Top / HOI4 / キューバ・とろぴこ? / 1937年

HOI4/キューバ・とろぴこ?/1937年

HOI4/キューバ・とろぴこ?
HOI4/キューバ・とろぴこ?/1936年

前回までのあらすじ

優雅にクロムを食べていたJose Agripino Barnet。
最近国粋主義者が活動を活発化させているという話だが、それも気にならなくなってきていた。
何かがおかしいと気付いているのは周囲のごく一部のみだった。
うぉぉぉぉん!私はまるで人間内燃機関だ!

一方、ファシストのFidel Luperonは「あいつに任せておくと国は(というかいろいろ)やばい」という危機感を感じ、
国内の世論を自分たちの都合の良い方向に傾けるべく努力を続けていた。
せめて、人のために。我らが国キューバを人間の手に。

11月9日

最近人の話を聞かなくなったJose Agripino Barnetに対し、国民の不満は頂点に達していた。
Jose Agripino Barnetは議会における職務怠慢疑惑についての追及にも「クロム」としか答えず、らちが明かない状態になっていた。
その日、Fidel Luperonは議会で明らかにした。
彼が、実は重自走砲IことJose Agripino Barnet級陸上巡洋艦のプロトタイプであることを。
何を言っているかわからないが、執筆者もよくわからぬ。
とにかくJoseは即日解任され、軍事研究所へと移送された。
国民はFidel Luperonに同調し、即日の国民投票にてファシストが過半数の支持を確立し、
キューバは国号をファランヘ・キューバと改めた。

CUB1.jpg

1937年の年表

日付種別内容ステータス
2.1設計社戦車製造社雇用
2.24NF社会基盤への注力完了
2.24NF社会基盤への注力III開始
3.1研究分散工業II完了
3.1研究支援装備開始
3.20終戦スペイン内戦共和派勝利
3.29ディシジョン政策議論を開くOPEN!
5.5NF社会基盤への注力III完了
5.5NF武装化に注力開始
5.13イベントヒンデンブルク号事件無事
5.26研究重戦車I完了
5.26研究重自走砲I開始
6.3NF社会基盤への注力II完了(自動)
6.5研究支援装備完了
6.5研究整備兵I開始
6.22イベントファシストが突撃隊を編成恐怖
7.2イベントアメリア・イアハートが世界一周飛行達成
7.8研究重自走砲I完了
7.8研究海兵I開始
7.14NF武装化に注力完了
7.14NF追加の研究枠開始
7.14イベントソビエトで大粛清大混乱
7.14戦争日中戦争開戦
7.18設計社中型航空機設計社雇用
7.19イベントろきょうきょうじけん噛んだ
9.22NF追加の研究枠完了
9.22NF武装化に注力II開始
9.22研究改善型工作機械開始
11.9ディシジョン政府への不信感拡大
11.9ディシジョン国民投票開催
12.1NF武装化に注力II完了
12.1NF武装化に注力III完了
12.1イベントイタリアがユーゴスラビア領の要求を宣言宣言
12.13研究整備兵I完了
12.13研究工兵I開始
12.28戦争目標の正当化ホンジュラスに対して正当化

今回の見どころ

普通は政変一つで1時間のドキュメンタリーが書けるところなんでしょうけど、HoI4では
一瞬のボタンぽちーでできちゃうんで何とも…
来年には戦争ができそうなんでSSも貼ってワイワイできる予定です。
多分AAR作者の皆さんこの序盤は悩みどころだと思うんですよ。もうオカンの顔より見た序盤でしょうしね。

HOI4/キューバ・とろぴこ?/1938年


Top / HOI4 / キューバ・とろぴこ? / 1937年