Top / Forums抄訳 / 初心者のための師団編制指南

Forums抄訳/初心者のための師団編制指南

初心者のための師団編制指南

Paradox公式HoI4フォーラム内の記事、「Beginner's Guide to Unit Types & Division Design」を引用して追加、変更をしています。

ご意見や誤訳などの指摘をコメントにて受け付けております。

各陸軍ユニットの特徴

歩兵系

  • 歩兵
    陸戦における基本的な戦闘部隊となる。高い防御力を持つ他は低め。文字通り軍の主兵となるだろう。
  • 山岳兵
    歩兵よりもより高い突破力をもつ。しかしコストは少し高め。その名の通り、山岳系プロヴィンスにおける戦闘に極めて有用。
  • 海兵
    山岳兵と同じく歩兵より高い突破力を持つがコストが少し高め。上陸にしかバフがないと思われがちだが、実は渡河にも有効。
  • 空挺兵
    通常の師団編成においては用途が極めて限られており、能力も高くはない。しかし、輸送機に搭乗させることで空港より別の地点まで瞬時に空挺降下させることができる。包囲や追い越し殲滅などに使ったりするが、空挺以外の大隊はつけることができず(支援中隊は可)、前線から離れたところに落とすと殲滅される可能性が高い。イギリスなどの島国等を攻略する時に港に落とすと意外に効果的。

砲兵系

  • 砲兵
    極めて高い対人攻撃力にそこそこ良い突破力をもっており、戦闘正面幅における火力のコスパに優れている。師団の攻撃力を底上げする有力部隊。
  • 対戦車砲兵
    高い対戦車能力と貫徹能力を持つ。敵戦車部隊にぶつけて、機甲部隊を粉砕しよう!
  • 対空砲兵
    もちろん対空攻撃力は高く、敵が制空権を取っているときに制空権によるデバフを軽減してくれる。対戦車攻撃力もそこそこあり(ロンメル将軍に感謝しよう!)、対戦車大隊ほどではないものの、貫徹能力も持つ(基礎値にして対戦車大隊の3分の1、砲兵の5倍)。戦闘においてはもちろん空軍ユニットをガンガン撃墜していくのに加えて、敵戦車に対しても、とりわけ軽戦車との戦闘でも活躍の場面を与えてやれるかもしれない。
  • ロケット砲兵
    砲兵の上位互換。用途も砲兵と変わらないが、攻撃面においてより良い攻撃力を師団にもたらす。資源も少し異なるので注意。

自動車化系

  • 騎兵
    速いスピードと、歩兵に若干劣る戦闘力。反乱に対する高い制圧力を持つのでパルチザン制圧にはうってつけ。だがしかし歩兵に比べると生産コストも補給コストもかかる。パルチザン対策の領土守備に向いているだろう。
  • 自動車化歩兵
    歩兵の三倍の速度を持つ。機甲師団や自動車化ロケット師団に組織率を上げるために組み込もう。また、単一兵科師団として編成し、敵の包囲殲滅のために前線の敵側後方に回りこませるのにも使えるぞ。
  • 機械化歩兵
    全般的に優れた能力を持ち、対戦車能力は砲兵の上を行く。歩兵系の中で唯一装甲化ボーナスが付いている。自動車化歩兵の上位互換に位置づけられているようだが、スピードは劣り(I型機械化歩兵のみ)、生産コストは自動車化歩兵の約3.5倍と中戦車と同等。用途としては中戦車や重戦車からなる機甲師団の組織率カバー、あるいは単一兵科で半装甲化師団として戦場に送り出す使い方もある。
  • 自走ロケット砲兵
    スピード、対人攻撃力に優れ、突破もそこそこ。戦闘正面幅あたりの火力も良し。ロケット砲兵に比べて防御の弱さを補っているので、安く生産できる自走砲ともみなせる。

