Top / 各国戦略 / ポーランド

各国戦略/ポーランド

データ集/各国国力

ポーランド

中道の中堅国家。史実では連合国。1939年に強国・ドイツに高確率で宣戦され、それを凌いでも強国・ソ連に常に背後を脅かされている。誰が呼んだか通り道国家。AI同士だと対ドイツ戦は1ヵ月かからずに敗北することも稀ではない。以下はVer.1.3.2準拠、原則として史実ルートで進めていく。

史実ルート、すなわち連合入りして1939年半ばに枢軸と開戦、と言うプレイはとても難易度が高い。だがダンツィヒを回避するだけで難易度はかなり低下する。
だがちゃっかり枢軸・コミンテルン用のイベントとNFも用意されているので、それらの道を選ぶ事も、ゲームデザイナーは織り込み済みのようだ。またNFにより、陣営を立ち上げる事も可能。第二次世界大戦発祥の国であり?イベントは多めだ。恐らく一番難易度が低いのは、枢軸入りルートだろう。単純に、ソ連軍よりドイツ軍の方が強いからだ。
まずは連合入り・史実開戦について解説しよう。

内政・政治

特に国家精神はない、中道国家。NFで独自陣営を立ち上げることができる。
西に枢軸盟主・ドイツ、東にコミンテルン盟主・ソビエト連邦と、二大敵性巨大国家に挟まれている絶望的な立地だ。敵性と言うのが特に困ったものである。

工場は民需17、軍需9と中堅。しかし産出資源は石油4に鉄鋼20と悲惨であり、輸入に民需工場を取られるパターンである。ちなみに仮想敵国・ドイツは71工場。それに、そのうちイタリアの39工場もやってくるとなると・・・。なお初期の陸軍師団数だけは、ドイツと張り合える。ソ連とは比較の必要すらないだろう。

初期の研究ラインは3本。妥当な所だ。足りないことはないだろう。開発はトラックが無い点と戦車が遅れている点が気がかりだが、どうせ作る余裕が無いから大丈夫!

政治顧問は、まあ中堅国。悪くは無いが良くも無い。理論家は主力たる陸軍のドクトリンを汎用的に強化してくれる人材がいる。軍需品も海軍だけは物足りないが、一通り揃っており優秀だ。

参謀も悪くない。ちなみに海軍長官には政治顧問にはいない、政治力にボーナスを持った人材がいる(+10%)。歩兵の攻防に大きなボーナスが乗る達人がいるのは心強い。ポーランドらしく(?)、騎兵の達人もいる。

陸軍将軍はスキル4将軍2人、スキル3元帥と将軍が合計4人。十分である。ただし海軍司令官はいない。元々海の無い国家だったので仕方ない。

ポーランドは15の州にて構築されている。そのうち7つの州は、実は占領地である。占領地は東部に偏っており、ルヴフ以外は大した土地ではない。
VPは首都ワルシャワが20、約37%を占めている。ここさえ落とされなければ負けない。ただ、表にあるとおり、クラクフ、次いでキェルツェを陥落されると工業力、資源的に枯渇必至。ワルシャワだけではなく、この2州も守らなければ、反転攻勢に出るのは難しい。

州名民需軍需初期スロットインフラ人口都市名(VP)資源建造物(Lv.)プロヴィンス請求国備考
ダンツィヒ12661.08Mダンツィヒ(10)航空基地(3) 海軍基地(5)7海軍造船所(1) ダンツィヒか戦争か
ポズナニ10662.10Mポズナニ(5)航空基地(3) 陸上要塞(1)*39
ウーチ20462.63Mウーチ(1)8
プウォツク00261.14M10
ワルシャワ26873.09Mワルシャワ(20)航空基地(5) 対空砲(2)9首都 VP率約37%
キェルツェ00462.13M鋼鉄(12)8
クラクフ41864.39Mクラクフ(10)石油(4) 鋼鉄(8)航空基地(4)12人口がワルシャワより多い
ルブリン20452.46M航空基地(1)10
ビャウィストク10251.60Mグロドノ(1)航空基地(3)12ベラルーシ
ヴィルノ10251.22Mヴィリニュス(1)航空基地(5)10ベラルーシラトビア・リトアニア・ソ連と接する
ノヴォグルデク00251.15M航空基地(3)8ベラルーシソ連のミンスクが目前
ポレシェ00231.23Mブレスト=リトフスク(1)16ベラルーシ
ヴォルィーン00451.98M10ウクライナ
ルヴフ30663.23Mルヴフ(5)航空基地(5)10ウクライナ東部最重要都市
スタニスワヴフ00452.18M航空基地(3)8ウクライナ天然の要塞 チェコ・ルーマニアと接する
179648231.61M総VP(54)石油(4) 鋼鉄(20)二カ国造船所を抜いた工業力は26

国家方針

A【工業ツリー】
主に追加の建設スロット、民需工場、軍需工場、インフラ、研究枠を得るためのツリー。他にも、序盤で産業や建設技術の研究ボーナスを得られる。始めは2つのツリーから始まり、1つのツリーに収まる。終盤では、核技術などの研究ボーナスも得られる。

B【陸軍ツリー】
陸軍ドクトリンを始めとした研究ボーナスが得られるツリー。2つのツリーに別れ、1つは歩兵装備や車両の研究ボーナスを得られるもの。もう一つは陸軍ドクトリンの研究ボーナスを2つ獲得した後、クラクフやダンツィヒに要塞を建設するもの。対独戦を想定しているのなら、このツリーは必須。と言うより、ポーランドの主力は陸軍。進めないほうがおかしいだろう。

C【空軍ツリー】
序盤には全くの不要。しかし、例えばソ連を倒したあと、対独戦に備えるのであれば有用。レーダー施設と合わされば、航空優勢を取ることは容易いだろう。また、ポーランはその気になれば宇宙にもいける!ことを証明したいなら、このツリーを最後まで進めることをお勧めする。

