Top / 冬戦争ルート(愛あん) / もし戦わば

冬戦争ルート(愛あん)/もし戦わば

もし戦わば

ふぃんらんどさん.png「もし戦わば」っても、絶対戦うんやけどなー と言うわけでスオミ代表の周防美衣や。

まんねるへいむ.png陸軍代表のマンネルヘイムだ。 このページは冬戦争までにどれだけの準備が必要かを分析する前置き的なものになる。

ゆーてぃらいねん.png空軍のユーティです。 でも空軍の出番は当分無いみたい……

ふぃんらんどさん.pngそれを言ったら海軍もやな。 でもな、いつかはちゃーんと空飛ばしたる!!

ゆーてぃらいねん.pngスオミの情勢が厳しいのは分かってる……でも空に帰りたい……

しも・へいへ.png人畜無害なムー○ン・トロール、ヘイヘ13だ。 貧乳あふれるスオミは俺が守る!!

ふぃんらんどさん.png貧乳で悪かったな!!

ゆーてぃらいねん.pngた、確かに大きくないけど……

まんねるへいむ.pngとりあえず、初期状態で必要な事をやった後、現状確認に入ろうか。

  1. 閣僚調整:内務大臣→消費財-10%(ユーティ)
  2. 閣僚調整:参謀長官→マンパワー+25%(ヘイヘ)
  3. 閣僚調整:空軍司令官→術爆・CAS強化(ユーティ)
  4. 閣僚調整:陸軍司令官→物資-15%(マンネルヘイム)
  5. スライダ:介入+1
  6. 生産:輸送艦*1
  7. 研究:基本工作機械
  8. 全ての海軍・旅団の廃棄
  9. 兵站管理持ちの昇進&ヘルシンキへの集結

 以上を実施したのちにセーブ&ロードを行った結果、このようになった。

_360101基本国力.png
_360101軍備.png
_360101閣僚.png

ゆーてぃらいねん.pngちなみに、バニラの閣僚の画像と名前の差し替えみたいです。 愛あん準拠じゃありません……

しも・へいへ.png歩兵12 山岳1 司令部1、すべて充足率100%というイカした初期軍備だ!!

軍備の選定

ふぃんらんどさん.png次は、どんなユニットを揃えるか、やな。

まんねるへいむ.pngと言っても、スオミの研究力・工業力ではどうしても歩兵メインとなるだろうな。
しかし、歩兵だけでは赤軍に対抗できないのも事実。

ゆーてぃらいねん.pngソヴィエトは戦車・自動車化が多いはず。 戦車対策は必須だと思う……

しも・へいへ.pngそれより重要なのは【冬戦争】って事だろ。 時間は赤軍の味方だ。
冬季にカレリアからたたき出さなきゃ勝負にならない。

ゆーてぃらいねん.pngでも、山岳兵はマンパワーの負担が厳しいはず……

ふぃんらんどさん.pngちょっとマンパワーの事はおいとこ。
歩兵でラインを敷いて守り、山岳兵で攻勢、旅団で敵の戦車に対抗する。
で行こか。

しも・へいへ.pngそうなると、旅団は対戦車砲か。

まんねるへいむ.pngいや、1939時点では対戦車砲より、砲兵の方が対戦車能力が高い。
以下の表を見てくれ。*1

名称IC時間労働物資石油対戦車対人対空速度制圧組織士気脆弱防御耐久防空開発年
基本型野戦砲56020.44025-141938
基本型対戦車砲56020.1403-121938
改良型野戦砲66020.48026-141940
改良型対戦車砲56020.1605-131940

ふぃんらんどさん.png戦車の脆弱性は30%で見積もると、
野戦砲は 2*0.7 + 5*0.3 = 2.9
対戦車砲は 3*0.7 = 2.1
どうみても砲兵が有利なんや。
攻撃されたときも砲兵のほうがしぶとい。

