Top / HOI4 / チェコ電撃戦 / prepare

HOI4/チェコ電撃戦/prepare

HOI4/チェコ電撃戦

方針

国家方針

一番ドイツを攻めやすい場所が初期領土に含まれているため、初期拡張は行いません。
そのため、政治ツリーを民主主義ルートで進め、大規模徴兵と技術枠追加を最優先とします。
政党支持率の条件を満たすまでは、産業ツリーを平衡的産業投資ルートで進め、分断された国家を取り除きます。
(記録取っていないので細かい順番は前後しているかもしれません。)
最後に要塞ツリーを進めます。多分レベル7は必要なかったので、早めに陸軍ツリーを自動車化計画まで取得した方がよかったと思いました。

NF.jpg

研究

軽戦車2は最初から開発済みなので、後必須なのはトラックと工兵と機動戦ツリーぐらいです。
それ以外は適当に開発しておきます。

建設

適当にインフラの高いところに軍需工場をスパムします。

生産

軽戦車2は最初から開発されてるのですぐに8工場で生産を始めます。
あとは支援装備は1工場割り当てたまま、残りの工場は増産分含め歩兵装備に割り当てます。
トラックが開発されたら歩兵装備の生産を一部トラックと軽戦車に変更します。
以下が開戦直前の生産状況ですが、空軍や砲の類は一切生産していないので、だいぶすっきりしています。

Production1938.jpg

国家戦略

初手は国家の安定度が低いため労働条件の改善ディシジョンを実行します。
その後は早期に民主主義ルートを進めるため民主主義改革家を採用、部分動員への変更の他、
戦争へ向けて戦車設計社や軍事専門家を雇用しておきます。

陸軍

開戦前の配備状況です。
まず、北部に配置し攻勢のメインとなる軽戦車師団からなる2軍。
初期拡張なしでは20幅の編成を充足させられなかったため、少し頼りない編成になっていますが、一応8師団を用意できました。
徴兵時期にも失敗したため訓練も足りていないのも反省点です。

Army2.jpg

そして、同じく北部に配置し攻勢後にメインの壁となる1軍。
要塞のサポートがない状況で戦わなければならないため、貴重な支援装備を使った工兵付き歩兵師団24個からなります。

Army1.jpg

西から南側の要塞を守る4軍。
支援装備が足りないためデフォルト編成の歩兵24師団です。

Army4.jpg

北東の要塞を守る3軍。
同じくデフォルト編成の歩兵12師団です。
こちらも訓練時間足りていませんが、頭数が足りないと話にならないので新兵でも配置しておきます。
指揮官ガチャは育てば割と当たりっぽいのを引きました。

Army3.jpg

空軍

自力では一切作りませんが、民主主義のままだと連合が独立保障で参戦してくれ、
ドイツ空軍がそちらに分散されるため、意外と航空優勢下で戦うことができます。

海軍

これは説明不要ですね。

年表

1938/9/12 ミュンヘン会談

拒否して宣戦布告を待ちます。

Munich_Conference.jpg

次→対枢軸


Top / HOI4 / チェコ電撃戦 / prepare