Top / HOI4 / しょしんしゃのほーい! / 11

HOI4/しょしんしゃのほーい!/11

HOI4/しょしんしゃのほーい!

コメント返し

チェンバレン.png コメント返しだよ。興味の無い方は飛ばしてね

+  ← 開く

中共降伏

5月20日

ヒトラー.png やっと降伏したか・・・アカ共はしぶとくていかん

中共降伏.png

ムッソリーニ2.png つい最近まで内戦してたのに、団結度高いよなこいつら

スターリン.png うちの連中にも見習わせたいものだ

ヒトラー.png お前んとこは人がいなくなったのが原因だと思うんですけど(名推理)

渡河包囲.png

ムッソリーニ2.png 中華人民共和国が降伏して日本の領地になったおかげで、中華民国軍の一部を包囲する形になったな

ヒトラー.png この機を逃す訳にはいかん。渡河戦闘だが構わず前進、残敵を包囲する!

支援部隊配備

ヒトラー.png あ、陸軍経験値溜まったな。忘れない内に、軽戦車師団へ支援中隊を配備しよう

装甲支援中隊.png

ヒトラー.png 基本の工兵・砲兵に加え、整備兵と補給兵を追加だ。戦車もトラックも生産コスト高いし、物資使用量が多いからな

ムッソリーニ2.png 残りの一つは偵察兵か?

ヒトラー.png うむ。また経験値が溜まったら追加しよう

南へ行こう.png

スターリン.png 包囲した敵は殲滅したぞ

ヒトラー.png 西は山岳で跳ね返された思い出があるから、南へ進んで上陸した日本軍との合流を目指すか

6月29日

ムッソリーニ2.png 空ドク:低層支援の研究が終わった

ヒトラー.png よしよし。次はいよいよ分散戦闘だな

分散戦闘.png

 

7月1日

ヒトラー.png なぜか渡河戦闘(しかも大河)にこだわる日本軍を横目に敵後背へ回り込み、小包囲しつつさらなる包囲を狙うぞ

後背浸透.png

ムッソリーニ2.png 敵の数も明らかに減ってきた。これまでなら7〜8師団は集まって防御してくる所だったが、戦線を維持するので精いっぱいらしい

スターリン.png 今までの戦闘で、30師団以上は包囲殲滅しているからな。工業力に乏しい中華民国にとってはかなりの痛手だろう

(資源が)ないです

7月4日

ヒトラー.png うーむむむ・・・

ムッソリーニ2.png どうした、難しい顔して

ヒトラー.png 軍需工場は順調に増えているんだが、資源が全く足りないのだ

スターリン.png 戦車を全力生産している影響で、石油はおろか鋼鉄にまで不足が出始めているぞ

ムッソリーニ2.png 貿易では駄目なのか?

ヒトラー.png ある程度は凌げるが、今は1939年の7月だ。既に大戦勃発まで秒読み段階に入ってしまっている

ムッソリーニ2.png 連合国海軍による貿易封鎖か・・・

ヒトラー.png 実はそれ対策で一つ考えてる事があるんだが、それには大量の石油とゴムが必要なのだ

ムッソリーニ2.png 石油と、ゴム・・・合成製油所を作るのは?ちょうど民需が空いたようだし

スターリン.png 集中工業靴慮Φ罎終わってスロットに新たな空きができるまでは、あと71日かかる

トスカーナ製油所2.png

ムッソリーニ2.png インフラ100%の所にこだわらなくても、90%のトスカーナなら68日で建つみたいだぞ

ヒトラー.png 合成精製所はかなりコストが高いから、できる限りインフラの整った場所にしたいんだ

スターリン.png では集中工場靴慮Φ羇偉擦泙任老骸を建て、スロットが空き次第合成精製所を建てるか

ヒトラー.png 掘削技術を研究する手もあるんだが、研究日数が長い割に肝心かなめの石油とゴムがあまり手に入らないからなぁ

掘削技術.png

スターリン.png 鋼鉄を補充できるというのはありがたいんだがな。もう少し合成精製所を建ててからなら、うま味のある技術になるだろう

ヒトラー.png うま・・・何だって?

