Top / HOI4 / 逆上洛 / 2話:日本が燃え始める時

HOI4/逆上洛/2話:日本が燃え始める時

HOI4/逆上洛

絶対的な支配者のいない世界

1936年12月14日 リニアは南アルプスを迂回する

20190317162304_1.jpg

門脇は日々の業務に追われつつあったが、最近では一息つく時間ができてきた。その間にたまっていた新聞に目を通していると気になる記事を発見した。それは建設が進むリニアのニュースだった。

(門脇)「ふむ。リニアのアルプス周辺のルート問題は南アルプスを迂回することになったと…。」

    「しかし、完全な合意とは至らなかった?」

    「…気になるな。」

1936年12月27日 東部リニア戦争

20190317162329_1.jpg

完全な合意とは至らなかったリニアはさらに問題が発展し、ついには武力衝突に至った。この戦争によってルート問題は完全に解決するはずである。

(飯島)「戦争は政治の延長でしたかな?昔偉い人がそう言ったそうです。」

(門脇)「その言葉が本当なら今回の戦争も同じだな。」

20190317162336_1.jpg

(達也)「どうやらどちらの県も県境を埋めるほどの兵力を用意できていないようですぜ。戦線の穴から積極的に進軍するため、戦線が一日ごとに変化してます。」

達也の指摘の通りに戦線は動き続けた。ある日は包囲が完成したと思えばすぐに解かれ、逆に包囲しようとした部隊が包囲を受ける場面もしばしば見受けられた。

(飯島)「今回も介入する県はないと。自分は東京が介入するのではないかと考えたのですが。何か理由があるのですか?」

(達也)「お前にしては情報不足だな。東京はこっちから見るほど完璧じゃないんだぜ?あいつら、今は食うものすら見つけられない危険な場所だとさ。そんな状態じゃあまともに政治も執れないだろう。」

しかし、達也が知り得る情報よりも東京は悲惨であった。食糧難に加え、政治的腐敗、環境問題、待機児童などの問題が山積みであった。

特に食糧問題は悲惨的であり、統一時代は各地から物が自然的に集まるが、日本が47個の国と同じようになったとなると、そこには輸出と輸入の関係が存在し、なおかつ生産者は自国の物資を確保しなくてはならない。さらに諸外国との連絡が不能になると、原材料の不足も重なった。これらの結果から東京に流れる物資は壊滅的な減少状態に陥ることとなった。

3人とも同じ日本人である彼らを助けたい気持ちはあるが、京都も助けられるほどの自立状態ではないのも承知していた。

1937年1月20日 群馬が栃木領を要求

20190317162420_1.jpg

(門脇)「冬の風物詩、今年も来たれり…」

(達也)「そんな物騒な風物詩が来てたまりますか!」

(飯島)「でも毎年行われていることだ。意味は通じるはずだ。」

(門脇)「しかし、クーデター後としては初だな。いつもとは違う事が起きても不思議ではない。情報収集に注力してくれるか?」

統一時代が崩壊してからすぐに群馬と栃木は小競り合いを行っていた。しかし、今年は群馬側が明確な要求を突き出した為、大規模な紛争に発展する可能性を示していた。

後戻りのできない島国

1937年3月17日 東部リニア戦争終結

20190317162625_1.jpg

(飯島)「本当にこれで終わりになったのだろうか…?」

(達也)「どういうことだ?」

(飯島)「現地の調査員の報告が少々不穏な発言をしているのが気になってな。」

リニア戦争による山梨と長野の紛争は激しい支配地域の移り変わりを見せたが、突如として終結に向かい、双方とも講和に持ち込むことが可能になった。これにより戦争は終結した。

―ここまでは全国に知らされていた部分ではあるが、実のところ、現地での緊張は収まる気配を見せていなかったのである、

1937年3月19日 群馬=栃木戦争の開戦

20190317162629_1.jpg

(ニュースキャスター)「グンマー帝国は先程、栃木に対して宣戦を布告しました。」

(現地リポーター)「こちら群馬と栃木の県境にある高台にいますが、帝国軍が一斉に防衛陣地を超えていく姿が見えるでしょうか!栃木側からも激しい機関銃の砲声が聞こえます!」

