Top / 各国戦略 / イギリス

各国戦略/イギリス

各国戦略

イギリス

世界に冠たる大英帝国。もちろん国力はなかなかのものだが、とにかく人的資源がネックである。本土の狭さも災いし、大拡張しなければ生産力もいまひとつか。
基本的に史実通りの民主主義・対枢軸を前提に解説する。

政治

民主主義。人口が少なくゲーム開始直後にいきなり人的資源不足のアラートが点っている。
更に国民精神により、動員に-25%の制限がかかっている(国際緊張度が増せばNF、本土防衛ツリーで削除可能)。

NF「帝国の強化」は、各地の植民地・英連邦を強化しつつ、自国の研究速度も5%強化される。またアジア方面およびイタリア・ソ連との交戦も可能になる。

左の「限定的再軍備」ルートは追加の研究枠への道で、いくつかの工場や研究加速も得られる。初手に行えば70日で民需工場が+4される。

右の「本土防衛」ルートは、国際緊張度が高くなれば徴兵の-25%修正を撤廃できるほか、欧州各国への介入が可能だ。

まずは民需工場+4と研究速度-5%を手早く取るのがいいだろう。

政治力の使い道については、初手で政治顧問のフィリップ・カー(政治力増加+15%)を雇うと自由度が増す。その後は可能な限り早く、マイナス補正だらけの経済法「民間経済」を脱するのが無難だろう。
他は産業研究か、陸軍の理論家、ハロルド・アレグザンダー(陸ドク研究に補正あり、ただし250政治力が必要)か・・・。空母を運用していくなら、いずれ航空機研究にもボーナスを得たい。
人材は総じて「優秀」と言って差し支えないだろう。

スペイン内戦が終わるか盧溝橋事件が起こったらすぐに民間経済から部分動員に移行し、NFの限定的再軍備ルートを進めよう。分岐はまずは、追加の研究枠と軍事工場が得られるシャドウ計画ルートが無難だろう。

内政

ドイツ打倒に当たっては民需工場が十分ではない。14では建設もままならない(仮想敵国であるドイツは初期段階でも31。なお、お互い様ではあるが、英国の民需工場は貿易で実質40弱程度までは見込める。しかし消費財需要が高いので・・・)。資源輸入のためにも必要なので、国土の狭さと初期の工場の少なさから大拡張とはいかないが、まずはある程度増設しよう。
人的資源に劣るイギリスは歩兵部隊を大量に・・・と言うわけにはいかないので、機甲師団を多数編成したい。その為には軍需工場と、石油の確保のため更なる民需工場の拡充が必要だ。

アメリカと戦う道を選ばない限り、造船所は不要だろう。その分の土地は他の用途に使いたい。

日本の動向によってはゴムが入手困難になる可能性も。合成精製所の建設も検討に値する。

研究

優秀な各種NFのサポートにより、アメリカと1・2を争う超一流の研究力を誇る。最終的な出力は6枠になるアメリカに敵わないが、国際緊張による制限が段違いなため、序盤からほぼトップスピードで研究が可能だ。

まず全世界でもイギリスだけの特権として、初期状態で「電子機械工学」(研究時間−2%)の研究が完了している。
このおかげで他国より早いスタートダッシュを切れる他、陸戦の必須技術である「無線」、空戦の強い味方となる「レーダー」の研究が終わっている点もありがたい。

国際緊張の制限なし、かつNF3つめで取得できる「植民地のエリートを奨励」は、全技術の研究所要時間が−5%される非常に強力なもの。
初期の貿易法は輸出重視なので、合わせて自由貿易と同等の研究時間−10%となり、イギリスの高い研究力を支えている。
「追加の研究枠」があるルートの条件も国際緊張5%と軽いので、「植民地のエリートを奨励」を取得する頃には解禁されているだろう。

