Top / HOI4 / 待機所マルチ道場 / 陸軍ドクトリン

HOI4/待機所マルチ道場/陸軍ドクトリン

HOI4/待機所マルチ道場

このページでは陸軍ドクトリンの解説を行います。
innovative balanceの陸軍ドクトリンは大幅な変更があるため、バニラでの応用要素は少なめです。
またinnovative balanceは頻繁に更新が行われているため、下記に書かれている内容・数値に差異が生じている可能性があります。現行バージョンをよく確認しましょう。

機動戦

機械化歩兵死守ルート

機械化歩兵を主軸編成する場合に選択する。反対に言えば機械化歩兵を使わないならば無用。
死守の効果により徴兵可能人口を最大5%増やすことができる。イノバ環境では志願兵のみ・武装解除国家に訓練時間と増援のボーナスがあるためNFも含め上手に組み合わせたい。

機械化歩兵現代電撃戦ルート

機械化歩兵死守に比べ用途が限られる。現代電撃戦の最終ツリーは戦車と装甲車(自走砲や駆逐など)にしか効果が無いのが大きい。陸軍ドクトリンを緊急機動部隊で止め、ほかの研究に回すことも一応可能か。

電撃戦死守ルート

今一つぱっとしない組み合わせ。虎の子の機甲師団の性能を下げてまで徴兵可能人口を増やす位ならば徴兵法を上げて対応したい。独ソMODのドイツでは戦略次第で採用するが、陣営戦での出番はあまりない。

電撃戦現代電撃戦ルート

戦車をメインで運用する陣営戦の国家はほぼ一択。相対的に歩兵が弱く歩兵師団単独での攻勢は厳禁。

優勢火力

エアランド・バトルルート

待機所での使用率は低め。陸軍と空軍の複合運用が前提になるため取り扱いの悪さがネック。AT師団を集中運用する場合は良い選択肢になり得る。

衝撃と畏怖ルート

対人火力に特化した使い勝手の良いドクトリン。ロケット砲兵の戦闘幅ボーナスを最大限活かせるのも〇。欠点をあげると一師団当たりのコストが高いため、人的資源の多い国では装備不足(あるいは十分な師団を揃えられない)に陥ることか。

大規模作戦

強襲ルート

特殊部隊の攻撃力が上がるため海軍国家で採用されるドクトリン。イノバ環境は特殊部隊の数に制限が無いため歩兵代わりに特殊部隊を詰め込んで運用する事も。

浸透戦術ルート

待機所での使用率は低め。強固に守りを固めるより火力を叩きつける方が目に見えて結果が出やすいのが主な理由か。

大量突撃

縦深戦闘ルート

有り余る人的資源を最大限に運用できる。物資消費の補正が大きいため、機甲師団や空軍の邪魔になりにくいのも〇。

大量動員ルート

Ypaaaaaa!!質より量が欲しい時に。何気に陸軍ドクトリンの中で増援確率が最も高く、10幅歩兵と相性が良い。


Top / HOI4 / 待機所マルチ道場 / 陸軍ドクトリン