(門脇)「ついに始まったか!」

この事態に一番興奮したのは門脇であった。初めて日本でそれなりの規模の軍事力がほぼ同数でぶつかり合う事態となったのだ。

グンマー帝国の栃木への統合への呼びかけは無視されたことで双方とも極度の緊張状態が続いたが、ついに群馬側の宣戦布告により戦争状態となった。

(門脇)「諸君、この戦争をどう見る?そうだな…どちらが勝つかを予想してみてくれ。」

(達也)「賭けですか?」

(門脇)「いやいや、大真面目さ。賭けるものはない。ただ、指揮官としてこの戦争をどう見るかだ。」

達也は報酬がないのには残念だったが、内容そのものは面白そうに感じた。

(飯島)「双方とも軍事レベルでいえばほぼ互角。しかし、軍国主義的な群馬は効率的な軍部の活動ができるため、順調にいけば群馬側の勝利になると思います。」

明確な意見を持つ飯島に対して達也は少々自分の意見に疑いつつあった。しかし、飯島が発言を終えてしまった以上、何かしらの自分の意見を言わねばならない空気だと感じてしまったのだ。

(達也)「私も群馬側優勢とみたいですが、ターニングポイントを作り出すことができれば栃木にも勝機はあります。勝てる要素は十分にあります。地形や、優れた防衛戦を行えれば…」

意外にも、他の二人から激しく追及されることはなかった。達也はただの事実を言ったからである。

1937年4月19日4時 長野と山梨が再び戦争状態に

20190317162745_1.jpg

(ニュースキャスター)「速報です。山梨と長野が再び戦争状態に入りました。」

(門脇・飯島・達也)「!」

(門脇)「本当に講和はされたのか?停戦からあまりにも早すぎるぞ!」

朝早くから戦争が開始されたことを聞かされた一同は朝食をとらなくてもよいぐらいの目覚めの一発であったと記録されている。

東部リニア戦争は短期間に終結したとはいえ、双方ともダメージは受けていた。だが、補充もままならない中、再び戦争は開始された。

長野が仕掛けた側であるため、一説には先の戦争での講和に満足しなかった軍部の暴走とも、戦争による長野県民の一方的な山梨への憎悪感情が戦争に向かわせたとも言われているが、真相は明らかにされていない。

(達也)「(そんなことよりも一番迷惑しているのは鉄道会社の方かもな…)」

そして、ほぼ同じころ…

1937年4月19日4時 千葉、埼玉県の北葛飾地域を占領

20190317162757_1.jpg

突如として千葉軍は北葛飾に進軍したが、埼玉政府はこれに対しての対応を放棄し実効支配を認めた。

(飯島)「埼玉の当地域の放棄は人口密集地での戦闘を避けたからだという見解が多いようです。独自の調査ですが一応裏づけは取れています。」

(門脇)「そんなことはどうでもよい。問題はすでに世界では到底許されそうのないことがこれからも認められるという事だ。」

(達也)「しかし、埼玉もそれに気づけばよかったのですのにな。…人の命と領土のどちらが大切なのでしょうかねぇ。」

(門脇)「その県の特色によると言ってもよいかもな。」

    「少なくとも、俺達には明確な目的がある。そのためには人命のの優先は低くしなくてはならないのはわかってるな。」

飯島は黙ってしまった。少なくとも政府は支配する地域の人民のための政治を行わなくてはならないというのが彼の考えであった。もっとも、彼自身も既に京都がこれから進む道を知っているのだが、それは他国への侵攻―すなわち、京都人を人の命を気にすべきではない戦地にさらすという事だ。

