Top / HOI4 / 逆上洛 / 3話:関東大戦

HOI4/逆上洛/3話:関東大戦

HOI4/逆上洛

愛知戦線

負け知らずの軍隊

20190317164500_1.jpg

(達也)「…それなりに前進できたが、なんか変だな?」

門脇の指示通り、緒戦で優勢を確保し、愛知軍の防御を突破したが、愛知軍の戦線は突破した先でも堅牢であり、京都軍の攻勢は予想に反して短期間で鈍化してしまった。

    「というか、反撃されているぞ!おい、飯島ッ!」

(飯島)「単純に今までとは違い、敵の数が多い。」
    
    「それに、敵の指揮官もなかなか頭の切れる人らしい。戦車だろうとお構いなく、効率的に防御されている。」

    「これではかなりの出血が必要だぞ…。どうやら俺達、勝ちすぎて調子に乗り過ぎたか。」

今までとは違い、敵の反撃により、劣勢の戦線も現れ始め、京都軍はようやく、岐阜と福井との戦争とこの戦争は全く違うものだと気づいた。

20190317164902_1.jpg

(達也)「しかし、攻めるのをやめたらさらに反撃されるぞ…もっと攻めるぞ!」

(飯島)「おいバカ!クソッ!付き合わなければ戦線が崩れる。仕方ないな!」

この状況下で京都軍はまずは愛知軍の反撃を封じるため、さらに攻勢を開始した。

20190317165132_1.jpg

戦術は成功した。双方とも軽くない損害を受けたことで戦線を一応の膠着状態に持ち込ませることができたのだ。

1938年8月 名古屋陥落

20190317165155_1.jpg

(達也)「…何とかなったか。」

緒戦での手ごたえのなさから愛知との戦いには不安が残っていた京都軍であったが、徐々に戦線を押し上げることに成功する。効率的に防御されたとはいえ、戦車を完全には止められるわけではない。この点が京都軍の優勢の理由でもあった。

20190317165251_1.jpg

名古屋は度重なる京都軍のやや無理をした波状攻撃によりついに陥落した。そして、その勢いのまま、愛知西部を確保した。

(飯島)「名古屋が陥落したところで愛知の勢いが落ちるわけでもないよな…」

戦線は再度の膠着状態に移行した。

20190317165255_1.jpg

(達也)「なにぃ?前線での熱中症が多い?」

    「わかった。上に相談しよう。」

今年の夏は今までと比べてもはっきりと暑くなった。前線ではスポーツドリンクが大量に用意され、この戦争で一番得したのは軍需産業ではなく飲料メーカーであったと言われる。

京都軍初の敗北

(達也)「なんだと!?」

(飯島)「…しまった!すぐに近くの部隊に援護させろ!」

京都軍の一部の部隊が愛知中部で突破を成功させた。
しかし、実際には無理をし過ぎたために、突出部では兵士の疲労が深刻化した。

20190317165516_1.jpg

…そして愛知軍はこれを好機とし、突破した部隊を包囲。一気に殲滅すべく総攻撃を行った。

「京都軍なら敵を崩せばすぐに敵軍をことごとく打ち破ることができる。」

膠着状態ながらもわずかに信じられていた過去の経験による自信は打ち砕かれた。包囲された三個師団はその希望と自信を失いながら友軍の救援かなわず殲滅された。

(飯島)「達也、お前の軍隊も借りておけば何とかなったかもしれんな…」

(達也)「今さら情に浸ってもどうにもならんし、」

    「反省は後でもできるだろ?敵が包囲殲滅した勢いで救援しようと疲弊した部隊に迫っている。これをどうにかしろ。」

(飯島)「畜生。相変わらずお前は…」
    
    「いや、いい。」

    「愛知め、今に見てろ…」

20190317165826_1.jpg

京都軍は今までの戦争で初めて師団規模の敗北を経験した。

そして、その敗北を糧として、飯島は愛知西部で攻勢を開始した。今度は突出部を横に広く取り、できる限りこれ以上の包囲殲滅を行わせない構えをとった。

(門脇)「飯島のやつ、よくやる。」

    「反省点をすぐ見つけ、すぐ生かす。それがあいつのいいところだ。」

    「だいぶ手こずらせてくれたが、豊橋が陥落すれば終戦が見える。」

    「これで太平洋艦隊も設立できるわけだな。」


Top / HOI4 / 逆上洛 / 3話:関東大戦