Top / HOI4 / キューバ・とろぴこ? / 1938年

HOI4/キューバ・とろぴこ?/1938年

HOI4/キューバ・とろぴこ?
HOI4/キューバ・とろぴこ?/1937年

前回までのあらすじ

無事にファシズム国家としてのスタートを切ったファランヘ・キューバ。アメリカからの圧力が必ずあるだろうが、
今はまだ嵐の前の静けさといったところだ。
眼鏡としゃべる機能をオミットしたJose Agripino Barnet型陸上巡洋艦(重自走砲I)は量産が進んでいる。
これはファランヘ・キューバの海外進出への大きな力となろう。
そして、第1の進出先は定まっている。キューバの敵めがけてー!
その進出先はホンジュラスである……

合衆国の影響力

10.16日、アメリカ合衆国からの使者が訪れた。
モンロー主義を再確認し云々と高説を垂れていったのである。
余計なお世話だ……

パックス・アメリカーナさえなければよいのだが。

キューバ・ホンジュラス戦争

ホンジュラスの水面下での交渉など関係なく、ファランヘ・キューバはホンジュラスを自国のものとし、ホンジュラス政権に対する宣戦布告を行った。
ここに小さな戦争の火ぶたが切って落とされた……

10.19

宣戦布告。同時に上陸部隊がキューバの2港より出撃。
CUB1.jpg

10.25

港湾強襲の支援部隊が上陸に成功。
CUB2.jpg

1938年末まで

テグシガルパをめぐる争いが延々と続いている。
山岳要塞に立てこもるホンジュラス軍に対し、誘因作戦、陽動作戦など様々な策を弄するも、
ファランヘ・キューバ軍は苦戦を強いられている。

1938年の年表

日付種別内容ステータス
1.15研究海兵I完了
1.15研究輸送艦開始
2.9NF武装化に注力III完了
2.9NF集産主義理論開始
2.9イベントアンシュルス成功
2.9イベントインドの地方選挙国民会議が勝利
2.12研究改善型工作機械完了
2.12研究歩兵装備I開始
4.16軍最高司令部フィデル・カストロ雇用
4.20NF集産主義理論完了
4.20NF国粋主義重視開始
6.7研究輸送艦完了
6.7研究電子機械工学開始
6.22研究工兵I完了
6.22研究戦間期型爆撃機開始
6.29NF国粋主義重視完了
6.29NF軍国主義開始
7.5研究歩兵装備I完了
7.5研究改良型歩兵装備I開始
8.14陸軍長官ヘルフンシオ・バティスタ雇用
9.4イベント第四インターナショナル開催
9.7イベントフランスとイギリスが同盟を宣言宣言
9.7NF軍国主義完了
9.7NF軍事的青少年団体開始
9.7イベントミュンヘン協定ズデーテン割譲
9.8イベントトリアノン条約破棄
9.11研究電子機械工学完了
9.11研究機械式計算機開始
9.17ユニット巡洋戦艦I/テオドア・ルーズベルト展開
9.17ユニット海兵隊6展開
9.17提督Eugenio Mota雇用
10.19戦争目標正当化ホンジュラス完了
10.19戦争キューバ対ホンジュラス開戦
10.19元帥Benigno Mella雇用
11.16NF軍事的青少年団体完了
11.16イベント合衆国の影響力むかつく
11.16NF準軍国主義開始
11.23研究改良型歩兵装備I完了
11.23研究支援火器I開始
11.23戦争目標の正当化コスタリカ開始
12.7研究戦間期型爆撃機完了
12.7研究戦術爆撃機I開始

今回の見どころ

うーん……なくない?(悲しい)
巡洋戦艦Iを選択しているのは半分趣味、半分実益といったところで、
逃げやすい・コロンビア海軍には負けないなどがあります。
また、当面は1隻で制海権を維持できる見込みなのでこういう形です。
もちろんメキシコとかアメリカとやりあい始めるとこいつだけでは…となりますが、
1940年に更新をかければいいというのもまあ理由にはなりましょう。

HOI4/キューバ・とろぴこ?/1939年


Top / HOI4 / キューバ・とろぴこ? / 1938年