Top / データ集 / Warfare

データ集/Warfare

データ集

戦争

降伏&敗北

降伏は戦争過程において国民団結度(national unity)以上の割合の勝利ポイント(victory points)が敵に占領されたときに生じる過程です。

降伏時、本土内のすべての兵士が、失われるかあるいは植民地もしくは同盟国へと敗走します。そのうえ、同盟軍が占領しているプロヴィンスを除くすべての核プロヴィンス(とそれに接しているプロヴィンス)は失われ、その地域の勝利ポイントを最も獲得した敵国の支配下に置かれることとなります。しかしながら、降伏は即ち国家の敗北を意味しているわけではありません。もしその国が陣営に属しているならば、その戦争は主要な陣営メンバーが敗北するまで続けられることになるでしょう。

戦争参加率

戦争参加率(War Participation)は戦争に貢献している国家の戦果を計る指標です。戦争参加率は次のような要素によって国家ごとに蓄積されます。

  • 敵プロヴィンスへの爆撃
  • 敵プロヴィンスの占領
  • 敵国との戦闘により失われた人的資源
    各行為のスコアは、帰属する国家に蓄積され、同盟国を含めた全体のスコアと比較して、その国家における戦争参加率の割合を決定します。このスコアは講和会議にて用いられます。

講和会議

1.jpg

戦争が終了し、すべての敵国が敗北したとき、講和会議が発生します。講和会議の間、勝者は敗北した国家に様々な要求を行うことができます。その要求とは:

  • 国家の解放
  • 勝者のイデオロギーを導入して解放
  • 領土の返却
  • 中核領の返却
  • 国土の割譲
  • イデオロギーの変更
    これらの要求は、戦勝後に割り当てられたポイントを消費して発動されます。

義勇軍と遠征軍

義勇軍と遠征軍は、戦争へ参加することなく戦場へ兵士を送る、もしくは同盟国を支援するための方法です。

義勇軍

2.jpg

義勇軍の派遣は自身が戦争に参加することなく、他国の戦闘に参加するための師団を送る方法です。これは主要な戦争が発生する前の数年間において、経験値を獲得し、戦争関係国との親密な外交関係を伴わずに戦争の結果を操作するための有効な方法といえるでしょう。義勇軍は、プレイヤーにとっては師団テンプレートのコンディションを量る実地テストとして用いることも可能です。派遣先の義勇軍の指揮、補給、そして再編成は送り主の国家に依存します。また、義勇軍の派遣は国際緊張度(World Tension)を高めます。

国家は非戦争状態でのみ義勇軍を国外へ送ることができます。義勇軍の派遣能力はイデオロギーと国際緊張度によって制限され、ファシストは望む時ならいつでも送ることができる一方で、対極に民主主義(Democracies)はかなり制限されています。しかしながら、フランスはそれを早くから行う能力があります。

義勇軍を派遣するために、その師団はまず軍(army)を形成する必要があります。その軍に割り当てられた指揮官は経験値を稼ぐことができます。軍は外交行動(diplomatic action)の"Send Volunteers"を通して派遣され、プレイヤー画面に新しい戦域(army theatre)が形成されると、そこに派遣された軍集団が自動的に割り当てられます。義勇軍の往復の輸送には2週間を要します。義勇軍は、本国で戦争が発生したか、もしくは派遣先の戦争が終結した際に帰還します。義勇軍が帰還するとき、彼らは装備の95%を携行します。残りの装備は輸送中に失われるか、派遣先に取り残されることになります。義勇兵師団は現地で解散することもでき、そうすると人員や装備が派遣元の国家に帰還しますが、解散した師団の代替を作成するには新しい師団を組織し、訓練する必要が生じるでしょう。

配置できる師団の数は活動中の20師団毎につき1師団です(この数値は切り捨てで、19師団以下の場合義勇軍は派遣できません)。すなわち、176師団が活動中であれば8師団送ることができ、181師団ならば9師団が義勇軍として配置できることになります。また、師団を構成する部隊が1大隊のみの場合でも、25大隊(テンプレート上限)からなる師団と同様に1師団として数えられます。つまり、1歩兵大隊からなる最小規模の20師団でも1つの義勇兵師団を派遣することが可能です。また、義勇軍をわずかでも送るためには、派遣元の国家は最低でも30師団保持しなくてはなりません。これに送り先の国家における20プロヴィンスにつき1師団が追加されていきます。
なお、受入国が開戦時に領有している中核州の数が派遣できる義勇兵師団数の上限となります。