機甲系

  • 軽戦車
    トップクラスのスピードと、戦車系の特徴である優れた突破と装甲化ボーナスを持つが、防御・対戦車攻撃力・貫徹能力は戦車の割にぱっとせず、装甲は中戦車の1/6しかない。なので敵の装甲師団に面すると持ち味が全く出せない。とはいえ、歩兵系師団は貫徹能力を殆ど持たず、装甲化ボーナスは全くないので師団に加えることで低コストで戦力の底上げを図れる。自動車化歩兵と混ぜて速さに特化した高速機甲師団の編制もいいだろう。また、機甲師団がろくにそろっていなさそうな中小国になら強さを遺憾なく発揮できる。
  • 中戦車
    軽戦車に比べてスピードは劣るが、装甲・貫徹能力は段違い。防御・突破・対人および対戦車攻撃においてバランスの取れたユニット。前線を突破する役割を担うのに有用。また、敵師団の軽戦車・中戦車へのカウンターユニットとしてもよい。どの戦車を作ろうか迷ったら、中戦車を作っておけば良い。
  • 重戦車
    分厚い装甲と高い防御力を持つ。が、スピード遅い、コスト高い。攻撃力はコストの割に合っていない印象。工業力に余裕があるなら、敵戦車へのカウンターユニットとしてどうぞ。
  • 超重戦車
    ただでさえ装甲値の高い重戦車の2倍の装甲を持つ。要塞を攻略するのに一番効果的!だが、その分コストも高い上に歩兵よりも遅い。重戦車に満足できないマニアならご自由にどうぞ。
  • 現代戦車
    中戦車と同じ速さを持ちながら重戦車と同じ装甲を持つ最強の戦車。生産コストは重戦車と同等だが、装備要求数が中戦車並なので実質1師団に要求されるコストは倍近くなっており、まさにロマンの塊。生産資源は重戦車系に使われるクロム。
  • 自走砲
    対戦車攻撃力を犠牲に究極の対人攻撃力を持つ。突破、装甲、貫徹能力には期待しないでおこう。戦闘正面幅あたりの火力は非常に優秀。このユニットを師団編制に混ぜ敵歩兵を壊滅させよう!
  • 駆逐戦車
    自走砲と違い、対人攻撃力と引き換えに対戦車攻撃力を上げたユニット。他にも貫徹能力も優秀。防御はそこそこだが、対人攻撃力、突破はお粗末。対戦車攻撃力の低い標準タイプの戦車と違いを出せる。このタイプなら上位の戦車へのカウンターユニットとしても十分に活躍できる。(例:敵の中戦車に対してのカウンターユニットとしての軽駆逐戦車)研究レベルで他国より先行しているようならぜひ。
  • 自走対空砲
    支援対空砲では物足りない!だけど機甲師団に混ぜるには遅すぎる!という方におすすめ。

支援中隊

  • 工兵
    塹壕戦を手助けしてくれるほか、森林・密林・河川・湿地の移動で速度ボーナスが付く。研究を進めると、塹壕戦ボーナスがさらに増す他、要塞、河川、市街地での攻撃ボーナスも加わる。支援旅団として師団編制に加えれば防御面で素晴らしい効果をもたらしてくれる。特に河川を挟んだ防衛戦には非常に堅くなる。
  • 偵察兵
    湿地、砂漠、市街地以外で速度ボーナスを提供する。偵察力ももちろん加わるし、研究を進めればどんどん増加するぞ。偵察力の増加は師団を率いる指揮官がより有効な戦術を選択する手助けをしてくれる。敵国の指揮官スキルのほうがより優秀そうなら重要な役割となるだろう。
  • 憲兵
    制圧力を増加させる。パルチザン制圧用の騎兵師団のお供にどうぞ。
  • 整備兵
    信頼性を改善させる。信頼性が上昇すると、損耗や演習での故障を低減させてくれるので、生産コストの高い戦車を加えている師団に支援旅団として加えよう。
  • 野戦病院
    戦闘によるマンパワー損失を低減してくれるほか、師団損失による経験値の損失を低減してくれる。人的資源が厳しい国では重要。
  • 補給兵
    補給の浪費を抑える。多数のユニットを一気に運用する際やインフラが悪い場所で戦う時には有用。
  • 通信兵
    先制攻撃のチャンスを増やし、戦闘計画の準備スピードを増加させる。

