Top / 各国戦略 / 中華民国

各国戦略/中華民国

各国戦略

データ集/各国国力

中華民国とは

高確率で近いうちに日本軍との戦争となるのが中華民国。共産党ゲリラと内戦中なう。それだけでなく、中央の手が及ばず他にも地方の軍閥が好き勝手を(三国志や日本の戦国時代を想像してください)。割と末期的である。だが日本から宣戦されると言う受動的な条件下ながら、独自陣営「中華統一戦線」を立ち上げ可能で、中共こと中華人民共和国と一時休戦をしつつ、他の軍閥を併合できる。合体(意味深)した我々は強いぞ!・・・普通にヒストリカルにプレイすると独自陣営立ち上げとなるため、今作では中華民国は基本的に、「連合国」ではなく「中華」と言う別陣営である。

師団数は57と、一見日本と張り合えそうではあるが、編成が違う。
日本軍の第一線級師団は12個大隊、二戦級師団でも6個大隊で組織されており、1936年のゲーム開始時に約548Kの陸軍人員が展開中。
対する中華民国は、4個大隊師団と6個大隊師団が混在、展開する人員は約276K。日本の半数の兵力しかない。装備も貧弱だ。その上制空権ェ・・・。
まずはこれをどうするか?が課題となってくる。というか、そもそも兵に銃が行き渡っていない・・・。それもド旧型だ。誰か!レンドリースはよ!!

イデオロギーは「中道」である。NFは汎用だが、支那事変に関するイベントがいくつかある。
各軍閥、中華人民共和国、蒙古国、満州については中核州扱いで、請求権を持つ。

以下はVer.1.3.2に準拠して記述していく。特にファッショ化・共産化などは行わないケースだ。史実ルートとも言える進め方でいく。

内政・政治

民需工場13、軍需工場6は、中堅国どまりである。序盤はあまり関係無いが、造船所などは1しかない。しかも広大な領土を持ちながら、資源をほとんど産出しない。日本以下どころの話ではなく足下にも及ばない。輸入に民需工場が必要となるため、ぱっと見よりずっと、国力は低い。

研究枠も初期では2本。初期研究済技術は・・・何も言うまい。まあもし何かあっても生産する資源も工場も無いのだが。
総じて残念ながら後進国と言わざるを得ない。
ただし資源については、南方の広西軍閥を併合すれば状況は相当に好転する。統一後については平均的中堅国よりは、資源は多いと言って良いだろう。

人的資源は初期でソ連の倍近い4.69Mもあり、心配するだけバカらしいレベルである。肉の壁で戦うのが合理的だろう・・・が、人命はともかく歩兵装備を失いたくないのでほどほどに。

なお、初期状態では国民精神として「ドイツ軍事顧問団」を有し、陸ドクの研究が7%早まる。これは盧溝橋後、対日戦中に帰国してしまう(確率は不明)。

人材

政治顧問は、政治力+15%の人材と、民需工場の建設を+10%する人材がおり、悪くない。ただし国体を共産化する人物はいない。
理論家は陸・海・空、いずれもドクトリン研究を汎用的に7%する人材が揃っており、汎用性は高いと言える。艦船設計会社だけは寂しい。

参謀については、特に問題は無いが、空軍長官に政治力+10%の人物がいるので、採用を考えても良い。歩兵向き・大艦巨砲主義向きの人材である。そちらのルートを進むなら優秀と言ってよい。

陸軍将軍はスキル4,3,3,2の4人。いずれも元帥。元帥は育ちにくいので、早めにスキル1の大将を抜擢し、育てに入るのも一つの手だ。

海軍の人材は皆無。最初の一人は無料で雇えるが、当然スキルは1である。

軍事

上述の通り、一見師団数では対抗できそうだが師団の編成が小さく、初期状態では実質日本の半分の戦力しかない。しかも前述の通り武器が行き渡っていない。装備そのもの悪い。空軍や海軍は比較にすらならない。相手が相手だけに全くの無力と言っていい。

