Top / HOI4 / 北欧戦記

HOI4/北欧戦記

title01.png

はじめに

北欧フィンランド。ユーゴ戦記に続く戦記モノ第二弾です。

小国の生き残りを指導者と一般兵士の視点から物語にしていきます。
はっきり言って、ゲームプレイはガバガバのボロボロです・・・
仮想モードで大したことのない内容をフィクションでモリモリに盛っていきます。
HOIとしては全く参考になりませんので、それでもいいよって人に読んでいただけたら幸いです。
ちょっと長いですが、お付き合いください。m(_ _)m

プレイ環境

プレイ国家フィンランド
環境v1.5.4
DLCTfV, DoD,WtT
シナリオ1936年
難易度一般兵
史実AI仮想
鉄人モードオフ
使用Mod日本語mod他

基本方針

ソ連にもドイツにも付かず、独立を守り通す。

留意事項

・プレチとかしていません。
・フィンランドの歴史とか武器のこととかほとんど詳しくありませんので、ご容赦ください。

登場人物紹介

リスト・リュティ.pngリスト・リュティ
フィンランド国民進歩党党首。誠実で信頼できる人柄。

マンネルヘイム2.pngカール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム
フィンランド軍元帥。ロシア帝国陸軍に在籍した経歴を持ち、フィンランド内戦を経てフィンランド国防軍のカリスマとなっている。

ハインリッヒス.pngエリック・ハインリッヒス
フィンランド軍大将。マンネルヘイム元帥を信奉している。

アールトネン1.pngアイモ・アールトネン
フィンランド共産党党首。政治思想ではリュティと反目し合うも、フィンランドを独立させる点においては共通の認識でいる。

キェスティ・カッリオ.pngキュオスティ・カッリオ
フィンランドの現大統領。

コイヴィスト.pngコイヴィスト
フィンランドの兵士。学問に熱心だが徴兵のため戦争に参加している。

ハッキネン.pngハッキネン
フィンランドの兵士。故郷に恋人を残して戦争に参加している。

ミヤモト.pngミヤモト
フィンランドの兵士。傭兵として日本からやってきた。

シモヘイヘ.pngシモ・ヘイヘ
フィンランドの予備役兵士。狙撃の名手。

ユーティライネン1.pngアールネ・エドヴァルド・ユーティライネン
コイヴィストたちが所属する中隊、カワウ隊の隊長。フランスの外人部隊に所属した経験があり、モロッコの恐怖と言われる。

1935年10月 プロローグ

フィンランド。北欧4国の中ではもっともソ連に近い国である。
それ故に、常にソ連に併合される脅威にさらされていた。隣国のスウェーデンは中立を保ち、形の上ではフィンランドとは友好的な関係にあったが、大国の感情を逆撫でさせないような態度は誰の目から見ても明らかであった。
そんな中、リュティ、マンネルヘイムは一計を案じ、政権転覆を図ろうとする。
物語は1935年10月の季節外れの大雨の中、始まる。

(ザーーーーーー)

マンネルヘイム2.png嫌な雨だな・・・・いったい、いつまで続くのか。
マンネルヘイム2.pngこんな深夜の雨の中、共産党のアールトネンは来るのか?
リスト・リュティ.pngはい。元帥。そろそろ来るはずです。
マンネルヘイム2.png今、我が国は中立を保って形だけの平和を維持している。
マンネルヘイム2.pngだが、このままではソ連に取り込まれるのは時間の問題だ。
リスト・リュティ.pngはい。現政権はその危機感がありません。そのため、我々は一時的に本意ではありませんが赤化し、ソ連の脅威から我が国を守らないといけません。
マンネルヘイム2.pngそうだ。まずは赤化したあと、スウェーデンを取り込み、
マンネルヘイム2.png国力をつけてソ連に対峙する。その後はソ連との・・・

(トントン)

リスト・リュティ.pngどうやらアールトネン殿が来られました。
アールトネン1.pngふぅ。びしょ濡れだ。ひどい雨だぞ。傘が役に立たん。
アールトネン1.pngそれにしても・・・聞きましたぞ。元帥、リュティ殿。正気でしょうな。
リスト・リュティ.png無論です。ソ連に対抗するには、それしかありません。
リスト・リュティ.png我々、国民進歩党はあなた方、共産党と連立与党として支持していきます。
マンネルヘイム2.png軍も全面的に支持する。議会と軍、双方の支持が得られれば、我がフィンランドは必ずソ連に対抗できる。
アールトネン1.pngわかった。必ず、この国を独立させ、ソ連の暴風から守り抜こう。
アールトネン1.pngだが、どんな傘を持ってしても全く濡れんわけにはいかんからな。この雨もそうだがな・・・

