Top / HOI4 / 待機所マルチ道場 / 政治系NFと陸軍ドクトリンの相性について

HOI4/待機所マルチ道場/政治系NFと陸軍ドクトリンの相性について

HOI4/待機所マルチ道場

概要

ルーデル様.png この項では欧州における政治系NFと陸軍ドクトリンの相性について検証していくよ。
ルーデル様.png 欧州以外ではそこまで参考にならないのと、戦略環境、戦術環境、空軍や海軍の状況に左右されるので必ずしも絶対的な有用性がある訳ではないよ。参考程度に見てね。

 

解説

国家初期の人的資源(M)前線の長さ
ソ連146.79
ドイツ126.96超長
イタリア124.12
トルコ133.98
フランス130.11
スウェーデン117.41
イギリス109.53

ルーデル様.png こうやって見れば人的資源はかなり横ばいになっている上、隣国に発生する前線の長さを考慮するとドイツ以外は余裕がありそうだね。
ルーデル様.png つまりこの国家は必ずこれを選んだほうがいいというNFの取り方は存在しえないので、使いたいドクトリンを考慮して選ぶのが良さそうだよ。

NFと陸軍ドクトリンの相性

陸軍ドクトリン国粋主義重視ルート国際主義重視ルート中立主義重視ルート干渉主義重視ルート
機動戦死守××
機動戦現代電撃戦
優勢火力エアランド・バトル×
優勢火力衝撃と畏怖×××
大規模作戦強襲×
大規模作戦浸透戦術×
大量突撃縦深戦闘×
大量突撃大量動員××

機動戦死守…一師団辺りの能力を犠牲にしてまで人的資源を増やしたにもかかわらず生産量が追い付かなければ無駄になる。自由主義理論に進むのがベターか。

 

機動戦現代電撃戦…欧州ではあまり機甲師団が運用されていない(前線が広い為管理に難がある?)のでもっとも参考にならない。国粋主義重視で陸軍力を追加し戦車の強化が選択になる。

 

優勢火力エアランド・バトル…空軍の優位性を確保するために戦闘機の生産量を増やせる自由主義に行きやすい。

 

優勢火力衝撃と畏怖…砲兵系の大隊がとにかく補給が重い。使うなら国際主義か?

 

大規模作戦強襲…師団の補給切れにならないように国際主義が良さげ。師団のコスト管理が気になるなら自由主義に進む方が良さそうではある。

 

大規模作戦浸透戦術…強襲とは対照的に物資消費ボーナスがあるため国際主義以外との相性が良さそうだ。

 

大量突撃縦深戦闘…中立主義で生産量を増やし各師団を充足させるか、集産主義から足りない人的資源を補うかの選択。干渉主義のメリットをあまり享受できない?

 

大量突撃大量動員…物資消費のボーナスが無い為、人的資源目的なら国際主義に進んだ方が良さげ。


Top / HOI4 / 待機所マルチ道場 / 政治系NFと陸軍ドクトリンの相性について