スターリン.png み

ムッソリーニ2.png あじ

スターリン.pngムッソリーニ2.png は?(威圧)

ヒトラー.png あ、喧嘩するならよそでやってね

連合海軍対抗計画

ヒトラー.png それじゃ、イタリアの資源事情をおびやかす、連合海軍に対抗する為の計画を話すぞ。お前らもいい加減落ち着け

スターリン.png 仕方ないな

ムッソリーニ2.png 聞こうじゃないか、その計画とやらを

ヒトラー.png うむ。まず大前提として、イタリア海軍だけでは連合国の海軍にかなわない

ムッソリーニ2.png 我が国の海軍戦力は現時点で戦艦3、重巡8、軽巡12、駆逐81、潜水艦52の計156隻だ

スターリン.png スパイの情報によると、フランスの保有艦艇数は125〜158隻。イギリスに至っては243〜285隻もあるな

ヒトラー.png 海ドクや船は全く研究していないが、それはフランスとて同じだろう。奴らに海軍関係を研究する余裕があるとは思えん

ヒトラー.png よってかの国との海軍戦力は、保有数・性能共にほぼ互角というわけだ。行動範囲を地中海に絞れば、対等に戦えると思う

ヒトラー.png が、問題はイギリス海軍だ。高い研究力による最新式のドクトリンと艦艇、豊富な工業力を活かした大規模な造船所・・・

スターリン.png 質・量共に、こちらを圧倒しているだろうな

ムッソリーニ2.png フランス海軍だけでもギリギリなのに、イギリス海軍にまで参加されてはあっという間に制海権を取られてしまうぞ

ヒトラー.png そうだ。対抗しようにも、イタリアは陸軍の拡充に手一杯で造船所の数は少ない。一度海軍を失えば、再建はほぼ絶望的だろう

ヒトラー.png よって艦隊戦力での対抗はせず・・・対艦攻撃機を使った航空攻撃で、敵海軍を撃滅する戦法を取る

ムッソリーニ2.png 対艦攻撃機?そんなのあったのか

ヒトラー.png うむ。実は本AARやデータ集/空兵器性能のコメント欄で言及されてるのを見て気づいたんだがな

スパルヴィエーロ.png

スターリン.png 1936年式、SM.79 スパルヴィエーロ。こいつか

ヒトラー.png 幸いにも、イタリアは初期段階で対艦攻撃機が解禁されている。今からこれを全力で生産するぞ

ムッソリーニ2.png 運用はどうするんだ

ヒトラー.png まま、そう焦んないで。ちゃんと説明するからさ

ファルコ・プラン

ヒトラー.png それでは、対艦攻撃機による敵海軍撃滅計画。別名ファルコ・プランについて解説する

ムッソリーニ2.png え、何その名前は・・・

スターリン.png ま〜た素人考えに大層な名前付けちゃって。大恥かいても知らないぞ

ヒトラー.png うるさいな、こういうのは雰囲気が大事なんだよ。シミュゲーを楽しむための、ちょっとしたスパイスって奴さ

スターリン.png そういうのは胸の中だけに留めておけばいいものを・・・

ヒトラー.png ゴホン。・・・え〜、まずはこれを見てくれ。図を見ながらのほうが分かりやすいだろう

地中海封鎖計画3.png

ヒトラー.png まず作戦の第一段階は、地中海の制圧だ。北アフリカとエチオピアから進軍した陸軍によってスエズ運河を封鎖し、背後の安全を確保するぞ

ヒトラー.png こちらには山岳師団と、新編した装甲師団を当てる。ジブラルタル方面は山岳が多いからな

ヒトラー.png 空海軍はティレニア海及び紅海へ展開。フランス海軍と両海峡から入ってくるイギリス海軍を迎撃する

ムッソリーニ2.png 空軍はともかく、ただでさえ少ない海軍を分散配置して大丈夫なのか?