NFから得られる研究ボーナスも多めに設定されている。
計9つにも及ぶ電子工学技術ボーナス、NF一つで6つもボーナスがもらえる核・ロケット技術では、世界の最先端を突き進める。
空・海軍技術についても主力兵器の研究ボーナスは2つもらえるので、常に1世代先のものを使用可能だ。
陸・空のドクトリンボーナスこそ無いものの、他の研究スピードが速すぎるため、よほどの事が無い限り空いた枠で研究できる。後れを取る事はまず無いだろう。

軍事

初期から空母4、戦艦/巡洋戦艦15、駆逐艦128など総計200を越える大規模な海軍を持つ。ドイツ・イタリアを相手にするには十分に過ぎるため、特に強化の必要はないのだが、海軍工廠も暇だろうから空母を2隻くらい追加しておくと良いだろう。

空軍力もトップクラスだが、肝心かなめの戦闘機が旧式。1936年式戦闘機の「ホーカー ハリケーン」さえ自力研究してしまえば、後はNFから得られるボーナスで1世代先のものを使えるので、早めに研究してしまいたい。空母艦載機も忘れずに。
空軍関係のNFを踏んでいけば経験値もそこそこの量が溜まるので、戦闘機の機動性を2段階ほど改造するのがオススメ。
初期からレーダー技術が研究されており、英本土にもいくつかのレーダーが設置済み。これらを発展させ、英本土とドーバー海峡にレーダー網を張り巡らせよう。
最新鋭の戦闘機にレーダーも合わせ、史実バトル・オブ・ブリテンよろしく数で勝る枢軸軍に質で対抗するのだ。

陸軍については、ドイツと(望むなら将来はソ連とも)殴り合うためには人的資源があまりにも心許ない。ただし、初期で見える徴兵可能人口を見て絶望することはない。属国の人的資源も使えるし、徴兵法の変更、NF(本土防衛ツリーの「軍事訓練法」)による徴兵へのマイナス補正解除があるからだ。

開戦までに50〜60個師団を展開できるはずだ。運用はイタリアを喰った場合、正規軍が150師団程度が一応の目安(人的資源もそうだが、生産のための物資を輸入する民需工場の維持も辛い)。本土はすぐスペースが一杯になるので、イタリアにも工場等を立ててしまおう。

人的損耗をできるだけ避けるため、機甲師団を多めとした軍とし、連合国諸国と共同して当たっていくのが無難だろう。
なお、初期のテンプレートにある機甲師団は軽戦車*3のみの編成であるため、変更は必須だ。
また、開戦までに「野戦病院」は是非研究しておきたい。

いずれにせよ500個師団ほどもっていかねないドイツと陸戦をまともに行っていればすぐ人的資源が尽きて、より強力な徴兵制度を施行せざるを得なくなるだろう。ソ連の活躍に期待するか、アメリカを待つのが上策ではある。

初期状態で各地に散らばる軍は、放って置くと孤立して粉砕されるだけだ。本土軍とエジプト(スエズ・アレクサンドリア)軍に二分する感じがよいだろう。ジブラルタルも最低限の防御をしておきたい。だが史実と異なりスペインやトルコが枢軸入りすることは、決して稀ではない。そのつもりで常に対応策は考えておこう。また、属国については、他はともかくインドは何としても守りたい。

戦争

前述の通り、開戦前後で義勇軍含め50 - 60師団は用意できる。後続を合わせれば一方面とスエズ周りを何とか支えられる戦力だろう。

開戦後はフランスを防衛する(Version次第で難易度が全く異なる)、北海方面からの上陸で撹乱する(フランスが生き残っていないと自殺行為かもしれない)、地中海からまずイタリアを喰う(イタリアを降伏させるまでは割と簡単で、国力も拡充できるためベターかもしれない。スイスを中立の壁とする。)、などの選択肢があろう。もちろん史実通り、防空しながらアメリカ様の参戦を待ってもいい。ただ、独ソ戦次第の意味も有る。ソ連が降伏すると日本軍まで自由に動けるようになってしまい、アメリカの力を借りても苦戦は免れない。ドイツ陸軍を誘引し、ソ連を助けてあげる、と言うのは良いアイディアだろう。