師団数を増やすか師団の編成を強力なものにするかは悩み所だが、最低限必要な師団数というものはある。50個師団そこそこでは、陸の守りと海岸線の守りを同時に行えない。師団構成を変更するかどうかにもよるが、75〜90師団くらいが目安となろう。これ以上増やそうにも歩兵装備が足りないと言う意味もある。
ちなみに資源・民需工場の少なさから(資源の輸入量に直結する)、支那事変の段階では歩兵と若干の砲兵、以外の戦力化には無理がある。ひたすら銃を作ろう。正直支援中隊を付けている余裕は無い。銃だけ持たせて肉壁で勝負だ。

対日戦まで

まず行いたいのは、資源地帯である南の広西軍閥の吸収なのだが・・・中道であるので早期宣戦は不可能。仕方がないので地道に陸軍の拡充を行おう。工場は軍需工場を建てる。民需工場も不足しているのだが、盧溝橋までに少しでも歩兵装備を生産したいのだ。人的資源がいくらあっても銃がなければろくに戦えない。

NFのルートは陸軍力か工業力でいいだろう。一応、追加の研究枠→陸軍ルートでも、陸軍ドクトリン研究速度2倍→陸ドク2段階開発、が、盧溝橋に間に合う。ドクトリンは完成した瞬間に効果を発揮するので、遅めで構わない。一応お勧めは初期のボーナスが高い優勢火力だ。まあ研究枠を増やしてから追い上げつつ戦うか、それは後回しにしてまずは対日戦のため工場のゲットと研究のブーストを進めるか、これはお好みで。どちらでも問題は無い。

研究は一つは産業が無難だろう。もう一つは歩兵系か産業が良さそうだ。個人的なイチオシは1936年モデルの歩兵装備(小銃)・・・当たり前だよなぁ?軍需工場で他に作れるものもなし、砲兵を作るには軍需工場が全く足りなくもあり。盧溝橋までは歩兵系・産業系・陸軍ドクトリンだけで十分だろう。

人材雇用なのだが、政治力を貰えるイベントのある中華民国は、政治力にボーナスのある人材については急ぐ必要は無さそうだ。初手は色々な可能性が有るところ。

軍備

演習は歩兵用装備が行き渡る前、つまり歩兵装備の1936年モデルが開発される前(そう、それすら開発されていないのである)、ゲームを開始したらすぐに行っておこう。損耗する装備を最小限に抑えられる。また、徴兵と配備画面で相応数を徴兵しながら、徴兵の優先度を高、補充の優先度を低にして新規師団の編成を急ごう(実はテンプレートを利用して配備中の師団から武器を取りあげる過激な荒技もあるのだが)。とにかく、最低限これだけは、と言う数がある。この優先度変更をしないと、装備が既存の兵の補充用に回され、新規師団の編成が非常に遅れてしまう。
大体40個師団徴兵すれば、既存および統一戦線を形成するなら吸収した軍閥の兵と合わせて100個師団になるだろう。軍閥の兵と馬鹿にするなかれ。我々よりは小銃は行き渡っている!

なお、陸軍経験値が20溜まれば、一線級師団の戦闘幅を20に変更できる。NFでも5を得られるので、それを計算に入れて置いてもよい。更に、二戦級師団を一線級師団にテンプレートを変更してもよい*1。ただしこれらを行うと各師団の経験値と充足率が下がり、演習に要する歩兵装備が危機的な状況に陥る。師団単体は強いのだが、多く作るとまずい。小銃すら行き渡らない中華民国では、作り過ぎ=装備不足・徒手空拳、である。この場合、100個師団では多すぎる!師団のサイズが倍以上になっているのだから、同等の装備を行き渡らせるには、師団数は半分でなくてはならない。つまり徴兵してはいけない。しかし初期の師団数では防戦・海岸防衛・遊撃を同時に行う数に足りない。ある程度は増やさなければだめだ。

ただしこれはハマれば、テンプレート変更を行わないプレイより、被害も少なく、日帝の撃退は早まる傾向があるようだ。むしろ開戦後、各軍閥を併合し装備が行き渡ってからもりもり強くなっていく。強くなるまでは我慢の期間だ。だがとにかくタイトなので練習が必要かもしれない。
幅20で無理があるならば、幅10で統一してしまうのも一案である。師団が多すぎて多少管理は面倒になるが、戦術的な柔軟性は増す*2

