Top / HOI3 / 支那事変 ー事変を事変で終わらせるー / 上海決戦

HOI3/支那事変 ー事変を事変で終わらせるー/上海決戦

HOI3/支那事変 ー事変を事変で終わらせるー

華北戡定戦

華北で一大攻勢を発起

一先ず南京を陥落させた皇軍はその矛先を華北に転じた。
支那事変は華北は北平で始まったのにも拘わらず、華北戦線が事変勃発以来微動だにせず、
指呼の間にある北平に手出しきないというのは道理が通らない。何よりICが欲しい。

しかしながら両軍境界線上を真一文字に流れる永定河は渡河ペナルティ-50%を攻撃側に与え、
正攻法ではどうしようもない。ではどうするのか?

牟田口廉也.png 正面が駄目なら、背後に回ればいいではないか。

http://art53.photozou.jp/pub/85/289085/photo/108439014_org.v1321168375.jpg

かくして華南より華北へ転戦した皇軍は敵背面に上陸し、動揺する敵軍を排除しながら
天津、北平、張家口を相次いで攻略。そのまま西進し37年末までに察哈爾省を完全占領した。
東條英機念願の察哈爾作戦である。

http://art63.photozou.jp/pub/85/289085/photo/108440485_org.v1321167935.jpg

37年を通して華北、華中、華南に一大根拠地を相次いで樹立する偉業を成し遂げた帝國軍であったが、
38年度最初の作戦は如何なるものになるのであろうか。
血気逸る参謀本部では37年末に察哈爾省を確保したことを弾みにして、
一気に黄河以北の華北全土を解放すべきという意見が強まった。曰く、

東条英機.PNG 察哈爾省より山西省に雪崩れ込み、太原の閻錫山の息の根を止めるべし。

東条hideki.png 山東半島一帯を攻略して華北、華中の占領地を連絡し、補給を一体化することにより戦略上有利ならん。

このような意見をもとに前線の実情を知らぬ、掛け声だけは勇猛果敢な参謀本部は、
一挙に華北全体を戡定する無謀とも知れぬ一大作戦「三号作戦」を立案した。

華北戡定 三号作戦

http://art60.photozou.jp/pub/85/289085/photo/108438870_org.v1321170087.jpg

三号作戦は三段階に分けられる。
〇嚇貳湘腓鮴衫里群河南岸沿いに戦線を構築する。
華北一帯を占領し黄河と永定河分流部まで進出、両河を防衛線とする。
2河と永定河で挟まれる太原を攻略する。

作戦の要諦は、攻撃の障害となる河川を自らの侵攻に対する防衛線として利用できるような進撃路を選定することにある。
また作戦目標を分割し一つ一つが容易に達成できるようにすれば、全体の成功も自ずと容易となるだろう。

http://art30.photozou.jp/pub/85/289085/photo/108438836_org.v1321167496.jpg

一月下旬、山東半島の先端にある港湾都市青島に皇軍の一部隊が上陸。
飛んで火に入る夏の虫、と中国軍はこれを包囲しかかるが、これは皇軍の巧妙な陽動作戦であった。
二月上旬、山東半島北部に突如上陸した皇軍の別働隊は中国軍が対応する隙を与えぬまま、山東半島全体を占領した。
青島の部隊もこれに呼応、両部隊に挟まれた敵軍は忽ち殲滅された。

さらに三月には永定河および山東半島一帯の黄河の流域の両戦線の中央に自動車化部隊が上陸。
両側面の敵にわき目も振らず前進した自動車化部隊は、狼狽した敵軍の作った隙に乗じて包囲網を形成した。

http://art64.photozou.jp/pub/85/289085/photo/108438756_org.v1321167476.jpg

この頃、上海一帯で中国軍の反攻により防衛線の一角が崩壊したものの、
華中の皇軍は既定方針に基づき防衛線を縮小するため一斉に撤退...ではなくて転進を開始。中国軍の総反攻は肩透かしに終った。
このように優勢な敵の反攻に対しては、穴を塞ごうと抗って余計に戦力を消耗するよりもよりも、
戦力を温存しつつ一気に引いてしまう方が望ましいこともある。

http://art60.photozou.jp/pub/85/289085/photo/108547397_org.v1321194513.jpg

4月、華北の全部隊は、包囲した敵を掃討を終えた自動車化部隊を先頭に攻勢に転じた。
折しもこの頃より敵空軍の空襲が激しくなり、確認したところソ連義勇航空隊の存在が明らかとなった。
そして司令官はアメリカ人のシェーンノートである。一体両国は何ゆえ中国に肩入れするのであろうか。
両国の偏った外交政策は何れ正される日が来るであろう。

http://art55.photozou.jp/pub/85/289085/photo/108438684_org.v1321167456.jpg

膺懲の鉄槌、遂に下る! 山西軍閥壊滅

6月、内陸部の低インフラに悩まされつつも皇軍は、共産党の勢力圏に近い中条山脈まで進出。
そして帝國軍の重囲下に陥った太原も遂に陥落し、山西軍閥は降伏した。
山西軍閥が瓦解した跡地には卑劣なる共産党が進出しつつあるが、
共産党軍は弱体であり今のところ大きな問題は発生していない。
かくしてたったの半年で華北の戡定はなったのである。

http://art30.photozou.jp/pub/85/289085/photo/108438563_org.v1321184471.jpg

38年6月頃の華南戦線 

http://art11.photozou.jp/pub/85/289085/photo/108438641_org.v1321167445.jpg

AIハメを繰り返すこと約10回。遂に広西軍閥は戦線を維持する戦力を喪失したようだ。
帝國軍が一敗地見えた華中でも、崩壊した華北戦線を再建すべく中国軍戦力の抽出が行われ、
その戦力は大きく弱体化しているようだ。

華北を平定した皇軍は次にどこを目指すのであろうか。
華北より雪崩を打って湖北、湖南に突入するのであろうか。
それとも手薄になった華南に乗り込み、一挙ビルマルートを粉砕するのであろうか。
はたまた上海一帯での雪辱戦を敢行するのであろうか。

答えは参謀本部で微笑をたたえながら連戦連勝の報告を聞き入っている将軍のみぞ知る、である。

1938年7月〜 最終攻勢-事変集結


Top / HOI3 / 支那事変 ー事変を事変で終わらせるー / 上海決戦