Top / HOI4 / 爆誕! 新生ローマ帝国の夜明け / 方針と目標・後半

HOI4/爆誕! 新生ローマ帝国の夜明け/方針と目標・後半

HOI4/爆誕! 新生ローマ帝国の夜明け

方針と目標・後半

作者.PNG 俺は一週間待ってくれと約束したな?
ムッソリーニ2.png そうだエリック、し、失踪だけは……。
作者.PNG あれは嘘だ。
めいど4.png ジェバンニが3日でやってくれました。
イタロ・バルボ.png あらすてき!
グラジアーニ.png なんてことだ……なんてことだ……。(歓喜
ジョヴァンニ・メッセ.png しかも2パート同時公開とはたまげたなぁ。*1
ムッソリーニ2.png 最高にハイってヤツだ!
研究者.png 嬉しいからってネタを盛り込み過ぎなんですがそれは。
ムッソリーニ2.png こまけえことはいいんだよ。

雑談という名の茶番

ムッソリーニ2.png まさか初投稿から一時間以内に2つもコメントが来るとは……たまげたなぁ。
グラジアーニ.png その後も順調にコメントが届き、AAR本編のネタやここでの議論の材料がだいぶ集まった。
イタロ・バルボ.png 議題がローマ帝国だからか? さすがは時を超えて愛される偉大な帝国っすね!
研究者.png ここまでリスペクトされるような国は後にも先にも生まれないでしょうね。
ジョヴァンニ・メッセ.png まあ、我々が復活させようとしている国はそれに比べたらほとんど劣化コピーみたいなものですけど……。
ムッソリーニ2.png 仕方ないだろ、本家もビサンツももう復活しちゃっているんだ。差別化を図るにはもうこれしか残ってない。
グラジアーニ.png ちなみに作者はこのAARが終わったら今度はフランク王国の復活を画策しているらしいです。*2
ジョヴァンニ・メッセ.png もう次回作の予告をしちゃうのか。(困惑
イタロ・バルボ.png 作者はAAR執筆の魔力に憑りつかれちゃったからね、仕方ないね。*3
めいど4.png 皆様お疲れさまであります。カフェラテのおかわりとお茶うけのチョコレートであります。
イタロ・バルボ.png おお! サンキュー! ちょうど甘いものが食べたかったんだ。
めいど4.png 議論の進捗はどうでありますか?
ムッソリーニ2.png まあ、コメントのおかげで大体の方針は決まったかな? とりあえず食べよう。*4

で、結局方針は?

ムッソリーニ2.png 方針の前に、目標を1つ追加することにした。デデン

・ローマ帝国の旧領を回収する。(傀儡国家もカウントする。ブルガリアは例外)