師団編制の際の気をつけたいポイント

  1. 1プロビに80幅以上師団を置く場合、師団の戦闘正面幅は常に10,20、40のいずれかになるようにしよう。(大量突撃ドクトリンや元帥のスキルなどで戦闘正面幅が変化する時は例外)正面幅は通常は80で,他のプロヴィンスからの攻撃が一つあるごとに40増える。戦闘において自軍の師団の合計戦闘正面幅が規定より超えてしまえばその分だけペナルティを受ける。師団の戦闘幅を減らすか、戦闘幅あたりにより多くの大隊を投入するには大量突撃ドクトリンの「広域突破」「人海戦術攻勢」(どちらも歩兵系ユニットの戦闘幅-0.4)を取得するか、特性「攻勢ドクトリン」(全兵科の戦闘幅を-10%)をもつ陸軍元帥を指揮官を任命しよう。
  2. 支援旅団は戦闘正面幅を増やさないので、支援砲兵(あるいは支援対空砲兵・支援対戦車砲兵)をすべての師団に加えるのはいいアイデアで、彼らは師団のスピード、装甲化ボーナスに影響しないが、装甲・貫徹能力が低くなる場合がある。
  3. 師団の戦闘幅を10(あるいは11)として師団を編成することは、20(あるいは22)で構成するよりも戦闘正面幅あたりの火力は高くなる。しかし、その場合は準備コストや、編制に必要な陸軍経験値はより多くなります。殆どの国は歩兵師団は8個以上の大隊が初期段階ですでにセットされているので、その時点で戦闘正面幅は16となる。師団テンプレートから大隊を削除するのにも経験値は必要。
  4. 戦車系の大隊のみで構成された師団を編成することは絶対に避けましょう。戦車は組織率が非常に低いので、師団に自動車化歩兵や機械化歩兵を必ず加えよう。たとえ電撃戦ドクトリンツリーを採用しても、戦車系大隊のみの師団は数日しか戦闘を維持できない。
  5. 自走砲は戦闘正面幅あたりの対人攻撃力で他の追随を許しません。(それに砲兵が続く。)ユニットあたりの生産コストは同じでも、一大隊あたりの必要とされる装備量は砲兵大隊よりも自走砲のほうが最大で30%少ない。
  6. 関連して、支援砲兵、対空砲兵、対戦車砲兵、は他の前線に立つ大隊よりもさらに必要装備は少ないです。(もちろんその分能力も劣ります。)軽戦車、中戦車、重戦車の一大隊あたりの要求装備量はそれぞれ60,50,40。また、41年型での装備1単位あたりのコストは順に10/13/27である。すなわち、最終的なコストは軽戦車は60*10=600、50*13=650、40*27=1080である。
  7. 新しい師団テンプレートを作る際にはぜひ“複製”機能を覚えておきましょう。普通テンプレートを編集する際に、削除、変更、追加を1回するごとに陸軍経験値を5XP使いますが、複製機能で大幅に節約できます。例えば、軽戦車の師団と中戦車の師団をそれぞれ作り、どちらにも自動車化歩兵を加える編制を作る際、先に軽戦車+自動車化歩兵の師団テンプレートを作り、それを複製すれば、軽戦車大隊を中戦車に変更するだけでよい。そうすれば自動車化歩兵の分の陸軍経験値を節約できる。
  8. 領土の確保には師団の規模は関係ありません。いわゆる“塗り絵”をする際には自動車化歩兵1大隊のみの師団を編成して、無人の領土を確保させるということも出来ます。
  9. 組織率、装甲、貫徹能力はその師団の全大隊の平均値によりその師団の値を決めます。つまり、組織率の高い大隊を加えれば師団の組織率はあがり、組織率の低い大隊を加えれば師団の組織率は下がります。装甲・貫徹能力もしかりです。
  10. 陸軍元帥特性「防戦ドクトリン」(最大塹壕レベルを30%上げる)を持つ指揮官の師団に工兵がいれば、防衛戦にて驚くべき能力を発揮します。大規模作戦、大量突撃ドクトリンを採用しているなら、なおさら良いでしょう。