D【海軍ツリー】
いらない

E【政治ツリー】
その名の通り、政治に関するツリー。ポーランドをプレイするにあたり、このツリーの進め方が命運を決めることは確実。
一つ目のNFは“ポーランド国家の強化”これは政治力を+120するので、早期に政治顧問や軍事理論家を雇いたいならば初手で採るべきだ。
二つ目のNFは分岐し、“ポーランド軍国主義”と“防衛重視”。前者は徴兵可能人口と多めの陸軍経験値、後者は工場、要塞の建設速度を20%も早めてくれる。ポーランドは開始直後だと、装備が全く足りていないので前者は後回しでいいが、どちらも優秀なNFだ。ここから前者のほうは、独自陣営ミェンズィモジェ連合発足ツリー、後者のほうは国粋、共産、民主のイデオロギーに傾きつつ、各陣営に加入するツリーとなる。これが、ポーランドの命運を握る所以だ。

  • “ポーランド復讐主義”について
    これは“ポーランド軍国主義”の次に進めることが出来る三つ目のNFだが、その効果は《戦争目標作成による国際緊張度の制限-40%》。簡潔に述べると、中道主義のポーランドが僅か10%の国際緊張度で正当化を図ることが出来るということ。初期拡張をしたいのであれば、このNFは必須。
    ただし、ポーランドにおいて初期拡張が出来る国は、チェコスロバヴァキア、ルーマニア、その奥にいるハンガリー、リトアニアとその奥にいるラトビア、エストニア。これこそが問題。
    • チェコスロヴァキア
      民主主義である。当国は始め、ルーマニアに独立保障されているがNFによって破棄される。そこまではいい。その後、こちらが正当化を図るタイミング(国際緊張度+10%)は、早くとも日中戦争が始まる1937.9。そこから正当化を図ると約200日ほど掛かる。チェコスロヴァキアは、政治顧問に恐怖公を良く雇う。これでは遅い。何故なら、1938.7までにチェコスロヴァキアは確実に、連合国の英仏に独立保障をかけられるからだ。あくまで史実モードで進めるのであれば、連合国との開戦は避けられない。
+  スデーテンランドの要求に合わせた進撃
  • ルーマニア
    中道主義国家なので、英仏に独立保障はされない。しかし問題点が2つある。それはポーランド=ルーマニア間の国境が狭いことと、併合したらソ連と大きく国境線を接すること。併合までに時間がかかり、併合したとしても大きくソ連と接してしまうのは、非常に危険だ。もっともコミンテルン加盟ルートならアリだが、その場合、スロヴァキアやブルガリア、ハンガリー、ユーゴスラビアと大きく国境を接することにも注意を払う必要がある。
  • ハンガリー
    チェコスロヴァキアかルーマニアをスムーズに併合できたら侵略するのも容易いだろう。スムーズに併合できたら。そして侵攻できたとしても、フランスによる独立保障付きであることが多い。
  • バルト三国
    優秀な点はバルト海に面しているので、ダンツィヒをドイツにアンシュルスされても痛手にはならないこと。それだけだ。下記にも記されているが、採掘される資源は少なく、工場もまた少ない。ソ連との国境もまた大きく接する。これならまだ他国のほうがマシである。

人物・企業

  • 政治顧問
    各イデオロギーに傾倒しないのであれば、軍需工場の建設速度に+10%の補正を掛けてくれるユゼフ・ハレル氏がオススメだろう。
氏名詳細効果政治力費用
ロマン・ドモフスキ国粋主義扇動家日毎のファシズムへの支援:+0.1150
スタニスワフ・ラトキェヴィチュ共産主義革命家日毎の共産主義への支援:+0.1150
ミェチスワフ・ミハウォヴィチュ民主主義改革家日毎の民主主義への支援:+0.1150
ユゼフ・ハレル戦争産業家軍需工場建設速度:+10% 造船所建設速度:+10%150
エウゲニウシュ・クヴャトコフスキ恐怖公敵対パルチザンの効率:-25% 国外破壊活動効率:-30% 非中核州の人的資源:+2%150
ユゼフ・ベック口達者貿易取引による評価:+10%150
  • 設計企業
    航空機設計社が多い、と言うよりは細分化している。序盤から陸軍に力を入れなければならないポーランドにとって、重要なのは軍需品設計社工業だろう。
企業名分野詳細効果政治力費用
国立工学製作所戦車設計社戦車設計社戦車研究時間:-10% 【機甲部隊】信頼性:+5%150
ストチュニャ・グディニャ社艦船設計社艦船設計社海軍研究時間:-10%150
海軍航空機製造社航空機設計社海軍用航空技術研究時間:-10% 【対艦攻撃機】航続距離:+10% 対艦攻撃:+10% 【艦上攻撃機】航続距離:+10% 対艦攻撃:+10%150
大型航空機製造社航空機設計社大型航空技術研究時間:-10% 【戦略爆撃機】戦略爆撃力:+10%150
PWS社航空機設計社中型航空技術研究時間:-10% 【戦闘機】機動性:+10% 最高速度:+10% 【艦上戦闘機】機動性:+10% 最高速度:+10%150
PZL社航空機設計社小型航空技術研究時間:-10% 【重戦闘機】信頼性:+20% 【戦術爆撃機】信頼性:+20%150
FB社軍需品設計社歩兵兵器および装備研究時間:-10%150
LRL社軍需品設計社自動車車両研究時間:-10%150
SMPA社軍需品設計社野砲火砲研究時間:-10%150
AVA無線工業電気産業電子工学研究時間:-10%150
ポーランド国鉄工業工業産業研究時間:-10%150
  • 理論家
    終盤ならまだしも、序盤から中盤にかけてならトミスワフ・ウパシュコ氏一択。ポーランドは初期の装備不足が酷く、またスペイン内戦に派兵できない。なるべく訓練を抑えて陸軍経験値を得るには、彼の雇用が必要。歩兵師団は戦闘正面幅18、支援中隊は偵察のみ。彼の力で何とか歩兵師団編成を変更することが重要。
氏名詳細効果政治力費用
トミスワフ・ウパシュコ軍事理論家陸軍の経験値獲得:+0.05日毎 陸軍ドクトリン研究時間:-7%150
ヴワディスワフ・カルクス航空戦理論家空軍の経験値獲得:+0.05日毎 空軍ドクトリン研究時間:-7%150
  • 長官
    陸軍長官は、どちらも最低限の能力が発揮できる。対独戦、若しくは対ソ戦までには必ず雇いたい。他に特筆すべきは海軍長官のクサヴェルィ・チェルニツキ氏。彼は実質デメリット0で日毎の政治力を+0.2してくれる。雇用費用の政治力150は、750日後に取り返すことが出来る。しかし、さらに政治力を150貯めるためには、また750日待たなければならないことも留意しなければならない。
氏名分野詳細熟練度効果政治力消費
エドヴァルト・ルィツ=シミグヴィ陸軍長官陸軍攻撃達人師団攻撃:+10%150
カジミェシュ・ソスンコフスキ陸軍長官陸軍防衛達人師団防衛:+10%150
ユゼフ・ウンルク海軍長官海軍機動達人軍艦の速度:+10%150
クサヴェルィ・チェルニツキ海軍長官守旧派なし海軍の経験値獲得:-10% 政治力:+10%150
ユゼフ・ザヨンツ空軍長官空軍改革達人空軍の経験値獲得:+10%150
ルドミウ・ライスキ空軍長官地上支援達人航空優勢:+10%150
  • 司令部
    最重要なのはやはり、ズィグムント・ボフシュ=シシュコ氏だろう。序盤のポーランドにおける攻防戦を支えてくれるお方だ。また、騎兵を解隊していないのであれば、ヴワディスワフ・アンデルス氏も二番目に雇用するのもありうる。
氏名詳細熟練度効果政治力消費
ズィグムント・ボフシュ=シシュコ歩兵部隊達人歩兵師団による攻撃:+10% 歩兵師団による防衛:+10%150
スタニスワフ・マチェク機甲部隊達人機甲による攻撃:+10% 機甲による防衛:+10%150
ヴワディスワフ・アンデルス騎兵部隊達人騎兵攻撃:+10% 騎兵防御:+10% 車両攻撃:+10% 車両防御:+10%150
スタニスワフ・バヴルチ航空優勢達人航空優勢攻撃:+3% 航空優勢防御:+3% 航空優勢機動力:+3%150