なお陸軍指揮官はなかなか優秀な面々が揃っている。スキル4-5が多数おり、スキル4の元帥までいる。イギリスが組織できる程度の陸軍規模であれば、人材に困る事は無いだろう。

もしソ連が降伏してしまうと、相当にきついことになる。徴兵法を変更して無理にでも師団数を増やし、もし枢軸入りしていればスペイン、でなければフランスのボルドー辺りを目標として上陸戦をしかけ、橋頭堡を確保できれば、アメリカの援軍が得られやすいはずだ。特にスペインが枢軸に加盟している場合はジブラルタルの通行が不可能となるので、アメリカが欧州方面になかなか展開してくれない。自ら状況を打破する必要があるだろう。

初手米仏(ver 1.6.2+MtG)

ゲームバランスを著しく破壊します。アップデートで使用できなくなる可能性があります

概要

民主主義国家であるイギリスで初期拡張を行うプレイです。
DLCであるMtGで追加された「海軍軍縮条約」を使用していきます。
海軍軍縮条約はあくまでイギリスの所持している主力艦の数をもとに各国の保有数を決める条約です。
そのためイギリス自身が主力艦(戦艦、空母、重巡)をすべて削除することで各国にペナルティを与えることができます。
一時的に主力艦が0になりますがそれを超えるリターンがある動きです。

(1) 準備

世界中から遠征軍の派遣を要請し、5師団を除いてカナダの港に配備します。
そして世界中の船舶をロンドンに一旦集め主力艦と補助艦の2つの艦隊を準備します。
その後ロンドンから5師団フランスのVP5箇所に向けて上陸作戦を立案します。
VPに上陸さえできれば港がないところでも構わないので二線級の師団で構いません。
残りはカナダの港からワシントンの隣の港に上陸作戦を立案します。

(2) 海軍軍縮条約

しばらくすると海軍軍縮条約が締結され、その後ランダムでイタリアが脱退します。
イタリアが脱退したと同時に主力艦をすべて削除し補助艦をフランス上陸用とアメリカ上陸用に2つ分けて現地に派遣します。
予め艦隊を削除し、イタリアに警告を行うとそこそこの確率で回答としてイタリアが条約から離脱してくれるようです。
その際艦隊の誇りは削除しようとすると政治力がかかるので例外的に放置で構いません。
しばらくするとディシジョンにイギリスより主力艦保有している国が大量に表示されるため、その中からオーストラリアに警告を選択しましょう。
イタリアが加盟中の場合は後に枢軸戦を行う必要性があるため、自信がないのであれば脱退を確認してから行いましょう。

(3) 開戦

しばらくするとオーストラリアが軍縮を行おうとしますが、AIにはできないのか失敗します。
軍縮を守れない国には傀儡化の戦争目標ができるため、フランスとアメリカ両国がイギリスに対して宣戦布告をします。
なぜか日本は攻めて来ないようです。
開戦と同時にフランス本土に上陸しますが、侵略戦争中のフランスの戦争協力度はほぼ0なので即日降伏します。
その際に傀儡化すると海軍が残るので1プロビ傀儡国家にしましょう(燃料がないので動かないかも…)
イタリアが条約加盟中だと枢軸に加盟してドイツと組んで殴ってきます。

(4) アメリカ戦

こちらも侵略戦争中のためアメリカの戦争協力度はとても低いです、AIに積極的攻撃にして放置しても勝てるレベルです。
カナダを参戦させないことで戦勝点を稼ぎつつただでさえ少ないアメリカ軍をカナダ国境に貼り付けておけます。
ちなみに防衛戦争中なので戦争協力度にボーナスがあるため経済法や徴兵法をいじることができます。
こちらも同じく傀儡化すると海軍が残るので1プロビ傀儡国家にしましょう。