だからといって、既に京都は福井をその方法をとったのだが、今一度考えると少々疑問が残っていた。

(飯島)「…」

飯島が今の京都の体制には完全に賛成していないのは知っていた。だからこそ黙っているのもわかっていた。今一度、部下には自分達の確固たる方針を再確認させなくてはならなかった。

(門脇)「返事は!」

(飯島・達也)「はいッ!」

(門脇)(…悟られたか?門脇元帥にはかなわんな…)

1937年4月21日 北品川非常口の公開

20190317162804_1.jpg

日本が混乱している中もリニアは建設され続けた。まるで、ここだけかつての統一時代の日本のままのようにも思えた。達也はあの中にはもしかしたらあの懐かしい統一時代の華の都たる東京があるのかもしれないとまで思ってしまった。

(達也)「…こういう些細なことにも嬉しく思わなくてはこれからはやってられねぇぞ」

1937年6月19日21時 京都、岐阜へ侵攻

20190317163046_1.jpg

京都軍は岐阜への侵攻を開始した。将来的な戦略の選択肢を増やすためにも、面している県のおおい岐阜は重要な土地だと認識した。

第一軍の飯島が旧福井と岐阜県境を全て担当し、達也率いる第二軍は南部戦線に集中配備し、岐阜の領土を南北に分断する試みであった。

(門脇)「全軍、戦闘を開始せよ!」

(飯島)「問題は、山岳か。戦車はあまり役には立たないかもしれない。だが、今のところ山岳師団も用意できなかった。兵力差で押しつぶすしかない。」

(達也)「よし!第一軍に任せて俺達はどんどん行くぞ!」

1937年7月7日 帝政千葉が茨城へ侵攻

20190317163238_1.jpg

岐阜での京都軍は優勢に戦闘を進めた。計画通り、第2軍は南部で突破を開始。また、意外なことに第一軍の戦線も福井戦を経験した兵士や、師団編成の改革により各地で勝利を収めていく。岐阜は開戦後まもなく劣勢となってしまった。


20190317163056_1.jpg
20190317163157_1.jpg

そんな中、千葉が茨城へ侵攻する気配を見せ、最後通牒を茨城に送った。無論、茨城は拒否。戦争は避けられなくなり、7月7日に千葉が茨城へ宣戦布告した。千葉は茨城を吸収し、勢力の拡大を図ろうという試みだという。

20190317163132_1.jpg

(門脇)「国軍整備計画が始まりましたか。どうもありがとうございます。」

門脇は将来の更なる大規模戦争に備え、軍の近代化を推し進める国軍整備計画を前に立案し、ついに本格的な計画の開始を迎えたことを前線の電話で知らされた。これにより様々な研究に補助金が出されることになり、効率よく研究が進められることとなった。