対外政策

開戦まで (史実プレイ)

1939年まで、時間はたっぷりある。ざっと3年半だ。だがさすがに民需工場は建てる暇は無いだろう。軍需工場だけ建てるのが良いようだ。
ところが、初期状態ではワルシャワの建設枠は一杯である。そして他の場所は危険すぎる。仕方が無いので適当な所に建てて、開戦まで少しでも軍需品を生産させつつ、産業研究やNFで建設枠が増えたら、すかさずワルシャワに軍需工場を建てよう。

陸軍ドクトリンはデフォルトである防御向けの大規模作戦は余り効果的ではないと思われる。機動防御も必要となってくるため、塹壕ボーナスが得られず強みがないのだ。そして、作戦立案ボーナスも何も、当面反撃の機会は無い(オストプロイセン奪取で若干活躍する場合もあるが・・・)。まずはドイツを撃退してから、話が始まる。となると、火力優勢が有力となってくる。砲兵を用いずとも、割と早い段階で歩兵に大きな防御ボーナスが乗る点、ポーランド向けと言えよう。NFにドクトリン加速が3つもあるので、相当に進められる。

ドイツを受け止めるには、陸軍の強化と要塞の建築が考えられる。要塞の防御力は例え数レベルでも非常に強力なのだが、戦略爆撃などで破壊される点、敵に一旦奪取されると回復攻撃が困難な点がネックだ。詳しくは後述するが、ハイブリッドが良いだろう。

NFは、時間が3年半あるため、工場と研究枠を得られる「四カ年計画」が無難か。右端の「ポーランド国家の強化」→防衛重視、で軍需工場の建築を加速するのも悪くないが、そんなに建てまくれるわけでもないので、1939年の開戦がほぼ不可避な史実プレイではやや疑問か。ただし要塞の建築速度があがる点と、徴兵可能人口が増える「ポーランド軍国主義」を選べる点は、装備が整ってからは有力。あとは左3つのツリーを好みと開発タイミングに合わせて取っていこう。陸軍命!

鉄鋼がもったいないが、輸送船が10隻しかない原状は非常に問題が有るため、これをそれなりに生産。初期からいる騎兵も、歩兵にテンプレート変換してしまってよいだろう。

開発枠は3つあるので、産業2、陸軍1でよさそうだ。生産の必要のない陸軍ドクトリンは、遅めでいい。NFもそのつもりで進めていこう。自動車化する余裕も何もなく、歩兵のみの開発となるため、追加の開発枠を急ぐ必要は全く無いが、これを用いて無理矢理1939年式歩兵装備を先行開発してもいい。

陸軍は、一応歩兵を50個師団は生産。これで初期と合わせて90個師団だ*1。歩兵装備生産の都合上これ以上は作れない。1936年式戦車を多少導入してもいいだろうが*2、これは開戦後の補充が絶望的となり、かつ歩兵用装備の在庫にも悪影響を及ぼすため、尖った作戦と言えよう。自動車化兵などは論外だ。同時にこれを要する支援中隊も付けない。空軍と海軍は解体して人的資源にしてしまっていい。

初期に雇用する人材は政治力+10%の海軍長官か、陸軍経験値を得られる陸軍理論家がよいだろう。徴兵速度は工場での生産依存となるため、徴兵法の変更は意外と後でも大丈夫*3。1937年には盧溝橋事件やスペイン内戦で国際緊張度があがるため、経済法を部分動員に切り替えよう。国際緊張度が40%を越えると連合入りできる可能性があるが、そう焦る必要は無い。恐らく1938年頃には連合入りできる。最悪、開戦直後に入れるはずだ。