(5) その後

うまく行けば9月には両国は降伏するので何もなかったのかのようにいつもの用にプレイを進めてください。
序盤からフランスとアメリカのICを利用しつつ、戦争経済のままイギリスをプレイすることができます。

亜種:初手枢軸(ver 1.6.2+MtG)

ゲームバランスを著しく破壊する上に民主ルートの場合ゲームを続ける意義がなくなります。アップデートで使用できなくなる可能性があります
初手米仏と同じ流れで進めますが、即主力艦を削除しオーストラリアではなくドイツに警告を出します。
時間が経つと世界中がドイツに宣戦布告するので、それに乗っかりましょう。
その後フランスと協力してドイツを併合します(傀儡化すると世界中が襲ってきます)
その後はイタリアに正当化したり中華民国を独立保障して日中戦争に介入したりとやりたい放題できます。

同時に複数の警告を出せば複数の国に宣戦布告が可能で、それを利用することで独英同盟を組むことも可能です。
そのようなことをした場合は、36年から混沌とした世界大戦が勃発する可能性が高いので注意しましょう。

ファシストイギリス

イギリスのファシズムルート。

NFの方向転換、黒シャツ隊を組織を選択することで「黒シャツ隊の行進場所を選択」(ファシズム化)のディシジョンが開放される。
これは内戦時の自分の領土を選択するもので行進させた場所は内戦開始時に自分(帝政イギリス)の領土となる。

内戦までは政治力は溜めておくこと。

NF

方向転換→黒シャツ隊を組織→限定的再軍備→シャドウ計画

黒シャツ隊を組織 黒シャツ隊を行進させるディシジョンが開放されるので、それを行うこと。すると内戦が発生する。
内戦は終わり限定的再軍備を終わらせた後はNFは何を取るかは自由。

本格的再軍備は消費財工場が-5%されるので早いうちに終わらせておきたい。

人的資源が非常に足りていないのは国民精神「すべての戦争を終わらせるための戦争」のせいである。そのため、NF「英国流ファシズムへの道」を早めに終わらせておきたい。

政治

内戦が始まるまで政治力をためておくこと。
NF 黒シャツ隊を組織が終わると黒シャツ隊を行進させるディシジョンが起こるので溜めた政治力を使って行進させ内戦を起こす。
内戦発生後は経済法、徴兵法を変更することをおすすめする。

研究

最初は電子工学と産業を優先。無線技術はすでに終わっているので余った研究枠は1936年型戦闘機か陸軍ドクトリンを選択するのが無難だろう。

建設

軍需工場を黒シャツ隊が行進する場所優先で建設すべきだろうか。ファシスト化すると自治領を戦争で併合することが可能なので民需はもらう(奪う)ことが可能である。

生産

歩兵装備が足りていないので序盤は歩兵装備優先。終わり次第支援装備や戦闘機にすべき。

配備

散らばっているイギリス兵を集めロンドンに集結させておくと良い。
海軍は内戦時に敵に半分ぐらい取られるので、頑張って編成したところで意味はない。

内戦

内戦が発生したらひたすら本土にいる敵を包囲すること。スカスカなのでAIにまかせておいても負けることはない。

内戦終戦後

ファシズム化して初手フランスまたはカナダを併合して初手アメリカが強力。
初手でフランス、アメリカを同時に倒すことも可能らしい。

大きな問題なのが高い確率でドイツがイギリスに宣戦布告をしてくる。これが始まる前に初手拡張を終わらせるべき。
また、アメリカから海軍軍縮条約を結べといわれる。結ばないと戦争になる模様。
結んでおくのが安全だろう。

