HOI4/ドラキュラ帝国がバルカンを吸い尽くす/4章-大惨事バルカン戦争 の変更点


[[HOI4/ドラキュラ帝国がバルカンを吸い尽くす]]

早速、セルビアから第二次バルカン同盟のお誘いが来ました。
同盟も何も、ルーマニアとセルビアは運命共同体みたいなもんだし(ゴマすり)

#ref(バルカン同盟.png,left,nowrap,)

という事で''加盟拒否''。

#ref(同盟拒否.png,left,nowrap,)

セルビアから苦情が来ましたが無視します。
第一次バルカン同盟でも加盟しなかったし別にいいでしょ?

#ref(ギリシャ加盟.png,left,nowrap,)

バルカン同盟にはギリシャのみが加盟したようです。
ブルガリアはセルビアへの恨みつらみから加盟拒否した模様。
なおアルバニア(ry

#ref(スペイン内戦.png,left,nowrap,)

もはや恒例行事と化したスペイン内戦勃発!
これにより国際緊張が上がります。これで戦争できるぜヒャッハー!(末期症状)

などと思いつつ師団編成を行っていたところ、''プップクプー''とかいう音が聞こえました。
ああ、またどこかで戦争でも起こったのか…と思ってマップに戻ってみると

#ref(セルビア宣戦.png,left,nowrap,)

''なんか戦っとるー!''
セルビアがギリシャを引き連れてブルガリアに宣戦布告したようです。
第三次バルカン戦争が突如として勃発しました。
どういう事なの…

ここで、我らが鉄衛団が取るべき道は2つあります。
セルビア側につくか、それかブルガリア側につくかです。
ドラキュラ総統が下した決断は…

#ref(目標はブルガリア.png,left,nowrap,)

''「我らはブルガリアを攻撃する!セルビアへ恩を100倍にして返すのだ!」''

…一見かっこいいセリフに見えますが、ここでセルビアの恩をチャラにして罪悪感なく宣戦しようという意味です。

#ref(ブルガリア首都移転.png,left,nowrap,)

正当化まで時間がかかるので放置していたところ、ブルガリアの首都のソフィアが陥落して首都が移転されました。
セルビアよりブルガリアの方が数も多いし強いと思っていたんですが、そうでもないようです。

#ref(ブルガリア首都再移転.png,left,nowrap,)

と思ったらソフィアが奪還されてまた首都がソフィアに逆戻り。
この後も首都移転を''3〜4回''繰り返していました。慌ただしい国家ですね。

#ref(レンドリース打ち切り.png,left,nowrap,)
なぜかセルビアからのレンドリースが''打ち切られました。''
これはひどい。せっかく敵国討伐に加担してあげたのに、恩を仇で返されたような気分です。
まあ、きっと戦争で装備品が不足し始めたのでまだ戦争中でない我が国への支援を打ち切ったんでしょうね
ですが大義名分が%%''こじつけられたので''%%出来たので後で始末しましょう。%%''自分も恩を仇で返そうとしていたなんて言えない''%%

そんな感じでバルカン戦争を指をくわえて眺めていたルーマニアですが…

#ref(ブルガリア正当化完了.png,left,nowrap,)

''ブルガリアが不当に占拠するルーマニア領土返還の請求が完了しました。''
これで我らもこの戦争に介入する事が出来ます。

ブルガリアよ、終わりにしようではないか。
次章、ブルガリア決戦。