歩兵用装備と砲兵を生産し、経験値が溜まればテンプレートを変更し歩兵師団に歩兵大隊を一つ加え戦闘正面幅を20とし、砲兵は支援中隊だけ付けておくのが良さそうだ。下手に砲兵を付けると装備の備蓄どころの話ではなくなる。あとは戦争経済移行のため、予想される開戦時期までに、150政治ポイントは溜めておこう。

イベント

防共協定は・・・ドイツとの戦争は不可避として、ソ連に媚びを売るため拒絶した方が良い可能性が?(AIがどの程度友好度を考慮するのかは未知数だが)。
その他は特にポーランドに選択肢のあるイベントは無い。
そして1939年半ばを過ぎたあたりに、「ダンツィヒか、戦争か」である。準備はOK? なら戦争だ!
ちなみに、ドイツの要求に屈したら屈したで、別のイベントがある。この場合当面はソ連の様子だけ伺えばいいが、貧弱な国力でソ連に対応できるだけの軍備を整えるのもそれはそれで・・・。

なお独ソ戦は、ハンガリーが枢軸入りしているかどうかで全く難易度が変わってくる。兵力も無視できないが、枢軸入りしていなければ何より中立の壁として役に立ってくれる。攻勢に出た時の包囲殲滅は格段に行いやすくなり、またソ連国境方面のドイツ軍を補給切れにすることも容易になる。

対独戦(ガチ版)

まず忘れず戦争経済の導入。そして片っ端からレンドリース要請!ソ連も応じてくれたりする。ダンツィヒを確保しておけば運が良ければイギリス軍などが上陸してきてくれる。敵は恐らく200個師団くらいいる上に質も高いぞ!
西部軍は50個師団。ポズナニを捨てるかたちで待ち構え、戦線を短くしよう。これでまっすぐな戦線が引ける。押されまくるだろうが訓練中の編成中師団を狩り出してでも、ワルシャワだけは死守!
南部軍は24個師団。国境線で耐える。なんとかなるはずだ。敵のAIの挙動や外交次第で、細い回廊で包囲殲滅も可能だ。
北部・オストプロイセン攻略軍にも24個師団。開戦前から宣戦と攻勢ラインを引いて置き、損害を省みず突撃。戦線が狭まったら部隊を引き抜き順次西部軍へ。

・・・だが正直・・・勝利条件は、フランスがドイツに勝つ、少なくとも負けない、これが必須に近い。Versionにもよるが、お勧めできない。

開戦まで & 対独戦(籠城版)

というわけで、ガチでドイツ様と殴り合うのは、相当に厳しい事がわかった。そこで、ワルシャワ籠城である。ワルシャワさえ落とされなければ、負けにはならない。90個師団態勢ならワルシャワ西のウーチも都市防御ボーナスで守れる。河川・森・丘陵を防衛ラインに定め、狭い戦域なので手動操作で頑張ろう。
全軍、防勢ドクトリン持ちの元帥の指揮下においておこう。この作戦の場合は資源供給が完全に途絶えてしまうため、歩兵のみの軍編成がいいようだ。資源の無い中、ささやかな全力で小銃を作ろう。

そして防衛するプロヴィンスには3〜4レベルくらいの要塞を建設しておく。民需工場の都合上から7プロヴィンスくらいが限界となるだろう。抜かれやすい平地を優先しよう。

各プロヴィンスを守るのはまずは7個師団が目安。戦況不利な地域には予備師団を増派。1プロヴィンスに150個師団くらいで攻撃してきたりするが、交替しながら耐えよう。順番待ちの予備師団が航空攻撃でガリガリ削られるのに注意。前線の師団が撤退した時、消耗した予備師団が前線に出ると、即座に撤退とあいなり前線に出ている師団が0個となり、敗走してしまう。戦闘画面を良く見て、削られた予備師団は撤退だ。予備師団のアイコンをSHIFT+クリックすることで複数選択できるので、後退させよう。そして、後方の元気な師団を詰め込もう。といった感じでうまくローテーションさせる。一部の師団の充足率(歩兵装備)が減ったら、あまり戦っていない師団と交替させるといい。

この調子で1年、2年と、独ソ戦が起きるまで耐える。意外とイギリスあたりが空軍を送ってくれるが、基本的には敵空軍にガリガリ削られる。徴兵法を変更すれば人的資源の心配はいらないが、歩兵装備の不足でどんどん厳しくなってくる。だが諦めたらそこで試合終了です。しっかり備えておけば、多分、1941年一杯は耐えられるはず・・・。8割9割勝てるかと言うと、全くそんなことはないんだぜ!

独ソ戦が始まるか、アメリカの参戦・上陸が成されると圧力が薄れ、攻勢に出ることも可能になる。ポーランドの弾が尽きる前にこれらが起こるかどうかは運である。祈ろう。
ちなみに250個師団ほどを一気に殲滅したことがあるが、この場合は独ソ戦などがなくとも押し返す事ができた。独ソ戦で消耗している訳ではないので、他の枢軸諸国は健常であるが故、決して楽では無いのだが、沿岸防衛がスカスカとなるため、こういうケースだと連合軍の上陸祭りで互角の戦いにはなる。一応こういう事も可能ではある。

+  包囲殲滅の図

戦況好転後

うまく火事場泥棒はできただろうか?ほとんど平地であるドイツ領はどんどん取っていこう。だがこの段階では、まだポーランドは歩兵装備不足に喘いでおり、貿易を行うための輸送船もない。港を得てレンドリースの助けを借りつつ(運が良ければ連合軍も来てくれる)、まずは貿易を再開させ(輸送船が足りないので近い国から!)、歩兵装備を整えよう。残った枢軸国に対し、90個作った師団は戦線の維持に役立ってくれるはずだ。南の方は地形が悪いためただちに攻める訳にはいかないが、ドイツ領から工場がたくさん拾えているので、貿易・歩兵装備の補充が軌道に乗ればぐんぐん状況はよくなる。指揮官も相当に育って居るはずだ。

