Top / HOI4 / 爆誕! 新生ローマ帝国の夜明け / 真なるローマへの脈動

HOI4/爆誕! 新生ローマ帝国の夜明け/真なるローマへの脈動

HOI4/爆誕! 新生ローマ帝国の夜明け

13.5 真なるローマへの脈動

作者.PNG ここからフィクション成分マシマシになりますのでご容赦ください。

〜ローマ、戴冠式直前〜

グラジアーニ.png えーっと、報告します。今回の戦いの結果生き残った国なんですが……。
ムッソリーニ2.png  あれ? そういう報告はリベルトがやってくれるんじゃないの?
めいど4.png 彼なら長期の休暇を取っているのであります。例のドッキリワクワクメカで体力を使い果たしたとかで……。
グラジアーニ.png それはさておき、これをご覧ください。

ヨーロッパの様子.jpg

グラジアーニ.png 我が陣営加盟国ハンガリーとブルガリアです。見ての通り領土拡張に成功しております。

併合し損ねたポーランドの残骸 41年11月21日.jpg

グラジアーニ.png 次にファランガ・ポーランドです。ドイツ傀儡時は総督府という国名でした。現在は独立し、陣営未加入です。

バルト三国.jpg

グラジアーニ.png そしてバルト三国です。ソ連の予想外の挙動により生き残ることが出来ました。面倒なので放置です。

アフリカ.jpg

グラジアーニ.png あとアフリカです。傀儡のエチオピアを除けば残っているのはリベリアだけです。

何故か復活したタンヌソバ.jpg

グラジアーニ.png それから何故かタンヌなんちゃらが復活しています。我が傀儡国です。

北欧の様子.jpg 

グラジアーニ.png 最後に北欧です。三国とも独立しています。フィンランドが枢軸、他二国が陣営未加入です。

めいど4.png 閣下、そろそろ時間であります、お支度を。
ムッソリーニ2.png  ……ふー、いざとなると緊張するな。

……こうして何百年ぶりかとなる神聖ローマ皇帝の戴冠式が行われた。
あるものは喜びに沸き、あるものは反感を持ち、そして不穏な動きを見せる者たちもいた……。

ホルティ.png ……ルコフ殿、少々よろしいか? 折り入って話がある。
フリスト・ルコフ.png 奇遇だな、ちょうど私も貴殿に話がしたかった所だ。

……その後ムッソリーニはミュンヘンへと居を移し、そこに荘厳な宮殿の建築を命じた。*1

〜それから数か月〜

ヒトラー.png おい! その間ワシが主導してインフラの整備と修復をしておいたぞ!

……お疲れ様です。

42年2月19日

めいど4.png 陛下! ハンガリーに不審な動きがあったであります!

大ハンガリー 42年2月19日.jpg

ムッソリーニ2.png  大ハンガリーだと? 全く誰の許可を得てそんな不埒な真似をしとるんだ?
フィリップ・ペタン.png 陛下、どうやらハンガリー、ブルガリアが離反の動きを見せているようですぞ。
フィリップ・ペタン.png 未確認情報によるとポーランドも同調しているとか……調査させますかのう?
ムッソリーニ2.png  ですな……ソニア、頼めるか?
めいど4.png 了解であります。それと陛下、国民からこのような声が……。

ローマの野望.jpg

めいど4.png 国民からは真なるローマの復興を望む声が続々と届いているのであります。
ムッソリーニ2.png  ……よろしい、国民が望むなら真なるローマの復興、成し遂げてみせよう!
フィリップ・ペタン.png では調査と軍を動かす準備に少々お時間を頂きますぞ。

……こうして、ムッソリーニは新たな野望を胸に最後の戦いへと臨むのであった。

次回
14.新生ローマ帝国の夜明け


*1 民需工場5つ分必要と妄想

Top / HOI4 / 爆誕! 新生ローマ帝国の夜明け / 真なるローマへの脈動