ヒトラー.png スエズ運河を封鎖するまでの辛抱だ。何より、英仏はまずドイツへ対応しなければならないからな。こちらへ割ける戦力は、そう多くないだろう

ヒトラー.png スエズ運河の封鎖に成功したら、紅海に展開していた部隊を地中海西部へ移動させる

ヒトラー.png スエズ攻略部隊と同時に進撃を開始したジブラルタル攻略部隊が海峡を制圧するまで、敵海軍を迎撃するぞ

スターリン.png ジブラルタル方面には、山岳師団か

ヒトラー.png ああ。補給が許す限りの部隊を送って、なるべく早期に封鎖したい所だ

ムッソリーニ2.png 対岸は国粋派スペインに任せるんだな?

ヒトラー.png 大戦が始まって国際緊張が跳ね上がれば、彼らも枢軸か我が陣営に加入するだろう

ヒトラー.png なるべくこちらに引き込みたいところだが・・・ま、対岸を制圧してくれればそれで十分だ。多くは求めん

ファルコ・プラン.png

ヒトラー.png ジブラルタルを封鎖したら、作戦を第二段階へ移行。空海軍の戦力をイベリア沿岸とアフリカ沿岸に配置する

ヒトラー.png この二つの海域で、ジブラルタル侵入、及びアフリカを南から迂回しようとするイギリス海軍を叩く。危なくなったら地中海へ逃げ込めるしな

ヒトラー.png 以上が計画の概要となる。・・・ねぇねぇどうかな?

スターリン.png ふむ。イベリア沿岸はかなり広い海域だが、航空機の航続距離は足りるのか

ヒトラー.png 万一の場合はジブラルタルの制圧部隊を一部割いて、北西アフリカを攻略。航空基地を建設し、空海軍の展開範囲もアフリカ沿岸に絞る

ムッソリーニ2.png イギリス海軍はちゃんとそこを通るんだろうな?

ヒトラー.png イギリスはアジア方面から大量の資源を輸送している。そしてこの輸送船の航路だが、自動で最短のものが選択されるようなんだ

ヒトラー.png つまりイギリスは地中海を封鎖された場合、アジア方面の貿易路を守るため、アフリカ沿岸を通過せざるを得ない。そこを仕留める

スターリン.png 対艦攻撃機がメインという話だが、そもそも制空権は取れるのか?

ヒトラー.png さっきも言ったが、英仏はまずドイツに集中するだろうからな。戦闘機自体も企業と空ドクで性能を底上げされてるし、同数なら負けんだろう

ムッソリーニ2.png うーん・・・ひとまず、他には思いつかないな

スターリン.png 後は実践してみるしかない。最悪でも第一段階、地中海の封鎖は成功させたいところだ
 
 
 
スターリン.png ちなみに、計画名のファルコってのはどこから取ったんだ

ムッソリーニ2.png スパルヴィエーロ・・・ハイタカ、か。なるほどな

ヒトラー.png うむ。本作戦の主役となる、対艦攻撃機スパルヴィエーロはハイタカのイタリア語だ

ヒトラー.png そしてその大元となるタカのイタリア語。つまりファルコから取ったという訳だ

ムッソリーニ2.png ちなみにこれ、間違えてたらどうするんだ?テキトーにネットで調べただけだろう

ヒトラー.png しれっと修正しとくから大丈夫

陸軍展開

ヒトラー.png それじゃ、計画に沿って部隊を配置していくぞ

北アフリカ補給.png

ヒトラー.png 北アフリカの補給状況だ。スエズ方面は14か

ムッソリーニ2.png 軽戦車師団の物資使用量は1.50だから、既存の3師団を配備したとして、残りは9.50だな

ヒトラー.png 山岳師団の物資使用量は?