だが、東部ポーランドを回復し、ソ連と国境を接してしまうと、「ソ連が東部地域を要求」イベントが来る。これを撥ね付けるとソ連に開戦事由を与える。しかし、ただちに戦争になるわけではない。
ソ連が枢軸と交戦しているなら、あまり心配はしなくていいかもしれない。

なお、AIの機嫌次第の意味も有り詳しい発生条件は不明だが、「ソ連が保護を提案」で再度同地域を要求されるイベントがある。割譲を受け入れた場合、代わりにドイツ東部を得られる。断ると敵視フラグが立つようだ。

領土の拡大により人的資源が増えたので、徴兵法は順次軽いものに戻していきつつ(生産力が回復する)、航空機や戦車のNFおよび開発を進めよう。連合軍がある程度上陸し、歩兵装備がある程度補充されたら本格反攻開始だ。ソ連においしいところを持って行かれないように、東部重視がおもしろいか?

他の可能性について

・大前提として、初期に周囲の中小国を喰うプレイはVersionによっては行えないことがある(特にVer.1.3.3では顕著)。このゲームのAIは色々と調整中なのだ。
・枢軸に入らずチェコスロバキアを喰った場合は、ドイツ様が怒るのでズデーテンラントは残しておこう。
・ハンガリーは枢軸入りする可能性が高いが、ドイツはアンシュルス(オーストリア併合)までは宣戦を好まないようだ。
・防共協定イベントも、すり寄る方に媚びておこう。このイベントの友好度補正は、永続するものだ。本ゲームではソ連はポーランドに対し何らかのフラグが立っているようで、とにかく攻撃的なので、コミンテルンプレイ以外ではソ連にすり寄る意味はあまり無いかもしれない。
・「ダンツィヒか戦争か」で恫喝に屈すると、「東方への拡大」が発生。枢軸につきソ連に当たるか、ソ連に接近するかを選べる。
・ダンツィヒを回避した場合、歩兵だけで数を揃えないと間に合わない!と言うことはない。ただし結構な確率で3方向を枢軸に囲まれてしまう。

ちなみに最速ファシスト化ドイツ食いなどは通用するとは言いがたい。初期の師団数こそ分があるが、生産力が違いすぎる。こちらはギリギリで銃が行き渡った50個師団程度。相手は精強な100個師団。勝負にならない。うまくできた人はAARはよ。

白作戦回避

まず「ダンツィヒか、戦争か」で屈服するルートを選んでみよう(AIは20%で屈服するようだ)。この場合はただちに戦争にはならない。このため、要塞などより全土に工場を建てるプレイの方が安定するだろう。またダンツィヒの請求権を得るため、その気になればいつでも迅速にドイツと開戦できる。
そして続くイベントは「東方への拡大」。枢軸にすり寄ると政治態勢がファシズムに傾き、ソビエト領に請求権を得る。ソ連にすり寄ると、友好度を25得られ、かつポーランドに対するソ連の注目度合いが下がるようだ?(要検証)
ファシストにすり寄った場合、ドイツはポーランドは無視して戦争をおっ始める。

その後は特に変わったイベントは起きない。枢軸入りもよし、コミンテルン入りもよしだ。どちらを選ぶにしても予め閣僚の変更で政治体制を寄せておくとスムーズだ。NFも使うとより効果的だが、その分内政・軍事のNFが遅れるので注意。また、そこまでしなくてもそれなりの速度でファッショ化/コミンテルン化はできる。
なお防共協定を断っていると枢軸陣営にはほぼ参加できないようだ。

また、史実ルートでも発生した「ソ連が東部地域を要求」も起きる。そして安定のソ連、その内宣戦布告をぶっこかれるだろう。史実開戦でドイツを相手にするのと異なり、軽装備の90個師団で互角以上に戦える。

完全中立のまま対独戦を迎えると、オストプロイセンやバルト地方でぺしぺし殴り合う独ソの微笑ましい光景が見られる。「非参戦国からは侵攻できない」ゲームルールにより、枢軸・コミンテルン陣営入り&非参戦でも、なかなかおもしろい絵面になるのでお暇ならどうぞ。

枢軸プレイ

どうせファシズムを選ぶなら、最速でファシスト化しお手隙の中小国を喰ってしまうと、うまい。立地的にはチェコスロヴァキアとハンガリーが自然だろう。大体1937年2月にファシスト化し、枢軸にも入れる。ただしこの時期の正当化工作には240日を見ておかねばならない。2国喰うなら多少時間差を付けて2国に正当化工作をしておく。連合からの宣戦?ダンツィヒに守備部隊を若干おいておけば大丈夫だ。もし君が望むならユーゴスラビアすら領有できるだろう。さらにギリシャもブルガリアもと、初期の40個師団だけで全て制圧可能だ。2国食いで工場70、3国食いで100程度、5国食いだと130以上。ただしユーゴ・ギリシャ防衛のための軍が必要になる(15〜20個師団)。治安維持部隊も必要だ。
これだけ喰えば流石に連合国との開戦は避けられないが、ドイツ様はお強いので、上陸作戦の相手さえしていれば大丈夫。

枢軸ルートではM/R協定の選択肢が無いようだ。どうもドイツの意向次第で?(確定かもしれない)無理矢理本土東部をソ連に取られてしまう。そして一時的に人的資源が激減する。まあ、早期拡張と独ソ戦便乗でいずれ失った分以上のものを得られるからよしとしよう。大胆に初期拡張を行うと後方部隊が必要なのでソ連正面の兵は少なくなるが、ドイツ様が助けてくれるから大丈夫だ。プレイヤーチートと言われる初期拡張をここまでやって負けるはずはない。日本次第の部分もあるが、早ければ1940年中に余裕でソ連は降伏だ。