(飯島)「どうも。」

飯島はちょうどよく京都軍前線司令部に来ていた。

(門脇)「飯島か。ちょうどいい。」

    「これを見ろ。関東の最新の情勢を地図であらわしたものだ。」

20190317163201_1.jpg

(飯島)「関東は完全に前の時代とは別のものになりましたか。この様子だと茨城も栃木も脱落するでしょうか。」

(門脇)「そうだろうな。結局のところ、どちらも東京は介入しなかった。

(飯島)「東京もまだまだ力を持てていないのでしょう。」
    
    「しかし、これでファシストの北関東、民主主義の南関東という勢力圏が出来上がります。注意すべきだと思います。」

(門脇)「ううむ…東京はまだ遠い。まだまだ俺達が関知すべき時じゃないと思うがどうだ?」

(飯島)「そうでしょうかね?関東を取り巻く長野、静岡は動向次第では我々の戦略を見直すべき状況になるかもしれません。」

(門脇)「そうか…。あまり時間はかけられないようだな。」

時間はあまりない…少なくとも39年ごろまでには関東の勢力圏に隣接できる位置まで進出すべきだと門脇は考えを改めつつあった。

20190317163248_1.jpg

(門脇)「そうだ。本題だが、前線を見た限り、どのようになっている?」

(飯島)「各地で勝利を重ねていおり、包囲を形成した地点もあります。近いうちに岐阜市街地に到達できます。問題は全くありません。」

(門脇)「そうか。よくやった。このまま頼むぞ。」

20190317163325_1.jpg

8月3日には首都岐阜が陥落。戦闘は山岳により、スピードが落ちたものの絶対的優勢は確保された。

1937年8月13日 群馬が長野領を要求

20190317163356_1.jpg

群馬が県境沿いの長野領を要求し、長野政府はこの要求を受け入れた。長野は山梨と戦争状態にあり、群馬と山梨の二正面作戦を行うほどの余裕はなかった。

1937年8月29日3時 富士は長野のもの。

20190317163440_1.jpg

(門脇)「ついに日本から県が消える事態となったわけか。」

    「これでリニアの工事も進むだろう。」

長野は山梨との戦争に勝利し、自らの力を強くするため、山梨を併合した。

(門脇)「富士山の問題は山梨県民が長野に支配されている以上、自分達からなにかできるわけがないという事になるか…?」

    「静岡も県内の問題に対処しなくてはならない以上、仕掛けられないだろうから…つまり、これで富士山は長野が領有する形で決着がついたという事か?」

かつて日本は47の都道府県に分かれた。そして長い時が流れ、初めに福井県が。そして今、山梨県がこの世からに消え去った。そして、これからどの県が生き残り、消えるか。動乱の時代はまだ始まったばかりだ。

1937年9月5日3時 栃木消滅

20190317163502_1.jpg

(飯島)「山梨に続いて、栃木も消えたか。」

(達也)「おいおい、こっちもうかうかしてられないぜ。進軍速度を速めるぞ?」

(飯島)「そうだな。全軍に総攻撃命令だ。」

1937年9月18日 京都、岐阜を併合

20190317163542_1.jpg

(飯島)「お待たせしました。岐阜が降伏しました。」

(門脇)「そうか。勿論、全土併合しよう。」

(達也)「やはり、少々遅かったでしょうかね?首都を落としてから2か月程経ってしまいました。」

(門脇)「いや、山岳が多い中ではこんなものだろう。次は工業力の大幅拡大のために愛知を攻略する予定だ。あそこなら平地も多いからな。もう少し早くやれるはずだ。期待してるぞ。」

(飯島・達也)「ハッ!」

岐阜を攻め落とした京都は県力に優れた愛知を次の攻撃目標とした。山地ばかりの長野は長期戦略上の将来性が低く、新潟は領土の形の都合上、容易に分断される恐れがあったからだ。

南進(前編)

1937年9月20日 茨城が併合される

20190317163547_1.jpg

(門脇)「茨城も消えた。これで関東は落ち着いたな。」

(飯島)「この約半年で岐阜、山梨、栃木、茨城が消えました。」

20190317163552_1.jpg

(達也)「次はどこが消えるでしょうかね?」

まるで自分は無関係な簡潔かつ無責任な言葉に飯島は反応した。

(飯島)「お前はもう少しやったことの責任を思え。仕方ないとはいえこっちは故郷を消した側だぞ。」

飯島は自分の行いに責任を持つタイプであった。だから達也の軽さに憤怒しかけていた。

(達也)「そんなこと、これからもっと起こることだぞ。一々、感傷に浸ったら心が持たねえぞ?」

反面、達也は仕方ないと割り切るタイプだった。そして、最近では自分の志向にケチをつけることが多くなった飯島を同期の好とはいえ、快く思えなくなった。

(飯島)「一々…?それでもお前は指揮官か!そんなのだから総攻撃ばかりおこして兵士を無駄に死なせるんだ!」

    「彼らにも家族がいるんだぞ!戦争は損得だけで勝てないのはわかっているだろ!他人の気持ちも少しは考えて感傷に浸れ!」

(達也)「なんだと!この!」

(門脇)「貴様ら!いい加減にしろ!喧嘩なら外でやって、兵士共にみっともない姿をさらけ出してこい!」

(飯島・達也)「…!」
        
       「も、申し訳ありません…」

この二人の正反対の性格は統一時代では笑って過ごせるものだったが、今ではその性格の色が強くなりつつあるのが見て取れた。共通する目的がある今ならば結束するだろうが、将来、何が起こるかわからない。