まんねるへいむ.png40年式になると
野戦砲は 2*0.7 + 6*0.3 = 3.2
対戦車砲は 5*0.7 = 3.5
これでも対戦車砲の優位はそれほど高くない。

ゆーてぃらいねん.pngでも、物資の消費が大きいのが砲兵……

ふぃんらんどさん.pngそれは確かに厳しいけどな。
今度は歩兵系と比較してみるで

名称IC時間労働物資石油対戦車対人対空速度制圧組織士気脆弱防御耐久防空開発年
39年式歩兵795101.0021234230%30%100%181541939
39年式山岳8150150.8021035340%40%100%181841939
41年式歩兵795101.0041445230%30%100%241951941
41年式山岳8150150.9041245340%40%100%242451941

ゆーてぃらいねん.png39年歩兵と38年砲兵の対戦車能力は一緒……

しも・へいへ.pngつまり、旅団無しの歩兵を増やすよりは、砲兵を完備させたほうが冬戦争の段階ではコストパフォーマンスがいい訳だ。

ふぃんらんどさん.png本当は41年歩兵を作れれば最高なんやけどな。 さすがに間に合う訳がないんよね。

研究するもの

ふぃんらんどさん.pngユニットも決まったんで、次は研究についてやな。
これも1ライン国家としては、相当考えんと間に合わん。
ちなみに冬戦争は大体1939/11/15-11/20あたりで発生する。
よって使える日数は概算で1400日や!!

まんねるへいむ.png歩兵・砲兵・山岳兵は最新鋭であるべき。
また、陸ドクトリン、暗号で劣っていては勝ち目は無い。
工作機械ももちろん必要だが、これについては1年の遅れは許容する。
よって以下が冬戦争までに研究すべき一覧となる。

名称系統開発年青写真計算機LV必要日数開発済
基本工作機械産業1936×0+2124
改良工作機械産業19370+276
発展工作機械産業19382+279
発展建築技術産業19383+276
機械化農業産業19360+275
農業化学産業19360+262
農業生産産業19360+2100
人口統計産業19360+287
基本計算機産業19361+2119
改良計算機産業19382+2124
基本暗号作成産業19373+282
基本暗号解読産業19383+2100
改良暗号作成産業19393+282

ゆーてぃらいねん.png産業系だけで、すでに合計1184日…… 全部で1400日しかないのに……

しも・へいへ.pngちなみに、最適研究機関が年次どおりに研究した時の概算だ。 産業研究+10%は計算機レベル+2で代用している。

名称系統開発年青写真計算機LV必要日数開発済
塹壕戦陸ド19363+096
大規模陸ド19383+096
初期病院陸ド19383+093
初期型砲兵火砲19363+033
基本型砲兵火砲19383+033
基本型歩兵歩兵19393+059
基本型山岳兵歩兵1939×3+0138
後方集積所歩兵19363+064

ゆーてぃらいねん.png合計612日…… ざっと合計1800日分が必要……

ふぃんらんどさん.pngご名答や。 つまり、2ライン化は必須、それも1938年の10月には達成しておらんとアウトやな。

まんねるへいむ.pngうまく生産ラインを回せば、1938の5月には大体2ラインにはできる。 逆に言えば、これだけ研究した上で150日分程度は余力があると言えよう。

名称系統開発年青写真計算機LV必要日数開発済
フライングサーカス空ド19363+040
作戦的破壊空ド19373+035
初期型爆撃機航空19363+0104
改良生成技術産業19383+271

ふぃんらんどさん.pngいずれは空軍もそろえなあかん。 青写真をたかるためにも、これだけは研究しておくつもりや。

軍拡について

_360101基本方針.png

ふぃんらんどさん.pngさーて、そろそろ長くなったが実はまだまだつづくんや。

まんねるへいむ.png本編の読解にはそれほど重要なページではない、面倒になったら飛ばして良いだろう。

ふぃんらんどさん.png次はいよいよ、どれだけの軍備があれば勝てるかやな。
ヘイヘ、とりあえず冬戦争のしょっぱなで半島から赤軍を追い出すのに、どれだけの軍備が必要や?