なお、初期拡張でルーマニアはソ連との国境線が長くなるため微妙。また、枢軸にいる場合は「ダンツィヒか、戦争か」はそもそも発生しない。

コミンテルンプレイ

初手コミンテルンプレイでは、結局ドイツにダンツィヒ要求を突きつけられる。連合プレイと違う点は、陣営入りしていればソ連様が助けてくれる点だ。また、ダンツィヒを回避してからソ連にすり寄ってもよい。
ポーランドは左傾化しにくく、やや時間がかかる。NFを利用してもファシスト化よりやや遅れ、1937年6月くらいになるようだ。防共協定などを結んでいなければ、この時点でコミンテルンに加入できる。
もちろん勝つだけならファシストプレイ同様、適度に初期拡張してしまえばいいのだが、今回はダンツィヒを待ってみよう。例によってワルシャワに籠城する。
M/R協定で独ソが不可侵条約を結んでいても、ソ連はそれを破棄して参戦に応じてくれるはずだ*4。NFで政治ルートに大幅な寄り道をしたため師団数・予備装備・要塞化、いずれも遅れているだろうが頑張って引きこもっていよう。
ところがこの時期のソ連は、全く戦争準備が整っていない。反攻もしてくれない(ver.1.3.2)。ドイツにどんどん浸食され、モスクワ手前まで迫られたりする。しかし徐々に盛り返し、本土の奪還くらいはできるはずだ。
常道としてはやはり、ドイツの対ソ侵攻部隊の挟撃・殲滅なのだが・・・しかしそれが成っても、ソ連軍は独ポ国境までは赴いてきてくれないのであった。ただし続けていれば、いずれAIが切り替わるようだ。トリガが不明な上にVersionによりけりだが・・・。
連合の上陸待ちだけでなく、ソ連の本気待ちも期待できるので、序盤さえ凌げればまあ悪くないプレイである。

ミィンズィモジェ連合プレイ

最後に独自陣営プレイを見て見よう。バルト三国と共に、四ヶ国の「ミィンズィモジェ連合」陣営を立ち上げるルートだ。白作戦の絶望と共にポーランド名物?だろう。

これはNF、右端の「ポーランド国家の強化」からの政治ツリーを左の方に4つ(280日)進めることで成る。更にNFを進めれば(2回、140日)、通常40%必要な国際緊張度の制限なく、三国と手を結べる。ただしたまに断られる(10%?)。その時は戦争が正当化されるので、実力行使だ。敵は数個師団なので、10個も当てれば十分。・・・いや、敵ではなく同志だ。

ただしこの三国、初期段階で工場は16、資源は鉄鋼が8あるだけである。陸軍は合わせて10個ほどの師団ほど。つまり対独史実開戦プレイなら、政治ルートに寄り道を強いられかつ連合が戦闘機を派遣してくれない劣化連合プレイとなる。

ダンツィヒで屈服し回避した場合も、枢軸プレイと異なりドイツ様は助けてくれないのだから、ソ連に仕掛けられれば独力で対処しなくてはならない。ソ連はポーランドも狙っているが、バルト三国を狙って宣戦する事も極めて多く・・・準備が整っていないなら見捨てよう。だが、ソ連相手には十分に戦いになることは前述した通りだ。時期によっては砲兵を配備する事もできる。そしてバルト三国の陸軍も、我が軍と協力して防衛戦を貼るくらいはできる。ソ連は戦線北方のバルト三国に戦力を集中しているため、緒戦は南部がスカスカだったりもする。フィンランドも陣営に加入してくれたりするので、普段ソ連にいじめられる可哀想な皆さんで共産主義者どもに一泡吹かせてやろうではないか。

なおこのルート、寄り道になり70日余計にかかるが、中道国家のままで、国際緊張度10%で宣戦布告できるようになる(遅くとも大抵1937年半ばにはクリアできる条件だ)。これは完全に初期拡張をして下さいと言っている。ただし戦時中は独自陣営のNFの一部に制限がかかるので、連合に宣戦されない程度の拡張が良いだろう。versionにもよるが1〜2ヶ国が限界だ。また、史実通りドイツと開戦すると、拡張した領土も獲られる事は明らか。初期拡張を行ったならダンツィヒは諦めるのがいいだろう。この場合もかなりの確率でソ連には勝てる。返す刀でドイツを、と行きたい所だが、このミェンジェンモジェ連合プレイでは、ポーランドと愉快な仲間たちで枢軸1000個師団くらいを相手にしなければならない事もしばしば。
だが、1939年のドイツ侵攻を受け止めるよりは100倍楽だ。ソ連を平らげているので、時間は味方である。枢軸の師団数が多すぎるなら、工業力をあげながらじっくり連合の本格上陸作戦など、時期を待とう。もちろん核開発も選択肢だ。

なお、序盤でユーゴスラビアやギリシャなどが陣営に加わったりするが、これにイタリアが宣戦してくる場合がある。結構ある。そういう時は参戦せずに見捨てよう。さすがにソ連と戦いながら枢軸とは戦えない。何年か後、コミンテルンと枢軸を打倒したら、復活させてあげよう。大戦終結後に解放された・独立させられた国家が陣営加入を望む場合もあり、ミィンズィモジェ連合参加国は、10を軽く越える場合もあったりする。