(門脇)「―まったく…」

門脇はこのころからこの異なる2人のこれからをどうすべきか考えるようになる。

1937年10月7日 姫路条約

20190317163625_1.jpg

泥沼の兵庫内戦は着実に終結へと向かいつつあった。混沌とし、法の秩序がほぼ無い場所である以上、報道陣が全くと言っていいほど近づかないため死者、行方不明者ともに憶測の値でしか知らされていない。

だが、内戦から時間が経ち、どの地域もすぐには取り戻せないほど消耗しきっていた。このころから兵庫各地での戦闘は終息していくこととなる。

1937年11月10日 大阪の野望

20190317163746_1.jpg

(門脇)「大阪が四国進出?そんなことができるほどの海軍があったのか?」

(飯島)「造船所の増産は確認されてたのですが、それに加えて、他国から海軍を秘密裏に購入してたようです。」

(アレックス)「ショウジキ、オオサカが羨ましいデス。」

(門脇)「まあ、来年には太平洋艦隊が創設できるはずだ。あと少し待ってくれ。」

1937年12月23日 平和のクリスマスプレゼント

20190317163927_1.jpg

門脇はクリスマスに近いこともあってか、日本が崩壊してから高級品となった生クリームたっぷりのケーキを食べ、休憩しながらニュースを見ていた。

(門脇)「丹波と摂津が講和したか。現地にとっては最高のクリスマスプレゼントかもしれんな。」

    「(…少々キザすぎたか?誰も聞いてないよな?)」

1938年1月2日 丹波条約

20190317163950_1.jpg

38年最初のニュースは播磨と淡路が講和したニュースであった。

20190317164000_1.jpg

これにより兵庫内戦は各地域がそれぞれ独立を認めた形でほぼ終結したと言ってよい状態となった。

1938年1月19日 三県境会議

20190317164034_1.jpg

(達也)「奈良・和歌山・三重が防衛協定を結んだって?」

    「三本の矢かな?まあでもあそこの地域が手を結ぶのは妥当っちゃ、妥当か?。」

奈良と和歌と三重がそれぞれ独立保証を行ったことで結果的に関西は3つの勢力に分かれた。すなわち、大阪の植民地主義と京都の武家政権と紀伊半島の連合に分かれたのだ。関西はしばらくの間、この状況のままにらみ合いが続くこととなる。

1938年2月25日7時 大阪の四国進出

20190317164202_1.jpg

大阪は四国全県への宣戦布告を行い、四国への進出を開始した。四国には大量の資源が存在することもあり、大阪の四国支配が進めば大阪の強力な経済がさらに大きなものとなる。

(門脇)「だが、こっちも愛知の強力な工業力を手に入れるんだ。大阪め、そっちが強くなる分こっちも強くなるのさ。俺達を簡単にに止められると思うなよ!」

門脇は興奮しながら受話器を手に取り、全軍に愛知侵攻の準備を急がせた。

1938年3月11日 京都、愛知へ侵攻

20190317164252_1.jpg

(門脇)「よし、全軍、愛知を攻撃せよ!初動で愛知軍の防衛網を崩せよ!」

    「こっちは戦車がある。この強みを生せばいけるだろう」

(飯島)「了解!」

(達也)「了解です!」

京都軍はすでに二度の戦争を行った経験がある。さらに兵力は前回の戦争の約1.5倍にまで拡大した。

「今回も戦車を生かした我々が愛知を早々に倒せるだろう」

京都軍の誰もがこう思った。対立が強くなりつつある飯島と達也も同様であった。

だが、彼らはすぐに異変に気付くことになる。


HOI4/逆上洛/3話:関東大戦


Top / HOI4 / 逆上洛 / 2話:日本が燃え始める時