遠征軍

遠征軍の派遣は、手一杯の兵士を同盟国の戦争に送り出す方法です。この方法は、プレイヤーがその軍の指揮を執りたくないとき、またAIがプレイヤーの戦域に加わりたいと思い、そのプレイヤーの方がより良い仕事をこなすだろうと考えた時によく使われます。この軍はいつでも引き渡され、帰還することができます。AIは、しばしば輸送船が利用可能になるとよこしてくることもあったりします。

遠征軍に関するいくつかの問題は、開発チームの用意したガイダンスに従ったテストによってはっきりと明らかにされました。そのテストでは、遠征軍による占領の戦争スコアはこれを指揮している国家に加わるのに対し、その一方で犠牲者は本国(遠征軍を派遣している国家)に加算されることが確認されました。また、遠征軍が壊滅的損耗を受けるようなテストとそれにより軍が装備を使い果たした状況での観察により、人的資源と装備の再編成は本土の備蓄を吸い出して行われていることが示されました。しかしながら、この遠征軍によって人的資源が失われたと報告するプレイヤーも多くいました。これらの現象から、本国の備蓄が尽きた時にその軍は補給をやめてしまうのか、それとも受け入れ国の備蓄を吸い始めるのかどうかという、その報告された異常を説明しうるであろうテストに取りかかる必要性を感じました(そして発見しがいのあるものでもありました)。

遠征軍の師団は経験値を得ることができるものの、受け入れ国によってそのテンプレートに修飾を加えられることはありません。また、プレイヤーが受領した遠征軍の補給のため、派遣国へその軍と同型の装備をレンドリースにて送ることが望まれます。本国の装備のうちのいくつかは操作主の備蓄に現れることがありますが、それは操作主による古装備の回収・使用や人的資源の損失に関連して行っているのだろうと考えられます。

他の調査やテストに関するいくつかの公開トピックは、遠征軍による戦闘や演習によって生まれた軍の経験値がどのように配分されるのか、また、本国におけるテンプレートの変更による人的資源や装備の効果を確かめたものとなっています。

戦争目標

3.jpeg

戦争目標は戦争を起こすために必要な要素です。戦争目標は大抵、望む領土の征服です。

戦争目標の正当化(Justifying a war goal)には政治力(political power)を消費し、この行為は国際緊張度を増加させ、さらに完了するのに大抵6-9か月間かかります。国家が戦争目標を持っている場合、対象国家への戦争を起こすことができます。国家による連続した戦争目標は講和会議にて自国を有利にします。いくつかの国家方針(National Focus)は、歴史的な戦勝目標を与えてくれます。しかしながら、スウェーデンの歴史的な国境線の復興といった、史実に無関係な戦争目標ももちろん設定可能です。

コンディション

上記の国家方針では、戦争目標の正当化にはそれを起こす前に達成すべき一つまたは複数のコンディションがあります。そのコンディションはイデオロギー(共産主義、民主主義、ファシズム、または非同盟)と同様に陣営(連合、枢軸、共産、その他)や国際緊張度のレベルに依存して異なっています。

4.png共産主義
共産主義者には戦争目標の正当化において実質どのような制限もかかっていません。

5.png民主主義
民主主義は戦争を始められるようにするためには非常に強い制限がかけられています。したがって、プレイヤーはこれらの制約により、国家をファシズムや共産主義にさせたくなるでしょう。
・他の民主主義国家へ戦争を持ちかけることができません。
・国際緊張度が上がっていないうちは他国に対する正当化はできません。