対策としてイタリアと同盟を組めるNFがあり、これを取ることでイタリアがイギリスを同盟を組む(英伊同盟)。これを行えばイタリアがある程度力になってくれるだろう。

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 重巡が初期型しか生産できないのは仕様でしょうか? -- 2019-04-13 (土) 17:28:02
    • 海軍軍縮条約でのコスト問題では? -- 2019-04-13 (土) 19:59:31
      • 条約破棄しても、II型以降は生産リスト画面にもでてきませんね -- 2019-04-14 (日) 14:53:17
      • 船体だけ作って終わってたりしない? -- 2019-04-15 (月) 15:20:50
      • l型の改造画面でなんやかんや(説明が難しい)してたら36年型ができました -- 2019-04-15 (月) 19:53:00
  • 初手米仏を試してみたんだけど、一向にイタリアが離脱しない。なんか条件あるのかな?ちなみに史実AIで難易度は一般 -- 2019-04-14 (日) 13:57:20
    • 完全に運なのかな? -- 2019-04-14 (日) 14:30:28
    • 最悪イタリアとドイツ国境に知らん国にあげればいいかも -- 2019-04-14 (日) 14:31:29
    • イタリア脱退は体感だけど国際緊張度20%ぐらいなると脱退するよ。 -- 2019-04-14 (日) 18:36:01
    • 政治力余計にかかるけれど、イタリアに警告出すと一定割合で離脱してくれるみたい -- 2019-04-22 (月) 20:04:48
    • イタリア側の条約脱退のデシジョンの条件が緊張20ですね -- 2019-05-14 (火) 02:06:30
      • 締結前か後なら緊張度無しでも抜けられるはず…警告飛ばして追い出すのが一番 -- 2019-05-14 (火) 02:09:08
  • コロンビアで船の実績取りながら史実offで観戦してたらエドワード8世が爆撃で死ぬイベントが起きてジョージ6世が指導者になった -- 2019-04-15 (月) 20:03:24
    • 私もイギリスで初手フランスをしていた時になりました。とにかく早く落とそうと敵の戦略爆撃を無視してたら何の前触れも無く唐突な指導者の訃報。それ以降100機程度の戦闘機でちゃんと制空権を取るようにしてからは今の所一度も起きてません。 -- 2019-04-16 (火) 10:31:39
  • フランス降伏直前にアメリカに殴ってもらえば総動員にできるのかな? -- 2019-04-18 (木) 12:04:21
  • ファシズムルートについて簡単に追加しました。国語はあんまり得意じゃないので、おかしなところがあったら訂正していただけるとありがたいです。また、プレイした経験も浅いの、間違っていたり、こっちのやり方の方が強いよ〜って情報は是非追加お願いします。 -- 2019-04-20 (土) 18:17:56
  • ファシストプレイと初手米仏プレイを両方行うのはどうでしょうか? -- Haru? 2019-04-21 (日) 12:59:10
  • ファシストプレイと初手米仏プレイを両方行うのはどうでしょうか? -- Haru? 2019-04-21 (日) 12:59:11
    • 勝てればいいもしくは実績取りたい用のプレイ方法だから相性の悪いプレイなんてない -- 2019-04-21 (日) 13:20:32
    • 普通に艦船解体→ロンドン条約利用して米仏戦争→黒シャツルート ではいかんのか? -- 2019-04-21 (日) 13:40:46
      • マジで勝ちを狙うなら米仏じゃなくて初手枢軸ルートの方が良いと思うよ、当面は米仏は弱いし -- 2019-04-21 (日) 14:00:12
      • 初手米仏の時に従属国の遠征軍を使ったのであれば、黒シャツする前に従属国に戻した方がいいよ。 -- 2019-04-21 (日) 14:13:18
      • むしろ海上で待機させて開戦と同時に通商破壊してもいいんじゃない? -- 2019-04-21 (日) 23:01:47
  • 軍縮条約のおかげで史実aiでもぶっ壊れ世界線が見れて楽しい -- 2019-04-21 (日) 13:58:41