何にせよ開戦時にほぼ全ての師団が訓練済になっていればよし。一般まであげるには歩兵用装備が足りない。ちなみに充足率が低い状態での訓練は時間がかかる。

そして、後のイベントのため、中華人民共和国の近くに陸軍を集めておこう。

海軍は・・・輸送船だけ作っておこう(日本軍に沈められたりもするし)。空軍は忘れよう。幸い、鉄鋼だけはそこそこあるので資源輸入は不要。

イベント

イベントは順番に起こるとは保証できないので念のため。

1.ほどなくイベント「共産主義者に対する攻撃を準備」が発生。勝利すれば政治力を得られ、敗北すれば逆に失ってしまう。人的資源など有り余っているので、一番勝率の高い、地元軍閥に攻撃させよう、を選択するのが無難だろうが、敗北時に最も政治力を失う。安定を取りたい人は一番下で。

先のイベントの結果に拘わらず、最初に雇用する人材は経験値稼ぎのため陸軍の軍事理論家か、政治力稼ぎのための人材が無難だろうか。だが後者は、イベントのおみくじを引ける自信があるなら遅らせてもいい。

2.続いてイベント「共産主義ゲリラと衝突」が発生。決着を付ける方を選択。この際、中華人民共和国付近に展開していた部隊が少ないと自動的に敗北して政治力を失うようだ*3。もっとも勝とうが負けようが、変化するのは政治力と国民団結度だけである。

3.イベント「西安事件」発生。共産党(中華人民共和国)と和平するかどうかを選べる。和平しないなら特に何も起こらなく、後の統一戦線も発生しない。和平を行うと、日本と戦争状態に入ると自動的に統一戦線イベントが発生する。つまり対日戦の基本的な戦い方はこのイベントで決まるのだ。
和平するとお互い友好度を得、「敵対的」フラグが消失する。ヒストリカルに行くなら和平してしまおう。統一戦線は国力・戦力的にも無難な選択肢だ。ただし新たな陣営を立ち上げてしまうことにもなる。

この後しばらくは何も起こらない。十分に訓練が終わったと判断すれば、演習は中止し、優先度を設定し直し、展開している師団に武器を行き渡らせつつ、満州方面軍(主力)と沿岸防衛軍、山西遊撃軍の3軍を確保しよう。

対日戦

恐らく1937年半ばに盧溝橋事件が発生。日本との戦争に突入する。まずは戦争経済にすることを忘れずに。事実上、民需工場がちょっと増える。1937年に入ったら日本の進めているNFをチラチラ見て、開戦時に150かそれに近い政治力を確保しておけるように調整しよう。

工業力の不足でこの時期に至ってもまだ歩兵用装備は不足しているが(充足まで600日とか800日とか・・・)まあ、頭数だけは揃っている。塹壕ボーナスで武器が揃うまで暫く耐えよう。戦線に穴が空いたら躊躇わず後退。

開戦とほぼ同時に中華統一戦線が結成され、各軍閥を併合。工場と資源が一気に増える(新疆が加入しない時が・・・?)。増えた民需工場で軍需工場を建設、歩兵用装備をどんどん作ろう。武器が行き渡るにつれ、戦況は好転していくはずだ。併合時に一緒に二戦級の師団もついてくるが、改編して渡す武器も訓練する武器もないので、沿岸防衛部隊に編入しておこう。中華人民共和国からの援軍も期待できる。

また、日本軍が中華人民共和国の北部、旧山西軍閥領を西に浸透してくる場合があるので、これを抑える遊撃軍を組織しておく。この抑え部隊は沿岸上陸された時の火消し部隊としても使うといいだろう。もし抑えきれないなら北京方面で攻勢に出て蒙古国を降伏させ、補給線を切ってしまおう。騎兵・戦車・自動車化歩兵の機動力には注意したい。