スターリン.png 1.14だ。つまり8師団は配備できるという事になる

ヒトラー.png あれ、けっこう補給食うんだな・・・支援中隊フル装備のせいか

スターリン.png 戦闘正面幅を考えれば、それくらいがちょうどいいだろう。残りは予備として後方待機や港の防衛をさせておけばいいしな

ヒトラー.png ジブラルタル方向は24だから、21師団は動かせるな。攻略・予備部隊合わせて20師団を送ろう

ヒトラー.png こちらは北方エチオピアの補給図だ。こっちも20師団は動かせそうだな

北エチオピア補給.png

スターリン.png 侵攻先の地帯はインフラが17だから、14師団しか動かせない。気をつけろよ

ヒトラー.png ああ。どっちにしろジブラルタル攻略の分もあるから、あまりこちらには割けないだろう。10くらいかな

誤輸送.png

ヒトラー.png あ、いっけね

スターリン.png どうした?

ヒトラー.png 間違えてエチオピア方面に20師団輸送しちゃった。ほんとは半分だけ送るつもりだったのに・・・中止中止っと

ヒトラー.png ・・・あれ、できないんだけど

ムッソリーニ2.png どうも海上輸送は中止できないっぽいな

ヒトラー.png まずったなぁ。開戦前だったからまだいいけど、ジブラルタル方面の配備が遅れるかもしれん

ムッソリーニ2.png しかし山岳師団は合計で50しかいないのに、アフリカ大陸へこれだけ送ると本土防衛隊がほとんどいなくなるぞ

ヒトラー.png 思ったより全然足りないな・・・装備の備蓄は充分あるし、5ラインくらいで追加徴兵しよう

ムッソリーニ2.png 今からで間に合うか?

スターリン.png すぐに戦闘する部隊ではないし、早期徴兵と演習を組み合わせればなんとかなるだろう

海軍展開

ヒトラー.png 海軍の編成は以下の通りに分ける。第一艦隊がジブラルタル方面のティレニア海担当、第二艦隊がエチオピア方面の紅海担当だ

海軍編成.png

ムッソリーニ2.png 第一艦隊は英仏2ヶ国の海軍と戦う事になる。厳しい任務となるだろう

ヒトラー.png それぞれの部隊は、担当する海域にて海上戦闘哨戒。散開度の低さは海域を一つに絞る事で補うぞ

スターリン.png 質・量共に劣るイタリア海軍では、たとえ敵を見つけても、合流する前に蹴散らされかねんからな

あとは待つだけ

ヒトラー.png よし。各軍の配備も終わったし、後は開戦まで内政しつつ待とう

7月13日

スターリン.png 1939年式歩兵装備の、MAB-18の研究が終わった

ヒトラー.png 中戦・・・いや、建築靴

建築3.png

ムッソリーニ2.png 戦車はやらないのか?

ヒトラー.png 中戦車は軽戦車と違ってタングステンを2つ使うようなんだ。今の状況では15ライン、計30個のタングステンを賄えない

同日

ヒトラー.png う〜ん、空軍ドクトリンを短縮するアメデオ君を雇おうと思って、政治力溜めてたけど・・・

ヒトラー.png もうすぐ開戦だし、陸軍を強化しておこうか。バドリオ君を採用だ

バドリオ.png

ムッソリーニ2.png またも採用見送り・・・

スターリン.png 運が無いというか、何というか・・・

7月15日

ムッソリーニ2.png NF:リビアのインフラが終わったぞ

ヒトラー.png よし。陸ドクボーナスのある陸軍近代化を目指して、砲兵近代化を始めよう

砲兵近代化.png

再び分岐

7月18日

ムッソリーニ2.png 今度は陸ドクの機械化攻勢が完了だ

ヒトラー.png 噂をすれば、だな。そのまま下の・・・ってあれ、分岐か

ドクトリン分岐その2.png

ヒトラー.png なんか見づらくない?

スターリン.png 勘弁してやれ。ゲーリング君が、うんうん言いながら編集してたぞ

ムッソリーニ2.png 左は戦車と航空機を強化するルート、右は全体を強化するルートのようだが、どっちにする?