    • 史実でもそれなりに壊れるけどな、特にブルガリアを殴るユーゴスラビアなんてしょっちゅう -- 2019-04-21 (日) 16:55:28
      • ああそれ、バルカン半島は地球が50パーセント以上燃えたら戦争するようにセットされてるから、対象はユーゴ、ブルガリア、ルーマニアの3国で殴られ専門でギリシャもいる -- 2019-04-22 (月) 08:35:58
  • 主力艦解体して日本に条約違反だ!って言っても無意味なのね 軍縮してる素振りを一切見せない(むしろ軍拡してる)のに戦争仕掛けられるようにならないなぁ と思ってチートコードを使って覗いたら、軍縮履行のディジションが出ていなかった バグなのか仕様なのか・・・ -- 2019-04-21 (日) 20:14:59
    • どうも軍縮条約主要国には効かないみたい、ドイツは有効だけどイタリアには無効みたいに -- 2019-04-21 (日) 21:32:43
  • ヴァンガードいいよねヴァンガード -- 2019-04-26 (金) 13:46:03
  • 軍縮オーストラリアで初手フランスアメリカ狙ってみたけどアメリカ参戦してこない・・・・ -- 2019-04-27 (土) 00:43:21
    • 博打要素強いよね、でももう少し確実にできるルートを研究する価値はあるかも -- 2019-04-27 (土) 08:41:22
      • あと警告とばしたのオーストラリアなのになぜかフィンランドが宣戦されたりしていろいろ笑った。ガチャかなにかかな? -- 2019-04-27 (土) 11:16:57
  • イタリアに警告を行うと一定確率で離脱するようなので追記 -- 2019-05-01 (水) 07:27:00
  • 凡北アメリカ自治区があるなら南自治区とか追加してくれんかな? -- 2019-05-03 (金) 18:23:21
  • なんか戦場の電やってると近接支援にタイフーンがあるのに違和感感じてしまう。戦闘機の欄に重戦単発機追加してくれないかな? -- 2019-05-05 (日) 19:38:19
  • 軍縮での拡張対策された?イタリアに警告飛ばしても全く抜けなくてオーストラリアに飛ばしたら仏米伊が宣戦布告してくる。なんでイタリアに宣戦布告せんのよ。 -- 2019-05-05 (日) 22:59:26
  • 軍縮での拡張全然安定しないね。イタリア抜けなかったりオーストラリアの軍縮成功したり色々と。 -- 2019-05-12 (日) 18:17:36
  • ドイツに警告出してぶん殴るのが安定? -- 2019-05-12 (日) 20:26:41
    • フランスや -- 2019-05-14 (火) 21:56:24
      • すまん、誤答。フランスやアメリカは宣戦布告するけど戦争協力度ないからマジノ線で睨み合うだけだから介護しないと倒せないけど邪魔な枢軸は潰せるよ。 -- 2019-05-14 (火) 21:58:12
  • 初手米仏なんてイレギュラーな説明事細かに説明する前にベーシックな史実展開とファシスト共産ルートの説明をしっかりするべきなのでは? -- 2019-05-26 (日) 04:39:07
    • 言い出しっぺの法則ってのがありましてですね・・・という冗談はさておき、このページも1.6のものに書き換えちゃった方がいいのも事実やから協力してやりましょ -- 2019-05-26 (日) 06:43:06
    • wikiなんだからよっぽどの関係ないこと以外は書いてもいいでしょ、逆に今までイレギュラープレイすら書かれてなかったわけだし、それすらなかったら多分通常ルートが欲しいとすら書きにくいし -- 2019-05-26 (日) 09:05:58
  • ファシストイギリスやりにくいな。初期モズレーが能力で国際緊張度+100のせいで初期拡張できんわ。NF布告をカナダフランスの独立保障、でもたまにニュージー、オーストラリアが連合国から抜けてるからアジア遠征がなくなるのが美点かな。 -- 2019-05-26 (日) 14:19:21
  • 王党派、ファシストでの神よ〜の最後にある帝国の徴兵の国家精神の人的+10%が持続式なのかNF完了時に効果発揮して終了なのか分からんな。 -- 2019-05-27 (月) 10:35:30
お名前:

Top / 各国戦略 / イギリス