Top / HOI4 / ロシア式レッド計画 / 1936:世界変革

HOI4/ロシア式レッド計画/1936:世界変革

HOI4/ロシア式レッド計画

独立も物は言いよう

 1936年1月1日。ソビエト連邦の最高指導者であるヨシフ・スターリンは同日付けで一部の地域に自治権を付与し、国家としての独立を許諾した。しかしながらこれらの『新国家』で施行・運用される憲法、法律、通貨などは独立元のソビエト連邦のものが使用されていることからも分かる通り、『新国家』は全てソビエト連邦の衛星国として、全連邦共産党の指導のもとで国政が行われるとみられる。
 この動きは事実上、ソビエトという大国が大きな転換点を迎える出来事であり、国名が【ロシア・ソビエト社会主義共和国】に改名されたことも相まって、巨大な共産主義国家の舵取りにより一層の注目が集まっている。

ソビエト連邦(ロシア・ソビエト社会主義共和国)より独立・衛星国化された国家の一覧
ウクライナ独立ソビエト社会主義共和国
白ロシア独立ソビエト社会主義共和国
カザフ・ソビエト社会主義共和国
グルジア社会主義共和国
タジク・ソビエト共和国
アルメニア社会主義共和国
アゼルバイジャン社会主義共和国
ウズベク・ソビエト社会主義共和国
トルキスタン自治ソビエト社会主義共和国
キルギス・ソビエト社会主義共和国

スクリーンショット (212).png

1936年1月1日:ロシアが歴史を作り出す

カリーニン.png随分と思い切ったことをするものだねぇ。

スターリン.pngロシアは元々がただただ広いからね、それを一国で治めるにはいずれ限界が来る。それなら少しぐらいの自治権利を与えてやったほうがロシアの負担が少しは軽くなるのだよ。多分。

モロトフ.png多分て…。それでこれからはどうするつもりで?

スターリン.png西へ往く。とにかく西だ。トロツキストではないから外国に手を出したくはないんだが、資本主義者やファシストどもがロシアを脅かそうというのなら、どの道轢き殺すことになるだろうさ。

トハチェフスキー.png流石軍事大国!ベネルクスにできない事を平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!

1936年3月11日:遺憾の意

スクリーンショット (214).png

スターリン.png条約違反の割に、英仏は引くほど静かだな。

カリーニン.png民主主義は人を腰抜けにでもするのかね?

1936年3月14日:敵か味方か

スクリーンショット (215).png

モロトフ.pngユーゴスラビアから電文です。我が国と各衛星国を国家承認するとのこと。

トハチェフスキー.pngやったぞぉ、味方が増える!

スターリン.pngいや、トロツキーがここに亡命した故の赤化である可能性も否定できん。政情を監視するように言っておきなさい。

モロトフ.png承知しました、同志。

ダイジェスト1936

3/18スペイン内戦勃発
3/21イタリア・エチオピア戦争終結(アディスアベバ条約)
5/2ロンドン海軍軍縮条約(※ロシアは非参加)
5/23アメリカ合衆国が中立法を可決
8/16ベルリン五輪閉幕(※ロシアは非参加)

カリーニン.png共和スペインに義勇軍は送らないのかい?

トハチェフスキー.pngええ、これから戦争なもんで。

1936年11月9日:制海権とクロムを求めて

モロトフ.pngというわけで、黒海から地中海への出口をこじ開けるべく、トルコに攻め込みます。

スターリン.pngトルコに独立保証をかけているルーマニアも、この際赤くしてしまおうじゃないか。

トハチェフスキー.png侵攻計画はこんな感じ。ルーマニアへは歩兵93師団、コーカサスからトルコへは騎兵22師団と山岳兵13師団が強攻。セヴァストボリ起点のイスタンブール上陸隊には11の機甲師団を割り当てます。

スクリーンショット (221).png

カリーニン.png圧倒的じゃないか、我が軍は。

スターリン.pngというわけで、開戦は年明けだ。今日は解散!

モロトフ.pngえっ?

トハチェフスキー.png上陸作戦の準備ができてないから…。

よい御年を。

HOI4/ロシア式レッド計画/1937:黒海掌握へ続く。


Top / HOI4 / ロシア式レッド計画 / 1936:世界変革