Top / HOI4 / ハプスブルク・日の沈まぬ国 / 1940年クラクフ侵略戦争(対連合国戦争)1

HOI4/ハプスブルク・日の沈まぬ国/1940年クラクフ侵略戦争(対連合国戦争)1

HOI4/ハプスブルク・日の沈まぬ国
HOI4/ハプスブルク・日の沈まぬ国/1939年ドイツ戦争2

前回までのあらすじ

生得権の確保を企図したオットー・フォン・ハプスブルクは、ドイツの地を平定し、オーストリア=ハンガリーに組み込むことに成功した。
ドイツ国民は国家社会主義の敗北を知り、大いに落胆したが、オットーは彼の地の民需工場(つまり職場と金である)の復旧に第一に着手し、ドイツ国民を安心させた。兵たちに略奪を禁じ、決して労働者から搾り取ることのないように務めた。
オットーは次はオーストリア領であったクラクフ周辺の奪還を模索していた。そして一番手っ取り早い方法を取ることにした。
今の我が国であればやれる。我が国とドイツ、イタリアが別々にではなく一つの王冠の元に集い、一糸乱れぬ行進が出来る今ならば前大戦の勝者とも十二分に渡り合えると。
ただし、新大陸とソビエトの脅威には常に目を向けて置かなければならない……ウィーンナーコーヒーを飲みながら。

1940年

外交

いよいよ輸入の割合が多くなってきます。特に石油とゴムは慢性的に不足します。
シャムからのゴム輸入を行ってきましたが、連合と開戦すると陸路が立たれるので、結局は海路に頼る事になります。
石油もソ連からのみでは足りないのでアメリカに頼みます。
思い出したようにイタリアから戦闘機IIをライセンス契約して、マーヴァグ・ヘーヤの研究に+20%をつけて研究します。(現実ではめちゃ怒られるやつ)

内政

戦時のための工場を建てていきましょう。
海軍造船所を目標では40~50(これくらいで海軍を事故らないように使えば対連合でもバランスできます)。軍需工場は建てれるだけ建てます。
ただ、石油とゴムが不足する関係上、あまり建てても無駄になりがちなので、ある程度建てたら合成石油工場を建てます。
また、英印が主要国入りするのが多分40年中旬なので、陸路で東に向かうときにインフラ建築を行います。

軍事

重戦車を利用した装甲師団を編成します。初めは重戦車7自動車化3にしようかとも思いましたが、重戦車6自動車化4>重戦車4自動車化3重自走砲2で行くことにしました。
本当はもっと良い編成もあるかもしれませんが、今回はこれで行きます。防御が不安。でもテストプレイ時に重戦車7で打撃力不足により血反吐を吐いているのでそれより使いやすいとは思います。
特に、自走砲重点によって生産コストが下がれば、師団の生産コストがそこそこ圧縮出来るので、まあハンガリー的には悪くない選択だと思います。
また、治安維持用+初期オストプロイセン防御配置用の騎兵旅団24個を編成します。
あとは歩兵代わりの山岳FLAK師団を4個(もう人的資源切れです)編成。

研究

忘れないように計算機の研究を行います。また、40年式航空機も順次研究していきます。
できればレーダーも研究したいところ。

生産

重戦車と途中で研究完了した重自走砲を重点において生産します。ドクトリンも機動戦ドクトリンを取っているのでできるだけ多く装甲師団を配備したい。

実際の動き

1.21

機動戦の研究完了。
ようやっと一つ目のドクトリンです。初期ドクトリン無しなのが結構響く今日このごろ。

1.27

人工石油実験の研究完了。
工場の建設が済み次第建設していきます。

2.27

海兵の研究完了。
編成するか微妙なところですが……後々のために一応。(要らなかったかもしれないなぁ)

3.21 NF:ガリツィアを要求が完了

ポーランドは人工構築物なので、必要に応じて作り変えましょう。クラクフはオーストリア料ですし、王国の再興のためにはスタニスワヴフ・ルヴフも必要です。
クラクフを請求します。9政治力で45日。

3.25

駆逐艦IIの研究完了。生産はIIIまで待ちます。

4.7

重自走砲Iの研究が完了。早速生産ラインにぶち込みます。

4.9

イタリアよりフォルゴーレ(戦闘機II)のライセンスを取得し、信頼性を改良して生産開始。

5.5

ポーランドに対する戦争目標正当化が完了。
したものの、騎兵部隊が海上輸送待ちだったので少しだけ開戦を遅らせる。

5.16 対連合開戦。

ポーランドに宣戦布告。
連合国が次々と参戦。

5.20

ソビエトが5個師団をオーストリア=ハンガリー側に派遣

5.21の戦況

アルパイン線は優勢

HUN1.jpg

ポーランドは、西側の主戦線では押しているがオストプロイセンでは圧されている。

HUN2.jpg

5.23

ポズナン北で小包囲

5.30 NF:ブダペスト工科大学の拡大が完了

祝5枠
同日、東部ポーランドがソビエト連邦に割譲される
ソビエトに請求権を持ったわけで……???