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 如何にして、チェコが英仏に保証されないタイミングで戦争をするか。しかし、正当化するまでに270日前後かかるのでかなり辛い。日本が日中戦争をするのは恐らく、1947.9あたり。ここから9ヶ月後と考えると1948.6月ほど。間違いなくチェコは英仏に保証されている。ということはつまり、ポーランドでミィン…なんだっけ連合プレイは相当辛いはず。 -- 2017-09-06 (水) 08:33:11
  • 対ソ連に対して言うのであれば、例えばポーランドとソ連の間に緩衝地帯を設け、それが友好的に活用される、というのであれば希望が…持てないなぁ。どっちみちポーランドでドイツは倒せない。だからポーランド東部を解放する意味がない -- 2017-09-06 (水) 08:35:55
    • ミェンズィポーランドでドイツ倒せないはいい過ぎじゃね?拡張なしでも勝てるわけではあるし・・・。 -- 一般通過アホ作者? 2017-09-06 (水) 08:40:40
  • 独立保証されてないチェコに正当化を図って、いざ戦争ってなった瞬間にチェコが英仏に保証されるってなに?正当化されてる国は、保証されないんでは? -- 2017-09-06 (水) 21:07:20
    • 正当化されてても普通に保証されるよ。多分正当化の間に緊張度が25%以上になって正当化可能になったか、英仏が政治力たまったかのどっちか。 -- 一般通過アホ作者? 2017-09-08 (金) 02:38:53
  • 1968.6.30 史実鉄人モードにて、正当化中のチェコが英仏に独立保障をされる。この日は13個目のNFが完了された日。日中戦争が勃発し、国際緊張度が10%を超える日は210日程前である。即ち、チェコスロバキアに対して宣戦布告をするのであれば、200日以上も正当化していたら間に合わない。まだ4回しか検証していないが、おおよそ間違ってはいないはずだ。 -- 2017-09-07 (木) 20:20:24
    • こうして(クーデター工作)、こうじゃ(緊張度上昇)。 内戦時期の引きが良ければ10%までいけるいける。 -- 一般通過アホ作者? 2017-09-08 (金) 02:37:54
      • クーデター工作は見逃していました!確かにそれさえあれば、なんとかなるかもしれませんね -- 2017-09-08 (金) 02:42:03
    • 7回検証して全て英仏に保障される。なお、6.29と7.1に伸びていたときもあったが誤差。日中戦争が開始されるのは37.12、10個目のNFが完了した数日以内。つまり、間に合わない。この10日間は大きい -- 2017-09-10 (日) 08:26:24
    • まぁぶっちゃけ、英仏と交戦せずにチェコを食うことは不可能ではない。ただまぁ、見れば分かる通り実用性があるかと言われりゃ…。昔は実用性の高いNFだったのになぁ。まぁ、ハンガリーが参戦してくるまで宣戦の長さを短くできると思えば使いものにならないわけでもないか。 -- 一般通過アホ作者? 2017-09-10 (日) 10:46:30
      • ちなみに、ドイツのイカサマバグは直ってませんでした。これがなきゃ、東プロイセンで共産クーデター起こしてズデーテンNF凍結からの独立保障回避ができるんだが。 -- 一般通過アホ作者? 2017-09-10 (日) 10:48:01
  • 流石に守旧派はいらないんじゃないか?確かに増加分で政治力150を取り戻すのは750日後だけど、そっからさらに政治力150を増加分で得て消費しないと効果がないようなものでしょ。その場合必要日数は1500日で、最速(36年3月1日)で雇用したとしても40年の4月9日でようやく+150だ。これじゃいくらなんでも遅すぎると思うんだけどな…。正当化コストのために+100を目安にしたとしても39年の8月3日よ?ダンツィヒまで1ヶ月しか猶予がない…。 -- 一般通過アホ作者? 2017-09-08 (金) 02:32:25
    • やはりいらないですかねww筆者たる私も使ってはいないんですが、何処かのページで彼が紹介されていたので付け加えたんです。少し文章を変更しておきます -- 2017-09-08 (金) 02:42:59
  • 性懲りも無くチェコを併合しようと躍起になっていたら、意外なことを知った。チェコは一番最初の政治顧問に恐怖公を雇っていた。だから、正当化に200日も掛かるんだな。 -- 2017-09-08 (金) 20:11:19
  • バーコード1.42じゃ、ヴォイテクは無理だな -- 2017-09-10 (日) 07:50:36
    • ちょっとやってみたけどルーマニア>ハンガリー>東部要求からソ連食うと楽かも。イギリスから独立保障貰ってれば対ソ戦の後イランが英から独立保障されても無視できるし。後は適当に枢軸・連合弱ったとこでイタリアに殴りかかればいいだけ。陣営入りしないで軍事通行権渡さなければソ連を丸ごと美味しくいただける。 -- 2017-10-08 (日) 02:37:48
      • あ、失礼。この場合ダンツィヒは諦めました。+対ソ連戦の後イランに正当化・宣戦布告。 -- 2017-10-08 (日) 02:39:20
  • バーコードちゃうバージョン -- 2017-09-10 (日) 07:50:57
  • ん?何で日中戦争が37.12なんだ?遅くない?1.42で遅くなったのか? -- 2017-09-10 (日) 08:52:01
  • 実際の所、ドイツが強い所以は戦車じゃなくてCAS。CASは地味な存在と思われてるけど、「要塞と全ての対空砲をガン無視」して、「直接部隊の充足にダメージを与える」トンデモ兵器なんだよなぁ…。ドイツが後半弱くなるのは広大すぎる空域の管理ができてないのよね。1.4.2でもベルリン到達までずーっと戦闘機100機だけで航空優勢とかしょっちゅうだし。CASに対する回避法は「戦闘機飛ばしまくる」しかないからいっぺんお試しあれ。 -- 一般通過アホ作者? 2017-09-10 (日) 16:13:39
  • 英仏がチェコに独立保証を解除するタイミングがわからない。要塞を割譲されたあとっていうのはわかったけど -- 2017-09-12 (火) 01:02:56