開戦後はドイツの軍事顧問団が引き揚げてしまう。中華民国側としては選択肢は無い。また、併合により工場数が50を越えるだろうから、追加の研究枠2が取れる。

うまくすれば1938年中には終わるはずだ。10個師団や20個師団は消えてもいい。人材は無尽蔵であり、かつ歩兵装備(銃)はどうせ1939年になれば新型を開発・量産する。気にすることはない。
また、適度に包囲殲滅を行えば人的資源の損害もいい勝負。筆者の場合両陣営とも450K程の人的被害を受け、日本軍の残り師団数は15程度にまで減少した。ちなみに新規雇用したスキル1の大将は、ねちねちとした塹壕戦の結果、スキルは7にまで向上していた。

なお中華人民共和国と和平していない場合、中華統一戦線が形成されないため、貧弱な工業力・資源のまま日本と戦わなくてはならない。ひどいことになりかねないので注意だ。この場合、山西軍閥と日本はすぐ白紙講和を結ぶ可能性が高いようで、敵は狭い回廊を攻めてくる事となる。粘るだけなら相当に粘れる。上陸には気を付けよう。うまく対処できればむしろ日本の師団を減らせるチャンスだ。ただしこのようなパターンで長期化すると、輸送船を壊滅させられ、資源の輸入が途絶えてしまう。これは厳しい。尻すぼみになりかねない。だが勝てないわけではないので、統一戦線を立ち上げたくないならこうするよりない(他の可能性の検証については後述)。

中華統一後

よほど手早く降伏させない限り、日本は枢軸入りする可能性が極めて高いだろう。が、イタリアやドイツが極東までやってくることはまず考えなくて良い。もちろん参戦されないに越したことはないので、陸戦が優勢で大陸での早期決着を期待できるなら、日本本土上陸用の輸送船を開発しておこう。・・・基本的な輸送船すら開発されていないのだ。

その後は当然、日本本土上陸作戦である。もうこれは、数少ない海軍・空軍を動員し、ほんの一瞬だけ制海権を取り、無理矢理上陸してしまうしかない(或いは空挺)。港を狙うなら恐らく朝鮮南端の釜山から関西・舞鶴が最短だ。援軍を含め多少は沈められるだろうが、成功率はそれなりに高い。どうも無理ならアメリカ任せで原爆でも開発しながらのんびり過ごすのもまた一興である。満州・朝鮮半島を平らげても造船所は残念ながら4カ所しかないため、この時点での海軍の増強は難しいのだ。

まあめでたく日本を降伏させたとしても、日本が枢軸入りしているなら、相変わらず枢軸軍との戦いは続いているはずだ。だが中華統一戦線を組んでしまっては、これは一つの陣営。連合にもコミンテルンにも入れない。
あとは戦況とプレイヤー次第である。

少なくとも、人的資源だけは一生心配はいらない。対日戦後、中華人民共和国を残した上でも「志願兵のみ」で1.5%なのに38Mほど利用可能。これは使い切れない。根こそぎ動員にすると150M以上と言うわけがわからない数字になる。
ちなみに、日本を喰った中華民国の国力は、中華民国を喰った日本と似たようなものである。人的資源が馬鹿げているか、海軍が超一流かの違いはあるが、相当な資源小国であり、資源輸入が前提となれば工業力も非常に心許ない。
日本は南方作戦やアメリカ強襲で打開できるが、中華民国の場合、枢軸と戦いながら、貧弱な海軍で連合とまで戦い南方資源地帯を確保するのも非現実的だ。準備に何年かかるものかわかったものではない。
資源の輸入のために民需工場を建てつつ開発を進めるのが、とりあえず無難だろうか。

他のルートについて

統一中華が好きじゃない、けど単独じゃ日本に勝てない。なら他の陣営に助けは求められないだろうか?そもそも、既存の陣営に入りたいと言うニーズもあるだろう。

まず民主主義化して連合入り・・・これは間に合わない。全く間に合わない。試してみたら民主主義態勢となるのに1938年3月までかかった。これはNFの助けがないからだ。その上、なったらなったで80%の国際緊張度がないと同盟に入れない・・・そもそも援軍の派遣はいつになることやら。アメリカ参戦まで、4年耐える・・・のか・・・?