おすすめ師団編制

ここの師団編制はあくまで提案であって、最適解ではありません。その国の内情や戦況に応じて自分でぜひアレンジしてみてください。
()内は支援中隊

基礎的な歩兵師団(20幅)

【歩兵*10】(工兵/偵察兵)

安価で且つ編制だけならたいした研究が必要ありません。が、その他にさしたる特徴もありません。しいて言うなら守備に優れます。中小国向け。

発展的な歩兵師団 20幅)

【歩兵*7/砲兵*2】(工兵/偵察兵)

上に同じ。しかし攻撃面でかなり変化があります。これも中小国や、大国でも序盤の戦争に送り出す場合に有用。地形によって歩兵を山岳兵や海兵にすると更に強くなる。人的資源に乏しいなら支援中隊に野戦病院を。余裕がある場合は砲兵をロケット砲兵に転換するとより強力になります。

発展的な歩兵師団◆20幅)

【歩兵*8/砲兵*1/対戦車砲兵*1】(工兵/偵察兵)

敵に戦車が含まれており、,諒埓では抜かれる時に使えます。ただし戦車相手に攻勢をかけるのは厳しいでしょう。

装甲付き歩兵師団 (20幅)

【歩兵*6/砲兵*2/重戦車*1】(工兵/偵察)

歩兵に重戦車をつける事で装甲&対戦車能力をつけた構成。重駆逐に変えるという選択肢もありかもしれません。

より拡張した歩兵師団(40幅)

【歩兵*16/砲兵*2対戦車砲*2】(工兵/偵察兵/通信兵/補給兵)

様々な場面で活躍できる編制。戦車の攻撃を受け流しAIの歩兵を圧倒するでしょう。工兵、偵察兵は戦闘をを有利に運ばせ、補給兵は必要な補給を圧縮し、より多くの師団を運用できます。とりわけドイツ、ソ連、アメリカでは効果を発揮するでしょう。敵の航空機が多く、制空権を得られないならば支援対空砲兵を入れると良いでしょう。

大量突撃歩兵師団(40幅)

【歩兵*25】(支援砲兵/対戦車砲/工兵/偵察兵/補給兵)

大量突撃ドクトリンツリー歩兵系連隊が-0.4されるため歩兵を詰めた編成。従来の師団と比べ防御力が圧倒的に向上している。火力が足りないと感じたならば歩兵を削って砲兵系をいれると良い

砲兵師団 (20幅)

【歩兵*4/砲兵*4】(支援砲兵/ロケット砲兵/工兵)

普通の歩兵師団よりは組織率が低いが、正面幅あたりの火力は段違い。膠着した戦線を突破する役割を担える。ただし指揮統制が切れやすい傾向があり、予備師団の増援が間に合わずバタバタ撤退してしまう場合も。

対戦車師団(20幅)

【歩兵*8/対戦車*4】(対戦車砲/工兵)

対戦車攻撃力に優れている。8個師団以上の規模で予備として用意し、突破してきた敵の機甲師団を叩き潰すことができる。

より発展した対戦車師団(40幅)

【歩兵*16/対戦車*8】(対戦車砲/工兵)
対戦車能力と貫徹力が非常に優れている。軍単位で前線の後方に配置して敵機甲師団が突破した部分をカバーする事で戦車を消耗させ遅延、停止することができる

対空師団 (20幅)

【歩兵*9/対空砲*2】(対空砲/工兵)

基礎的な歩兵と比べて組織率は低下しているが、その分対空攻撃ができるようになった。敵空軍が優勢な地区に配置すればその地区でもましな戦いができる

機甲師団(20幅)

【戦車*6/自動車化歩兵*4】(工兵/偵察兵/整備兵/補給兵)

対人攻撃力、対戦車攻撃力共に優秀。自動車化歩兵で組織率をカバー。戦線の先鋒として突撃し、突破する役割はこの師団に任せよう。その後の敵のカウンター攻撃にも耐えられるぞ。
戦車を敵の戦車がいるようなら駆逐戦車、戦車がいないなら自走砲に変えると生産が複雑になるもののより有利に戦える。

発展した機甲師団(40幅)

【戦車*10/自動車化歩兵*10】(工兵/偵察兵/整備兵/補給兵/通信兵)