ヒトラー.png 右の「衝撃と畏怖」ルートだ。対戦車攻撃力よりも対人攻撃力のほうが影響が大きいからな。どんなに精強な機甲師団も、支えているのは歩兵だ

スターリン.png 歩兵や機甲師団の指揮統制にボーナスが付くのも大きい。歩兵主体のイタリア軍には、こちらが合っているだろう

戦車比較.png

ヒトラー.png う〜ん、中戦車か・・・強いなぁ。やっぱり研究するべきかな

スターリン.png どうした、そんなに戦車の開発画面を見つめて

ヒトラー.png いやぁ、さっき中戦車の開発を後回しにしてたんだけど、何か引っかかっちゃってさ。どうしようかなって

ムッソリーニ2.png 装甲と貫徹は段違い、対戦車攻撃力も2倍以上あるぞ

ヒトラー.png 強いな〜、でも研究枠がな〜、コストも資源も多いしな〜

ヒトラー.png ・・・よし、決めた!1939年式中戦車、フィアットM11/39を研究開始だ!

ムッソリーニ2.png いいのか?

ヒトラー.png やる!やっぱ中戦車欲しい!

ムッソリーニ2.png (・・・陸ドク研究するんじゃなかったのか)

スターリン.png (他の事考えてたら忘れたんだな。そのうち研究スロットを見て気付くだろう)

7月28日

ムッソリーニ2.png そういえば、義勇軍はどうなっているんだ?

ヒトラー.png 上陸した日本軍と合流すべく西進中だ。包囲も少し狙ってみたが、ほとんど逃げられた

日本と合流.png

スターリン.png 川向うが手薄なようだぞ。今のうちに渡った方がいいんじゃないか

ヒトラー.png そうだな。立てこもられてもめんどうだし、そっち先に行こう

無理.png

ヒトラー.png くそー、跳ね返されたか

ムッソリーニ2.png こうなっては無理な攻撃は消耗するだけだ。左に抜けて、川のこちら側に残った敵を包囲しよう

ならば左.png

ヒトラー.png よーしよし。一部の逃げ遅れた奴らを捕らえたぞ

スターリン.png 問題はこの後だな。目の前に広がる大河をどうするか・・・

ムッソリーニ2.png おい、急報だ!これを見ろ!

拒絶.png

ヒトラー.png このニュースは・・・!

スターリン.png ついにこの日が来たか

9月24日

ムッソリーニ2.png ドイツがポーランドに宣戦。第2次大戦開始だ!

ポーランド宣戦.png

ヒトラー.png やばい、どうしよう。急に不安感が

スターリン.png さて、どうなるだろうな

次回へ続・・・く?

トハチェフスキー.png あ〜終わった終わった。なんとか目標通りに公開できたよ

バルボ.png 回数を重ねるごとに文章が多くなっていくな。書き終わったあと最後のチェックをしようと思ったが、力尽きてしまった・・・

トハチェフスキー.png 例の計画もそうだし、ドイツが動き出すまでたどり着きたかったからね。あ、ゲーリングも画像編集お疲れ様

ゲーリング.png ああ。総統閣下は少し不満だったようだがな

トハチェフスキー.png 画像のサイズに限度がある以上、文字を見えるようにするならぎりぎりの配置になるからね。あれはもう仕方ないよ

バルボ.png いや〜しかし、これで次はとうとう世界大戦だな。盛り上がってきたぞ

トハチェフスキー.png ああ・・・うん。そうだね

ゲーリング.png どうした、歯切れが悪いぞ

トハチェフスキー.png その、実は・・・次の投稿はちょっと、遅くなるかな〜って・・・

ゲーリング.png おい、これからおもしろくなってくる所なんだぞ?何か用事でもあるのか?

トハチェフスキー.png 用事といえば用事なんだけど。その、新拡張が出るから

ゲーリング.png 何だって?

バルボ.png あ!お前、カードに逃げる気だろ!

トハチェフスキー.png そういう事だから!気長に待っててねぇ〜!

ゲーリング.png に、逃げたぞ!追え!

バルボ.png これは、嫌な予感・・・

Part10←前回 次回→Part12?


Top / HOI4 / しょしんしゃのほーい! / 11