ではファシストはどうか。これはランダム性があるがイベントもNFもあり、運が良ければ1937年に間に合い、少し関係改善工作を行う事で(時として不要な場合も)、すぐに枢軸陣営に入れる。

それではとすぐに広西軍閥に正当化工作(160日)。宣戦布告・降伏させると、9つの工場と多数の資源を得られる。ただし、時期が悪すぎる。程なくして宣戦してきた日本に北部や沿岸部を食い荒らされ、そしてやはり枢軸の援軍は見た事が無い。歩兵装備が足りないので広西を早期に屈服させることができないのがまずく、広西を喰った頃には手遅れだったりする。少数精鋭なら装備は足りる?・・・それは通用しない。長大な海岸線の防衛には一定の数の師団はどうしても必要だ。山西対策としてはいいだろうが、肝心の日本対策になっていない。
と言うわけで結局普通に戦う事になる。

なら共産化はどうか?ソ連様なら援軍をくれるだろう・・・共産主義のゲリラと内戦中と言う事からか政治顧問に共産化を推し進める人材がいないが、一応NFで革命を進めることはできる。が、全く間に合わない。1937年7月にやっと27%である。

最後の手段、盧溝橋事件で日本に譲歩してみてはどうか?・・・だがそれでも日本は戦争をしかけてくるのだった。我日你!日本鬼子!
以上のルートは政治的なNFルートを走らなければならないため、国力・戦力は通常プレイより低くなる。ここまでの調査では、陣営を組んで戦うなら統一戦線以外は、少なくとも対日戦には寄与しないようだ。単独で戦うのと大差は無く、それならNFや政治力は政治・外交ルートではなく、即効性のある陸軍・経済ルートに傾注した方が有利に戦えるのは明らか。今後の研究・加筆修正・AAR・動画投稿などに期待したい。