しも・へいへ.png国境プロビは全部5つ、冬場とはいえ、ラインを敷くだけで歩兵6は欲しい所だ。
これだけで30師団。
さらに攻めに出るなら山岳兵が最低6、司令部除いて、36師団あれば勝てるな。

ふぃんらんどさん.png妥当な計算やね。 しかし、それだけ揃えるにはスオミは国力が不足しているんや。


ゆーてぃらいねん.png
初期マンパワーは46、歩兵11、山岳1で、換算して171。
スオミのマンパワー増加は初期は0.12、農業開発で0.14まで増える……
概算で300*0.12 + 1100*0.14 = 208。
合計379マンパワーが利用できるみたい……


しも・へいへ.png単純に足りないな。 まあ歩兵や砲兵を買い上げればギリギリカバーできそうな範囲にも感じるが。

まんねるへいむ.png不足している国力は、実はマンパワーではない。 物資生産のIC、及びTCだ。

ふぃんらんどさん.png実はそうなんや。 ライン2本にする基礎IC20だと、実効ICは25。
しかも大した資源が無いんで、物資を作って売らなやっていけん。
そうなると無理なく維持できる軍隊は大体24師団なんやなー

しも・へいへ.png実効IC1あたり歩兵1か、しかしいくらなんでも24師団では足りないぜ。

ふぃんらんどさん.pngICは工場建てて増やせばいい。 だけどその為には最低限のICの余力が必要。
せやから、間を取って歩兵24、山岳6、司令部1の31師団を目標としよか。

まんねるへいむ.png
歩兵+砲兵*12を購入
山岳兵*5を生産
砲兵*18を生産
輸送艦*3の生産
が軍拡の目標となる。
本当は全て購入できればいいのだが、成功率50%に持ち込むだけで物資2500付近が必要だ。
しかも連合国は山岳兵を研究しない事から、39年式のアップグレードも自力でやるとなると、山岳兵は購入の意味が薄すぎる。

資源について

ふぃんらんどさん.png資源に関して言えば、スオミは無産国家やな。
ICの維持も出来ない部類や!!

ゆーてぃらいねん.pngそんな胸を張って言わなくても……
でも、希少資源以外は輸出できそうなものは何も無い……

まんねるへいむ.pngIC増産が前提ゆえ、それもいずれは不足する。

しも・へいへ.png工場建設を考慮すると、実効IC換算で45ぐらいで計算しておけばいい感じか。
1950年まで無補給だとすると、


エネルギー216k
金属111k
希少資源76K


が不足するぜ、エネルギーに関してはどうせ石油に変換されちまうからもっと必要だろうな。

ゆーてぃらいねん.png石油に変換されるのは、実は無視できない要因……
実効IC45で、変換効率が0.1だと、毎日エネルギーは45も減っていく……

ふぃんらんどさん.pngよーゆーた!! そう、この変換がポイントなんや。
エネルギー:石油の貿易レートは大体3:1、だから変換レート0.4になる1940年式のプラントまでは開発せんと、生きていけないっちゅーこっちゃ。
鉄はスウェーデンが出してくれるから問題はあらへん。
エネルギーは滅亡するまではドイツから買えるやろ。
せやから、どうしても貯めとかなあかん資源は実は希少資源なんや。
目標は、物資20K、希少資源20K、あたりにしておこか。

まんねるへいむ.pngこんな量、普通にやったら到底不可能だ。 よって連合国のODAを活用して資源を溜め込む事とする。
信義にもとる行為だが、我々の抵抗は間接的に連合国を利するとも言えなくは無いだろう。

しも・へいへ.pngまあ、なりふり構ってもいられんだろう。
取れるものは分捕っていくか。

ゆーてぃらいねん.png連合さん……ごめんなさい……


冬戦争ルート(愛あん)/1936へ進む


*1 DATAwikiからの転載

Top / 冬戦争ルート(愛あん) / もし戦わば