Top / HOI4 / Stalin by TROTSKY

HOI4/Stalin by TROTSKY

HOI4

1.jpg

蛆虫め!

はじめに

1913年、ウィーン、私はスコベレフのアパートでサモワールを囲んでお茶を飲んでいた。
バクーのブルジョワの息子だったスコベレフは当時学生で、私の政治的弟子であった。
香り高いロシアンティーをすすりながら、もちろんのことツァーリズムの打倒について論じあっていた。
そこへ突然、ノックもなしにばたんとドアが開くと、入口の所に見知らぬ人物が立っていた。
背は高くなく、痩せていて、顔はやや浅黒くくっきりとあばたが見えた。

この訪問者の手には空のコップが握られていた。
どうやら彼は私と出くわすとは予想もしなかったようで、その眼には友好性のかけらも見られなかった。
この見知らぬ男はかろうじで挨拶ともとれるようなくぐもった声を発しながら、サモワールに近づき、無言で自分のコップにお茶をそそぐと、無言のまま出て行った。
私がいぶかしげにスコベレフのほうに視線をやると、彼はこう答えた。

あれはカフカース出身のジュガシヴィリといって、ぼくの同郷人ですよ。
彼は最近ボルシェヴィキの中央委員会に入ったところで、どうやら頭角をあらわしはじめているようです。

この人物から受けた印象はぼんやりしたものだったが、それでも尋常ならざるものを感じた。
突然現れて出て行ったこと、その眼に最初から敵意が見て取れたこと、聞き取りづらい曖昧な挨拶、そして何よりも、どこか陰鬱で自分の殻に閉じこもったような雰囲気は、明らかに不安な印象を与えるものだった…。(トロツキー1939『スターリン』より抜粋)

プレイ環境

担当国ソビエト連邦
環境steam版v1.33
シナリオ1936年
難易度ベテラン(最高)
史実モードあり
DLCなし
MODナチス旗MOD及び戦車グラを大きくするMOD
作者もぐら

本編

コメント欄

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • トロツキー暗殺によって未完におわった伝記『スターリン』ですが、トロツキーが暗殺から生き延びていたら、彼は世界大戦の頃のスターリンをどのように書き継いでいたのか、こうした問題意識が本AARの執筆動機となっております。 -- もぐら? 2018-08-19 (日) 13:21:03
  • カナダ自治領が独立保証、トロツキーはスターリンと仲違いして共産主義の発展が遅れるからもっと生きろ -- エドワード8世? 2018-08-19 (日) 15:20:34
  • モンゴル帝国が宣戦布告、再び征服してやる -- 2018-08-19 (日) 18:30:49
  • ドイツ国が宣戦布告 ボリシェヴィキは滅ぶべし -- アドルフ? 2018-08-20 (月) 12:54:31
  • 1.33?! -- 2018-08-21 (火) 21:55:27
  • わたしはDLCをいれないでやるのがすきなんですが、DLCをいれないと1.4以降はハンガリーが枢軸に加盟しないのです。だから1.33です。 -- もぐら? 2018-08-21 (火) 22:27:50
  • スターリン批判は俺の特権だからそこんとこよろしく -- フルシチョフ? 2018-09-01 (土) 14:25:03
  • ウクライナ社会主義共和国が独立保障 -- フルシチョフ? 2018-09-01 (土) 14:27:40
  • アメリカサンディカリスト連合が独立保障 -- ジョン・ジャック・リード? 2018-09-03 (月) 00:27:28
お名前:

Top / HOI4 / Stalin by TROTSKY