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 書いてくれるのは嬉しいんですが、あんまりフレンドリーな書き方では無く、他と同じように「です。ます。」で統一した方がいいと思います。 -- 2017-03-14 (火) 16:38:53
    • 書き方は面白いしいいんじゃない? -- 2017-03-15 (水) 22:37:57
    • 俺も特に変える必要なしかと。文体を統一すべしというルールもない -- 2017-03-15 (水) 22:57:51
    • 今他のとこもざっと見てきたけど、同じ記事の中ですら文体が統一されてないしなおさら無用だと思った -- 2017-03-15 (水) 23:00:04
    • 書く人が書きやすい方でいいんじゃない、としか言えない。管理人以外誰も強制力なんて無いでしょー。wikiでんな細かい事いいないw 勿論間違いがあれば修正したり注釈入れたりは必要だけどね。 -- 2017-03-19 (日) 23:12:27
    • 常体より敬体がフレンドリーか?という疑問もある -- 2017-05-14 (日) 12:56:19
    • むしろページ毎に個性があった方がいいと思う -- 2017-09-19 (火) 16:30:46
      • むしろ個性ある現代人 徹底した個人主義の世の中 他人のやり方を認めなければならないのでは 批判はしてもいいが否定はできない 存在を否定することは方針に反する 協力もしなくていい 近づかなくてもいい 何も手伝わなくてもいいから 最低限共生して... っていうことを現方針は暗黙に言ってるわけだから 貴方は貴方の 私は私の書き方 このWIKIは様々な人間の意見を容認すると言っているから マナーやモラルや常識は合法的な範囲なら無くてもいいゾ それで生存していくことは認められるのだしね仕方ないね -- 2017-09-20 (水) 09:44:48
  • 初めて中華プレーした時は師団編成は幅10の歩兵師団でひたすら独ソ戦まで粘ればソ連様が参戦してくれる -- 2017-03-15 (水) 00:32:57
    • 支援中隊すら付けられない貧乏国家だと、その方がよかったりするよね。支援中隊付けられる程度の大国でも幅10師団のが強いんだけど、数が倍近くになるから管理が面倒すぎるのがネックw -- 2017-03-19 (日) 23:11:18
  • 日本上陸は韓国に航空基地作って、空挺するのが一番楽です。上陸だと要塞が硬すぎて抜けませんでした。 -- 2017-03-27 (月) 01:46:17
  • マイナーなネタと思いますが、一箇所の港を起点に、複数のプロヴィンスに同時上陸することができるため、多少の損害を覚悟の上であれば、港の守備隊を「完全包囲」で殲滅すること、これもあまり難しくありませんね。なお日本ネタを離れますが、英本土に米英合わせて70個?師団くらい展開してたりする場合、補給の限界から投入できる兵力にも限界があり、核を使わないとかなり難しい局面はままありますよねw -- 2017-03-28 (火) 00:36:10
  • 初手ファシスト化、中共と和解して、統一戦線が結成される前に中共に宣戦布告すると -- 2017-05-20 (土) 16:14:42
    • 中国統一戦線は結成されるが加盟国は国民党のみ、山西と共産党以外は吸収…という状態になりますよ -- 2017-05-20 (土) 16:15:37
  • 統一戦線を組み,枢軸に勝利すると北京あたりから満洲まで中共にもってかれる。おまけに内戦がはじまり肥大化したコミンテルンと戦うことになる。 -- 2017-06-01 (木) 01:24:27
  • 面白いなこれ -- 2017-07-08 (土) 20:49:29
  • 統一前にファシスト化しといて枢軸入りすると、対日戦ではドイツ、イタリアも参戦する。ということも可能 -- 2017-07-26 (水) 14:06:49
  • 幅10の師団は増援のことを考えると弱くない? -- 2017-07-29 (土) 00:11:24
  • 北京を捨てて黄河手前に撤退線を引いてダラダラ守りに徹するのが一番ラクですな、沿岸も港とVPだけ十分に守っておけばほぼ観戦しているだけで日本が弱体化していく -- 2017-09-04 (月) 00:36:54
  • 次のdlcが楽しみの国ですね。中共も言えますけど! -- 2017-09-19 (火) 21:35:50
  • 共産化ルートですが間違っています。共産20%を越えるとイベントで中華人民共和国に一部プロヴィンスを奪われ共産化が0%に戻るを繰り返すため共産化は不可能です。ほとんど隠しイベントですが -- 2017-10-05 (木) 11:54:19
  • 日本鬼子!でフイタwこの人面白い -- 2017-10-20 (金) 23:04:16
  • ファルケンハウゼンが残留する事がありますが、条件は何でしょうか? -- 2017-10-23 (月) 18:12:33
  • 独立陣営でも人的資源が38Mもあったら地球3個は征服できそうなのにね、日本でも世界征服に必要な人数って6〜10M位なのに -- 2017-11-01 (水) 15:48:31
    • 2,3Mあれば世界征服はできる -- 2017-11-01 (水) 17:02:02
  • 次の「1.5」では、独自NFが付くそうだ。 -- 2017-11-17 (金) 12:10:20
    • 毛のほうもつくんだゾ -- 2017-11-17 (金) 12:16:52
    • DLCの方じゃなくて?やったぜ。 -- 2017-11-17 (金) 13:24:00
      • んお、すまねぇ、DLCだった。NFは全部そうじゃないかな -- 2017-11-17 (金) 16:33:21
      • まぁ知ってた -- 2017-11-18 (土) 00:25:10
      • 中共共々、大幅な改修が必要だね -- 2017-11-18 (土) 01:16:31
  • 前の文章のほうがコミカルで面白かったんだけど別ページの形でのこせねーかなぁ -- 2017-11-19 (日) 20:06:08
    • 前の文章とはどこにあるのでしょうか? -- 2017-11-19 (日) 20:22:34
お名前:

*1 単に管理が楽になるため
*2 強い弱いで言うなら、多分ほとんどの局面で、幅20師団より幅10師団の方が強い。ただ、数が倍近くになるため、管理が面倒で、かつ一人の「大将」に任せられる兵力は実質半分とか上陸作戦は師団単位で数えるからとかがあって、あまり一般的ではないのかな?
*3 イベントファイルを見てみると兵力らしきものが書いてあるのだが、単位がわからなかった・・・。加筆修正可能な方はよろしく願いたい。

Top / 各国戦略 / 中華民国