
  • 航空支援:攻撃と防御にボーナス。(更に航空機により直接攻撃を与える)
  • 国家ボーナス
  • 師団の経験値:新兵で-50%、訓練済で±0%、その後はレベルに従い+25%ずつ上昇(最大+100%)
    • 師団は損害の補充が行われると錬度が低下します。激戦で新兵まで錬度が下がってしまった師団は、戦線より引き抜き、後方で演習させて錬度を回復させるといいでしょう。相応の期間演習を行えば、錬度は「一般」(+25%)まで向上します。
  • 戦術
  • 暗号解読の優位性:技術のレベル差につき、+2.5%。もし複数の国が戦闘に参加しているなら、最も高い暗号解読技術と最も低い暗号化技術を比較する。

全てのボーナス要因は掛け算で累積する為、非常に大きな修正値になることがありえます。

例えば、経験値 +75%、塹壕 +40%、地形+20%、国 +40%、指揮官のスキル +35%のユニットがあるとしたら、+456%のボーナス(1.75 x1.4 x1.2 x1.4 x1.35 = 5.56)となります。

ペナルティ要因の累積処理はよく分かっていません。たとえばマジノ線は-150%の要塞ペナルティを攻撃側に与えますが、それでも攻撃側は僅かながらもダメージを与えています。

装備ダメージ

戦闘の終わりに、ユニットが受けた耐久力ダメージ量が確認され、ユニットの装備が比例的に減少します。Modifier EQUIPMENT_COMBAT_LOSS_FACTOR によって定義されています。デフォルトは70%です。

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 戦闘正面幅の記述について、文脈的な齟齬、また誤記を含むと思われる為修正しました。 -- 2016-07-28 (木) 19:37:18
  • 耐久の項目が古くなっていたので一部のみ変更しておきました -- 2017-09-14 (木) 12:12:58
  • 敵の強襲上陸は制空、制海をとっても防げないのでしょうか?制空権をとっているのに上陸されることがよくあるのですが。。。 -- 2017-12-01 (金) 17:04:22
  • 制海権を一瞬でも取れば実行できます。制空権は制海権にボーナスを与えますが、強襲上陸の可否には関係ありません。 -- 2017-12-01 (金) 17:27:03
  • 強襲上陸についてはこちらもAIも同条件ということなんですね。有難うございます。 -- 2017-12-01 (金) 19:40:46
  • 師団の基本能力の回復は組織率の回復ですよね?耐久力は戦闘後、どのように回復するのでしょうか? -- 2017-12-02 (土) 22:21:55
  • 耐久力という用語が正しくない気がするのですが、装備の充足率を表しており、人的以外は生産して補給する必要があります。 -- 2017-12-03 (日) 00:17:05
  • 対峙してるのにもかかわらず敵の師団数が?マークになっておりみれません。なぜです?か -- 2018-04-09 (月) 01:23:45
  • 暗号解読が足りてない。 敵の暗号化>同盟国含めた暗号解読 だとそうなる。同等レベルまで上げれば師団数くらいは見える。 -- 2018-04-09 (月) 15:21:43
  • 「耐久力」や「組織率」みたいな用語についてなのですが、和訳したものの後ろに括弧書きで英語の原語も併記したほうがいいと思うのですがどうでしょうか? -- 2018-10-24 (水) 04:15:12
  • あったらたしかに便利だとは思うけどわざわざ英語版でやってる人には不要の措置かなーと。ただあなたがやるのであれば全く止めはしませんし、ありがたいです。 -- 2018-10-24 (水) 14:49:34
お名前:

*1 多方面からの攻撃により減少します

Top / データ集 / 陸戦