上記の機甲師団を単純に倍にしたものだが、対人攻撃力、対戦車攻撃力共に更に優秀に。戦車生産に余裕があり余り防御に使わないのなら幾つか自動車化歩兵を戦車に変えると更に強力に。また、同じように駆逐戦車、自走砲を混ぜることにより更に有利に戦える。

歩兵殲滅に特化した機甲師団 (20幅) 

【自走砲*4/自動車化歩兵*4(支援砲兵)

究極の対人攻撃力で、敵歩兵を次々と殲滅できる。組織率はかなりぎりぎり。自走砲は速度の速い軽がおすすめだが遅くとも1943年までには中に移行したほうが良い。

混成機甲師団

【自走砲*2/戦車*3/駆逐戦車*1/機械化歩兵*3】

様々な場面で使える機甲師団。攻めてよし守ってよし走ってよし。ただコストは高い。

自動車化ロケット師団

【自走ロケット砲*10/自動車化歩兵*8】(支援ロケット砲兵/支援砲兵/偵察兵/工兵/補給兵)

歩兵を最速で蹂躙する火力がある上に機甲師団より速い。とにかく速い。敵歩兵に対して追い越し殲滅がかかりまくる。川ですら彼らを止められない。しかし装甲化された敵は苦手。補給兵を支援対戦車砲兵に替えると少しはましになるかもしれない。

憲兵師団(8幅)

【騎兵*4】(憲兵)

パルチザンを潰そう。民需工場などを荒らされてはせっかくの戦利品も台無しだ。

守備兵師団

【歩兵*4/対空*2】(工兵/対空砲)