HUN3.jpg

5.31

スペインとベネズエラの義勇兵を受け入れ。

6.7

ポーランドは風前の灯。

HUN4.jpg

フランスではアルパイン線を突破。

HUN5.jpg

なお人的資源(震え)

6.9

ポーランドが降伏。

HUN6.jpg

6.10

徴兵法を無際限徴兵へ
苦しい…苦しい…

HUN7.jpg

6.17

アルパイン線付近で7個師団を包囲
妙に南に敵が集まってくる

7.9

マジノ線がスカッスカになったので進軍開始

HUN8.jpg

7.19

改良型計算機の研究が完了

7.28スイス国境で13個師団を包囲。

HUN9.jpg

7.30

マーヴァグ ヘーヤ(戦闘機II)研究完了。

8.1

連合軍がダルマチア・ナポリ付近に上陸。15個師団程度。当面は放置…フランスを下すことを優先する

HUN10.jpg

8.8 NF:航空戦理論への努力が完了

ついでにブレッド協定が自動で完了。
パリ目前。

8.16 パリ陥落

フランスが降伏。
素晴らしき知らせだ!
同時期に超大型戦艦Marsが就役。同型Tegetthoffとともに第一艦隊を編成。

8.17

イタリアに上陸してきた連合軍の処理を開始。

HUN11.jpg

でもほとんどが帰ってしまったので、旨味無し。20個師団位殲滅できれば嬉しかったのだが…

8.21

レフ・トロツキーの暗殺
やられてしまうとは情けない…

8.24

駆逐艦IIIの研究完了。建造開始。
ヘーヤmk1(信頼性3、エンジン5)の生産を開始

9.1

イギリス領インド帝国が主要国入り。

HUN12.jpg

同日、陸路でのインド攻略のためブルガリアへの正当化を開始。

9.9

ソビエト連邦がフィンランドに宣戦布告。冬戦争。

9.12

新生オーストリア=ハンガリー海軍が初の作戦行動を実施。北海の、味方対艦攻撃機作戦圏での待機を行い、挑発。英国海軍撃破を目論む。

HUN13.jpg

戦闘哨戒等を行うと大抵北海北部での海戦となり支援を受けられないのでこの形に。

9.18

デアーク・フェレンツを海軍長官に。

9.20

遅滞(ドクトリン)の研究が終了

9.28

第1艦隊が駆逐艦11隻撃沈の戦果を収める。初戦果。超大型戦艦は神やな!(航空支援があれば)

HUN14.jpg

10.17 NF:陸軍大演習が完了

ドクトリンは遅れてるので美味しい。

10.31

ブルガリア・ソフィア征服の正当化が完了。侵攻開始。
それもこれも英印が悪い(なすりつけ)
ブルガリアが連合国に加盟

11.11

ブルガリアが降伏。

11.14

第1艦隊が再出撃にて重巡3、軽巡2、駆逐11を撃沈する。

11.28

連合軍がキールに上陸。ヴィルヘルムスハーフェンにいた軍が対応。
19個師団を包囲下に置く。

HUN15.jpg

12.1

ルーマニア王国がベッサラビア(全土とも言う)をソビエト連邦に割譲する
実質併合された。

12.11

輸送艦の研究が完了。
これで強襲揚陸が可能に。
連合軍を引き込んで倒すようにすることで、イギリス本土の防衛力低下を図り、その後に上陸する予定。

12.14

南京陥落。
よくない知らせ。とはいえ何故か陸路を通れないのでレンドリースがうまく届いていない。効率が0.70%とか…

12.22

マーヴァグ シャシュ(対艦攻撃機II)が研究完了

NF:機動戦重点が完了

12.30

イスタンブル征服の正当化が完了。宣戦布告。
トルコが連合国に加盟。

まとめ

やってることがナチスと変わらなくってつらいんですけど(震え)
これも英印が悪い(なすりつけ)
イタリアを残しておいたもののなんとなくもったいなくて使えないって言うあれがありまして
よくない……

HOI4/ハプスブルク・日の沈まぬ国/1941年クラクフ侵略戦争(対連合国戦争)2


Top / HOI4 / ハプスブルク・日の沈まぬ国 / 1940年クラクフ侵略戦争(対連合国戦争)1