ムッソリーニ2.png とりあえずこの画像を見てくれ。神聖ローマと本家ローマの再興に必要な領土だ。*5
ローマ条件.jpg
ムッソリーニ2.png 見ての通り左が神聖ローマに絶対に必要な条件、右が今回追加した目標の条件だ。
ムッソリーニ2.png 実際はブルガリアという例外の存在と傀儡国でもOKというルールなので目標ハードルはだいぶ低い。
ムッソリーニ2.png 両者でかぶっている部分も多いし、クリアは可能だろう。
ムッソリーニ2.png 強いて問題をいうなら本家の方はこの画面からだと確認できない事ぐらいだな。
ムッソリーニ2.png さあ、いよいよ本題だ。拡張方針を発表する。
ムッソリーニ2.png まずはドクトリンだが、陸軍はデフォの大規模・左ルートで行く。
ムッソリーニ2.png 空軍は作戦整合性ドクトリン、海軍もデフォの艦隊保全主義ドクトリンを進めるが、陸ドクが優先だろう。
ムッソリーニ2.png 最初のNFは陸軍優先を取る。その間にエチオピア戦争を終わらせる。まあ、数日オーバーするだろうが。
ジョヴァンニ・メッセ.png その場合にはNFを取らずに待つんですね?
ムッソリーニ2.png そうだ。その後は新ローマルートを最速で進めてフランス追撃→ギリシャ宣戦までとる。途中のユーゴスラビアの選択肢は友好を取る。
ムッソリーニ2.png ユーゴは最終的に征服するため本当は領有権主張を取るのが筋だと作者は思っているが、
ムッソリーニ2.png それだと後々キツイ事*6になるので仕方ない。これも帝国のためだ。あとスペイン内戦は無視だ。支援すると無駄に緊張度を上げてしまう。
ジョヴァンニ・メッセ.png えっ、でもそれだと同盟ルートもバレアレスルートも取れませんよ?
グラジアーニ.png そうですよ。それにせっかくの陸軍経験値貯めるチャンスじゃないですか。
ムッソリーニ2.png 今回はスペインツリーはガン無視だ。陸軍経験値も後でたっぷり手に入る、我慢しろ。とにかく緊張度を上げてはいけないのだ。
ムッソリーニ2.png その後36年11月の25日になったらユーゴに正当化を仕掛ける。
ムッソリーニ2.png 今回チェコスは食わないのでユーゴに対するチェコスの独立保証が切れ、なおかつギリシャ宣戦が完了する辺りの日時を割り出すとこの辺りが良い。
ムッソリーニ2.png 順当に行けば37年7月の14日にフランス・ユーゴ・ギリシャの三国に同時に宣戦布告できるので……宣戦しちゃう。
エドゥアール・ダラディエ.pngゲオルギオス2世.pngパヴレ.png 何だこの狂犬!?
イタロ・バルボ.png 今のオッサンたち誰だよ……。*7
ムッソリーニ2.png 当然ギリシャにはルーマニアが独立保証掛けているので実質四国に宣戦布告することになる。
カロル2世.png おう、ウチの独立保証踏み抜くとはいい度胸じゃねえか……!*8
ジョヴァンニ・メッセ.png 四国相手で二方面作戦とか、大丈夫なんですか?
ムッソリーニ2.png ユーゴが邪魔でギリシャとルーマニアはこちらに手出しできない。実質二国との戦争だ。勿論相応の準備は必要だがな。*9
ムッソリーニ2.png 今は流れの説明なので詳しくは割愛する。さて、ユーゴはサラエボを落とすと簡単に降伏する。
ムッソリーニ2.png しかしそれではギリシャとルーマニア両国と国境を接してしまう。つまりかえって敵が増える。
ムッソリーニ2.png それを防ぐためユーゴに対する攻勢はサラエボ直前でストップだ。うっかり制圧してしまわないように。
ムッソリーニ2.png フランス方面は防御に徹する。この時点ではこちらの工場もあまり多くはないので充足率は6、7割程度*10だがそれで十分だ。
ムッソリーニ2.png 防御し続けているとやがてフランス方面が好転してくる。向こうはうち以上に工場が無さ過ぎて連中の充足率はあっという間にボロボロになるからな。
ムッソリーニ2.png 対してこちらの充足率は逆に増えていたりする。そうなったら一気に制圧だ。*11
ムッソリーニ2.png あらかじめ前線全体を平押しする軍団と一気にパリを目指す軍団に分けて計画値ボーナスを貯めておけば余裕。
ムッソリーニ2.png 侵攻時の注意点はパリを目指す軍団が孤立しないようにもう一方の軍団に適度に指示を出しておく事くらいか。
ムッソリーニ2.png 無事にパリを落とし俺が白馬に乗る頃には降伏するかギリで持ちこたえるかだ。
ムッソリーニ2.png 持ちこたえた場合でも適当な都市を1つ落とせば終わりだ。フランス領は全土併合する。
研究者.png フランス海軍は戦艦4隻とか持ってますよ? 
研究者.png チュニジア辺りに傀儡政権を立てれば丸々とはいかないでしょうけど貴重な海軍戦力が手に入るんじゃないですか?
ムッソリーニ2.png 傀儡政権はダメなのだ。理由は次の回で説明する。
ムッソリーニ2.png 無事併合したらフランス方面の軍団をスペイン*12とユーゴ方面の二つに分けて移動。ユーゴ方面に回した軍団の到着を待ってサラエボを落としユーゴ降伏へ。
ムッソリーニ2.png その後は現地の軍団、フランスから回してきた軍団、アルバニアの守備隊を動員してギリシャとルーマニアを攻略する。
ムッソリーニ2.png ギリシャはテッサロニキとアテネを落とせば終了。ルーマニアは数が多いので多少手こずるかもしれないが、首都と都市をいくつか落とせば降伏だ。
ムッソリーニ2.png 後はスペイン戦及びバルカン半島の戦後処理で重要な注意点があるが……それは次回だ。
ムッソリーニ2.png その後は……申し訳ないがまだテストプレイが追いついてないので現時点では解説できない。*13
イタロ・バルボ.png じゃあこれまでスクショを撮って引用してきたセーブデータで引き続きテストプレイですか?
ムッソリーニ2.png ……残念ながらあのデータは致命的な間違いを犯してしまったため進められない。*14これも理由は次回解説する。
ムッソリーニ2.png 次回は説明しきれなかった注意点の解説を行いたいと思う。
ムッソリーニ2.png それと今回説明した内容はレポート作者様の『イタリア拡張レポート』をひな型に独自のアレンジを加えたものだ。
ムッソリーニ2.png Topページにリンクを貼ってあるのでそちらも読んでおく事をお勧めする。*15
ムッソリーニ2.png では皆様お疲れ様でした!

次回方針と目標・注意点

研究者.png ところで閣下、我々の影響を受けて他の世界線のイタリアで動きがあった模様です。
ムッソリーニ2.png それで、内容は?
研究者.png はい、トリアッティ殿の策略により向こうのムッソリーニ.png
研究者.png アカの暗黒面に堕ち、手始めに向こうのイタリアを共産化したようです。
研究者.png 一応作者の管轄する鎮守府が独立保証を掛けたようですが、我々はどうしましょう?
ムッソリーニ2.png どうするも何も他の世界線に干渉できるわけないだろ! いい加減にしろ!
ムッソリーニ2.png それに我々は上記の一心不乱の大戦争のために準備中だ、よそ様に介入する余裕はない。
ムッソリーニ2.png ただ……あの俺も一応若かったころの俺なんだよな。ちょっとだけ、応援してやるか。


*1 作者本人も驚いています、意外とタフなんですね
*2 一応次回作の予定
*3 ただし多少の準備期間は欲しいです
*4 作者もリアルにチョコレート食べながら執筆を続けます
*5 左右で文字の大きさが微妙に揃ってないのは……許して
*6 次回解説予定
*7 正直ユーゴの元首とか調べてもよく分からん
*8 この時点ではまだこの人のデバフもあるし、たぶん在位中
*9 例えばアルバニアはユーゴ、ギリシャ両方から攻められるので十分な守備隊を置いておく必要がある。まあ後で回収しなおせばいいと割り切って放棄する手もあるが
*10 師団数による
*11 七大国(笑
*12 おそらくこの頃には内戦が終わっている
*13 トルコに対する方針はコメント返しで触れられている
*14 技術開発もあるがもっと重大なミスがある
*15 一般通過様の言う通り凄く参考になりますよ!

Top / HOI4 / 爆誕! 新生ローマ帝国の夜明け / 方針と目標・後半