敵が戦車よりも空軍を投入してきそうな島や地形などを守らせるときに。

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 幅10の師団編成ってどうすればいいですかね? -- 2018-07-25 (水) 21:13:32
    • どういう場面で使いたいかによるが騎兵5の部隊はよく作る。包囲、塗り絵とパルチザン対策で活躍する。敵と当たると死者が増えるので、あくまでも補助用。 -- 2018-08-03 (金) 18:51:55
    • 大量右で歩兵5空挺で500師団用意する。 -- 2018-08-26 (日) 18:58:15
  • 支援中隊は歩兵5お好みで選んでもらうとして、歩兵5や歩兵3砲兵1対戦車もしくは対空1、戦車3自動化2 -- 2018-07-30 (月) 12:57:22
    • 途中送信と一個上に繋ぎ忘れ、打ち込みミスが多くて申し訳ない 上のような師団がありますが、歩兵5以外は指揮統制 が低く主力としては使いにくいです -- 2018-07-30 (月) 13:03:43
    • 途中送信と一個上に繋ぎ忘れ、打ち込みミスが多くて申し訳ない 上のような師団がありますが、歩兵5以外は指揮統制 が低く主力としては使いにくいです -- 2018-07-30 (月) 13:03:46
      • ありがとうございます -- 2018-08-02 (木) 13:51:26
  • 重戦車は、最初から開発しているドイツ以外だとあまり使わないような気がする。 -- 2018-08-06 (月) 06:44:11
    • 強いとか弱いとか以前に、かなりの工業力がないとまともに運用できないのがねぇ…けど、歩兵の装甲化ボーナス目的に1両付けとくのは悪くない -- 2018-08-06 (月) 19:01:34
      • ほんそれ。重対空自走砲なら運用コスト低いから、そっちなら使えるけど、重戦車はね…工業力あるなら足遅いけど歩兵の御供には強い。 -- 2018-08-07 (火) 00:59:56
      • 日本だとトラックつくらず -- 2018-08-08 (水) 18:38:44
      • 重戦車で国民党を北京からふみ抜け人的資源はめちゃ温存でき楽しい。ただ、それだけだが。 -- 2018-08-08 (水) 18:45:36
    • 重装甲車(自走,対空,駆逐)のための開発という感じにどうしてもなっちゃうよなあ.重自走の対人攻撃力は小国だと重宝(FLAKのほうが汎用性は高いが) -- 2018-08-26 (日) 23:14:53
  • 中小国で機甲師団作ろうとしたらどういうのになります? -- 2018-08-31 (金) 10:58:55
    • 1939くらいまでなら重自走対空1 砲兵1 歩兵8とかじゃないかな。 速度重視なら軽戦車3騎兵7とか。 -- 2018-09-03 (月) 10:07:14
      • 前者は多分機甲師団では無いような…という細かい話はさておき、装甲ボーナスを最も安価に得られる重対空自走砲を1両だけ歩兵師団に混ぜる前者が一番オススメ。軽戦車は結局中戦車と最終的なコストがあまり変わらないので、もし運用するなら軽駆逐や軽自走砲も合わせた方がいいと思う。 -- 2018-09-03 (月) 15:20:09
  • 戦闘幅の小数点ってこれ切り上げなの?切り下げなの? -- 2018-09-03 (月) 04:07:36
  • 皆さんは支援中隊何を入れていますか?オススメとかはあるでしょうか。ちなみに最近自分の中で評価が変わったものは… 1・野戦病院・人的資源に余裕がある国では採用していなかったのだが、経験値損失の回避が案外強いと再評価。 2・補給・機甲師団などに必ず採用していたが、インフラが劣悪な土地ではそもそも補給量の多い師団を採用するべきでは無く、通常の土地であればよほど大軍にならない限り補給切れは起こさないので、軍が膨れ上がる後半はともかく、優先的に採用しなくても良いという結論に。 -- 2018-09-03 (月) 15:49:50
    • 野戦病院は支援中隊のなかで最強だよなぁ。 -- 2018-09-03 (月) 23:45:04
  • ドイツの対ソ戦ぐらいの時期だとどんな編成がいいですか? -- 2018-09-08 (土) 20:48:07
    • そもそも独ソ戦をいつ始めるかに左右されるよ。史実の1941夏前提? -- 2018-09-08 (土) 21:38:05
    • そうです -- 2018-09-10 (月) 00:35:23
      • 1941なら英仏は占領済みだろうから、四号戦車を早めに開発しておいて、中戦車6自動車4の師団を48程度、歩兵8野戦砲対戦車の師団を128程度。戦車だけ手動で動かせば勝てる。手動絶対やらないマンなら、中戦車3自動車7の師団を128ぐらい作ってオートでもいい。いずれにしろ1940年戦闘機で制空取って、戦術爆撃機も用意しておこう。 -- 2018-09-10 (月) 11:19:36
      • 新兵の話か?内政にはかなり自信がある方だが1941夏じゃ戦車20歩兵80出すのがギリギリだろ。エアプはすぐバレるからやめようね -- 2018-09-10 (月) 18:20:56
      • あと41年にアシカ済ませるとかどこにそんな海軍があるんてすかねえ。HOI4が下手なのは分かったから嘘は書くなよ -- 2018-09-10 (月) 18:40:27