    • ミュンヘン会談イベントで、ドイツに対してズデーテンの領有を認める選択肢があるんだけど、この効果の中にチェコに対する独立保障を破棄するというものがある。だからズデーテンイベント終わった瞬間にぶん殴ると英仏は手出しできない。 -- 一般通過アホ作者? 2017-09-12 (火) 02:32:53
      • いまさっきやったところです。詳細な手順をメモしておいたので、今から編集します -- 2017-09-12 (火) 05:31:14
      • それと、イベントが始まると言うより、ドイツの要塞要求NFが終了した瞬間に破棄されていました。僕は保険程度にハンガリーに正当化をさせて、そちらにも保障をかけさせることで、チェコに対する保障の二度がけを未然に防ぎました。 -- 2017-09-12 (火) 05:33:52
  • ふー、やっとこさ中道ポーランドでチェコ(要塞はドイツ)を吸収できたわ -- 2017-09-12 (火) 05:50:26
  • ミェンズィモ連合に他国が入ってこない。提携関係にないってなにそれ -- 2017-09-15 (金) 16:02:04
    • あー、それな…。日本語訳の語弊なんだよ。誤訳とまでは言えないけど…。原文は「Non-Aligned」。勘の良い人なら気付いてるかもしれないけど、イデオロギーの中道も原文は「Non-Aligned」。 つまり中道主義なので-50されています、と言う意味。 -- 一般通過アホ作者? 2017-09-15 (金) 16:30:37
      • 日本語が英語に完全に対応してるわけじゃないから難しいよね 特に英語のニュアンスを伝えるときとか -- 2017-09-15 (金) 16:50:26
      • おー、ありがとうございます。中立的外交姿勢っていうのも、イランや北欧三国が取ってるらしいので、全く仲間が増えないですわ -- 2017-09-17 (日) 13:44:43
  • ソ連食べたあとに対ドイツ戦で空軍を量産しておけば、航空優勢が見えてくるので編集しておきます -- 2017-09-17 (日) 13:47:41
  • とりあえず一言。 諸君!空軍ツリーが不要だなんてとんでもないぞ! 現に俺は陸軍研究0、空軍と工学の研究だけで史実開戦(拡張なし)してドイツを防げた。半端にどっちも欲張るから駄目なのであって、空軍に注力するのも全く悪くないぞ! -- 一般通過アホ作者? 2017-09-17 (日) 15:01:27
    • 建築も軍需全ツッパで要塞もなーんもいらね、CASと戦闘機作ってるだけでドカンと(ドイツの被害が)とれちまう。歩兵*11の師団並べるだけでokだし、オストプロイセンも奪取できるぞ。初手空軍NFだっていいじゃない。(工学系のほうがいいと思うが) -- 一般通過アホ作者? 2017-09-17 (日) 15:05:06
      • え、ええ。。。メッチャ用意したのに(なお、つながっていないと思ってたプロヴィンスから進入されて逆転負けした模様 -- 2017-09-18 (月) 03:37:44
      • こっちは40年式戦闘機とCASをそれぞれ1000機くらい用意しましたが・・・そのくらい揃えました? -- 一般通過アホ作者? 2017-09-18 (月) 04:17:57
  • 戦闘機1800(40年型は800くらい44年型は300くらい)と戦闘支援800用意しましたよ。レーダーも5で万全でした!たーだ陸戦でミスったら終わりでしたよ -- 2017-09-18 (月) 15:58:41
    • …レーダー5?ナンデ?(39年のダンツィヒ開戦の話なのだが、そんなに先行研究できたかアレ) -- 一般通過アホ作者? 2017-09-18 (月) 16:40:34
      • ひょっとして、ソ連食べたあとに対ドイツ戦として話してます? こっちはアレです、39年のダンツィヒ要求からのイベント開戦という前提で話してます。 -- 一般通過アホ作者? 2017-09-18 (月) 16:49:49
      • あー、なるほど、話しがかみ合っていなかったですね、すみません -- 2017-09-18 (月) 16:52:58
      • いえいえ、こちらこそわかりにくくて申し訳ない…。 まぁ、その頃になると合計2600だとちょっと少ないかもしれませんネ! -- 一般通過アホ作者? 2017-09-18 (月) 16:57:21
  • 対独戦、歩兵だけ作っとけば勝てるっぽいぞ -- 2017-09-21 (木) 01:18:33
    • それはいつの、対独戦ですか?1939? -- 2017-09-21 (木) 04:10:09
      • 1936年開始、史実開戦、拡張なし -- 2017-09-21 (木) 07:58:45
  • ヴォイテクまじかわいいわ -- 2017-09-25 (月) 10:51:58
  • とりあえず最近ポーランドが人気みたいなので陸海空軍研究禁止、拡張禁止の中道オンリーダンツィヒ開戦でプレイしてきた。勝てるけどクソ面倒だった(ドイツへの反攻がしんどいことこの上ない)。まぁ下手に色気出すくらいなら戦間期型戦闘機は作っとけ、ということで。1.0kもありゃ西部で優勢取れる。 -- 一般通過アホ作者? 2017-10-11 (水) 07:24:41
    • ただしフランスとベネルクスが道路からの降伏するとポーランドに殺到するからその前にドイツ軍を削らんとダメ。そうしないと西部戦線が持たない。ウクライナベラルーシ方面に引き込んで潰すのが楽か?CASでは生産が追いつかん、歩兵に砲列追加が楽だと思われ。 -- 一般通過アホ作者? 2017-10-11 (水) 07:41:01
  • ポーランはその気になれば片手間に世界を落とせるオブ -- 2017-10-11 (水) 20:24:08
お名前:

*1 これを書いた人はこの規模の軍で比較的良い結果を得られているが、やや少なくして歩兵装備の備蓄を増やして悪い訳でもないようだ。
*2 2ラインで3個、3ライン生産で5,6個師団は揃えられる。ただし随伴歩兵を自動車化すると多分破綻する。徒歩の歩兵を付けるしかない。
*3 いっそ0になってもしばらく放置で良い。どうせ銃ができるまでは待たされるのだから。
*4 緩衝地帯の国家に手を出さないと言う協定だし。

Top / 各国戦略 / ポーランド