6.pngファシズム
もしファシスト国家がすでに戦争を行っているならば、新しい戦争目標の正当化は通常よりもさらに早く作成することができます。

イデオロギー効果

全てのイデオロギーは戦争目標の正当化や講和会議における条約制定のコストに関する一つかもしくは複数の効果を持っています。

4.png共産主義
・他国を傀儡化する際のコストが70%に削減されます。

5.png民主主義
・他国を傀儡化できません。
・地域を獲得するコストが25%増えます。
・国家を併合するコストが50%増えます。

6.pngファシズム
主要国と戦争中の戦争目標正当化コスト-90%

7.png中道
・他国を傀儡化できません。

政治力コスト

戦争目標の正当化を始めるにはある程度の量の政治力を消費することが必要です。
基礎コストはxx(内部数値は不明)であり、以下の補正が適用されます:

  • 既に正当化中の国の数ごとに+50%
  • 対象国が恐怖公を雇っていた場合+30%
  • 国際緊張度n%のとき-n/2%(最大-50%)
  • 対象州の請求権を持っている場合-50%
    一つの正当化が実行中の時、その戦争目標の正当化を最小の日数で完了させるために一日当たり0.2ポイントの政治力を消費することも必要です。もし政治力が不足した場合、それだけ戦争目標の正当化は引き伸ばされます。

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 講話会議で政体変更できるかということでは -- 2017-08-09 (水) 22:08:27
  • 別に民主主義やファシズムでもできるからそれ違う -- 2017-08-09 (水) 23:49:47
  • 試しにドイツでプレイしてみたけど政体の押し付けできんかったぞ -- 2017-08-10 (木) 00:16:52
  • 勝者のイデオロギーを導入して開放はできた気がします -- 2017-08-10 (木) 08:26:02
  • 義勇軍のカウント方法が間違ってたので修正しました。まあ、必要ないのかもしれませんが… -- 2017-09-04 (月) 13:51:51
  • ソ連から中華民国へ義勇軍を送りましたが1,000師団超えてても18師団までしか送れませんでした。同時期に中共へ送ろうとすると4師団。送り先の国の大きさで上限設定があるのかな。 -- 2017-11-07 (火) 11:54:24
  • たしかプロヴィンス数だったと思います。間違っていたらすみません。 -- 2017-11-07 (火) 16:24:52
  • アメリカでファシスト化したんだが他国に戦争目標正当化しようとしても「民主主義国家は国際緊張を高めていない国に正当化できません」って出るんだがなぜ? -- 2018-01-04 (木) 20:57:06
  • 選挙なり内戦等によって「アメリカ自由帝国」になっていますか? -- 2018-02-04 (日) 22:13:34
  • まさかと思うが連合国に入ってるとかでは無いよな? -- 2018-02-06 (火) 05:35:52
  • 例えファシスト国家に成っていても、連合国に入ってるいる場合は盟主のイデオロギーに左右されるぞ -- 2018-02-06 (火) 17:30:41
  • 義勇軍の撤収ってできますか? -- 2018-02-15 (木) 01:53:20
  • 逆に言えば枢軸国なら中道でも傀儡作れたぞ(フィンランド中道プレイ)v1.4.2だけど -- 2018-03-20 (火) 12:29:16
  • 同じく1.4.2ですがコミンテルン加入中の非同盟イランでも傀儡化は可能でした。全体/共産主義陣営加盟国なら当該国の与党に関わらず傀儡化は可能では? -- 2018-03-20 (火) 16:50:58
  • 主要国が降伏したらイケイケだった自国も自動的に降伏したんだがええんかこれ… -- 2018-05-04 (金) 17:38:20
  • 1939年4月にイギリスとフランス降伏させたんですが、インドとカナダが30前後の工業力で主要国扱いされるのか戦争が終わりません。仕様でしょうか?41年ごろに終わらせた時はすぐに講和が開かれたのですが・・・ -- 2018-08-14 (火) 00:08:58
  • ↑ver1.4.2です -- 2018-08-14 (火) 00:09:55
  • 日本プレイでオランダを単独で倒してベルギーに攻め入った所で連合国側立ち上がりました。インドの工場は55でした -- 2018-08-14 (火) 08:15:28
  • 講和会議が自動でとばされて白紙和平になるのなんなんですかね -- 2018-11-10 (土) 19:09:24
  • 講話会議一回終えてもやり直しになるんですが何でですかね?どなたか教えてください -- 2019-02-16 (土) 21:24:55
お名前:

Top / データ集 / Warfare