      • 1938にはアシカやって1939には主要国征服するaarがあるのに何いってんだこいつ -- 2018-09-11 (火) 12:09:54
      • 早めの正当化とか無しで普通にやって40年中にイギリス降伏させることもできるよ。あと41年独ソなら中戦車24、軽自走砲込み自走車48、歩兵24くらいしか用意できないけどどうにかなるよ。あとドイツで対戦車砲まで研究する余裕は無い。ちなみに一般兵ね -- 2018-09-18 (火) 04:06:01
      • ドーバーの制海権は船の数ではなく航空機で決まる -- 2018-09-18 (火) 04:08:51
      • 貧弱なドイツ海軍でドーバー渡ろうとするから駄目なんだよ -- 2018-12-14 (金) 07:21:28
      • ↑続き 初期の生産スロットに入ってる軍艦だけ作って艦隊を分割して北海と北海東部の制海権をとればニューカッスルかハルあたりに上陸できる。北海まで戦闘機派遣できる基地がオランダのホラントしかないから戦闘機を改良するか基地を増強すると楽 -- 2018-12-14 (金) 07:26:34
      • 盧溝橋事件までに山西or民国に英の独立保証を付けさせるとか初手フランスからのアントン作戦で楽々ドーバーに乗り込めるゾ -- 2018-12-25 (火) 16:57:17
  • 初手ポーランド次手イギリスは1939までには終わるから英仏占領は1941には間に合う -- 2018-09-10 (月) 23:18:38
    • アシカ作戦を開戦後数カ月で終わらせて中戦車48師団と歩兵128師団を41年夏に用意すること自体はうまい人なら多分普通に行けると思う -- 2018-09-11 (火) 00:40:50
    • ただ、それが達成可能できる状況とその状況を作り出せてる腕があるなら41年夏まで独ソ戦開始を遅らせてこんな大軍用意する必要性がないぞ -- 2018-09-11 (火) 00:48:53
  • カイザーライヒの話なのだか、どの国も機動戦を -- 2018-09-11 (火) 15:07:58
    • とるメリットが見当たらない。 -- 2018-09-11 (火) 15:08:38
      • 大抵が優先火力か大規模の二択になる。大量突撃?そんなのいました? -- 2018-09-11 (火) 15:09:47
    • 機動戦が弱いというより、機動戦を活かせるだけ戦車出せる国が少ない&出せる国ならわざわざ機動戦にしなくていい、という認識なんだがどうかな -- 2018-09-20 (木) 01:45:31
      • 戦車出せるなら普通に機動戦も強いと思ってる。戦車の台数増やして編成しても指揮統制保てるし -- 2018-09-20 (木) 01:47:49
  • 大規模って今ナーフされてるよね?塹壕補正が半分になってる -- 2018-09-13 (木) 05:36:38
  • 重戦車使いたくて色々考えてみたがやっぱり弱すぎんか…中戦車の1.66倍のコストで一番増加する対戦車でも1.57倍、貫徹と装甲1.4倍、と増えているところだけ見ても釣り合っていない。 -- 2018-09-20 (木) 01:41:14
  • なんだか混成部隊で川や山岳を越えてる人がいるみたいだけど少数の海兵隊や山岳兵でそんなに変わるもんかな?広く浅く配備するか狭く深く配備するか迷うのう -- 2018-10-07 (日) 15:25:13
  • 現代modの師団編成を教えてください。 -- 2018-10-17 (水) 17:49:39
  • 37年の中国側の貫通能力が1.5あたりだから、歩兵師団+軽自走砲1大隊で装甲ボーナスが得られてうまいね -- 2018-10-25 (木) 10:51:14
  • 軽戦車は鉄と油だけで作れるし、対人特化型にしても(ノーマル軽戦車から変換できる)かなり使えてお得な気がする -- 2018-10-26 (金) 13:22:23
  • 自動車化ロケット砲師団のやつ大量突撃前提?丸々そのまま作ると戦闘幅46になるんだけど -- 2018-11-10 (土) 18:43:39
  • 自動車化ロケット砲師団のやつ大量突撃前提?丸々そのまま作ると戦闘幅46になるんだけど -- 2018-11-10 (土) 18:43:40
    • 連投してしまいましたすいません -- 2018-11-10 (土) 18:44:14
  • 大量突撃右なら、20幅と10幅の混成で突撃し続けるだけで独くらいには勝てる。 -- 2018-12-01 (土) 19:02:05
  • ゲーム自体の質問ではないのですが、上の対空砲兵の解説にて対戦車攻撃力がある事とロンメル将軍はどう言う繋がりがあるのでしょうか? -- 2019-01-14 (月) 14:59:10
    • ロンメルが8.8cm高射砲(対空砲)をアラスの戦いにおいて対戦車攻撃に転用した、という逸話があったりします。なお8.8cm高射砲は開発時から対戦車攻撃に転用されることを想定していたとも言われています。そんな感じです。 -- 2019-01-14 (月) 16:54:59
      • そもそも高射砲兵の手元に徹甲弾があったってことが、そもそもドイツ軍が対戦車攻撃を想定していたことの証拠なんだよね ロンメル一人の閃きではありえない -- 2019-01-22 (火) 17:27:46
  • 歩兵12・対戦車4・砲4で幅40の場合は優勢火力ドクトリンは良いですか? -- 2019-01-21 (月) 02:03:50
お名前:

Top / Forums抄訳 / 初心者のための師団編制指南