本編

第一章 スウェーデン侵攻1
第二章 スウェーデン侵攻2
第三章 冬戦争1
第四章 冬戦争2
第五章 冬戦争3
第六章 第三次世界大戦1
第七章 第三次世界大戦2
第八章 第三次世界大戦3
第九章 フィンランド最後の戦い1
第十章 フィンランド最後の戦い2
第十一章 エピローグ

おまけ
コメント返し
コメント返し2
あとがき

北欧戦記外伝 東方からきたサムライ

その他の執筆作品

ユーゴ戦記 −ひとつの国、ひとつの夢ー ユーゴスラビアの生き残りを掛けた戦い。

野生の逆襲 オーストラリアの野生が欲にまみれた人類に鉄槌を下す。

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 大統領。そろそろお時間です。アンパンマンは録画でみてください。 -- リュティ? 2018-08-03 (金) 20:35:21
  • 結局、日本はどうなったのか、9章で判明するのかな? -- 2018-08-04 (土) 03:26:51
  • この対ソ要塞線は某AARの影響かしら? -- 2018-08-04 (土) 12:08:10
  • お前のことが好きだったんだよ!(大胆な告白はry) スロ・コルッカが独立保証。いつも楽しく読ませて頂いてます。陰ながら応援しています、お疲れの出ませんように。 -- 読者エリック? 2018-08-04 (土) 20:58:35
  • ファッ!? スンスンおじさんなぜここに!?(補足するとフランス降伏の際に涙を流している一般おじさんだったはず) -- 2018-08-06 (月) 12:35:33
  • 影武者かよwwww -- 2018-08-06 (月) 15:28:33
  • そういえばKRじゃないからケレンスキーは生きているんだった -- 2018-08-06 (月) 21:09:31
  • この世界の戦後は英国に変わって強大化した米国が率いているであろう連合、東欧で一定の影響力を持つモジェ連、そして共産党支配の中国が大きな勢力となっているのかな。 -- 2018-08-07 (火) 00:55:47
  • これにて物語は終わります。読んでいただいた方、本当にありがとうございました! -- ユーゴ戦記作者? 2018-08-07 (火) 08:15:09
  • 日本に傀儡化された西北三馬がデカすぎるw。こりゃ馬家軍閥が権力闘争(ディシジョンで発動)で勝ち抜いて中原を支配したんだな。 -- 2018-08-07 (火) 16:16:49
    • 馬家軍閥とか後漢の末期かな -- 馬騰? 2018-08-07 (火) 17:24:31
  • 前作に続き感動した 昭和帝とリュティ大統領の邂逅は涙が出た -- 2018-08-07 (火) 18:58:59
  • 完走、お疲れ様でした!面白かった! -- 2018-08-07 (火) 21:24:20
  • 次こそAARの主人公達には勝ってほしいな -- 2018-08-08 (水) 09:37:41
  • ラッビーーア!! -- 2018-08-12 (日) 15:41:19
  • 外伝、 -- 2018-08-18 (土) 00:34:56
    • 切れた。外伝、長いけどイイ! -- 2018-08-18 (土) 00:36:22
  • 今更だけど,ミヤモトたちの絵ってどうしたんですか? 自作?! -- 2018-08-18 (土) 22:54:22
    • 閣僚画像置場の汎用キャラにあるものを借用しています。ただ、大きさを変えたかったので少しだけ編集してます。 -- ユーゴ戦記作者? 2018-08-19 (日) 09:29:21
  • こんなにモブ顔が多いとは・・・、これはヨハンへの抗議案件だな -- 2018-09-06 (木) 16:22:25
  • これ見てフィンランドでやってみたが人的ホント辛い。 -- 2018-09-11 (火) 23:07:28
  • 大日本帝国は主要国ですよね -- 2018-09-14 (金) 21:56:14
  • 顔グラは確かにそうなんですよねぇ・・・これは、MtGに期待するしか!? 多分ダメでしょうけれど・・・グズッ。 -- 2018-11-21 (水) 03:37:55
お名前:

Top / HOI4 / 北欧戦記