Top / 初心者へ

初心者へ

ネット上の紹介記事等で、戦国 SENGOKU を面白そうと、購入した(又は買おうと思ってる)初心者の皆様、ご機嫌よう。
このゲームは、Herts of Ironシリーズ、Europe Universalisシリーズで有名なParadox Interactive社が送る、歴史戦略シミュレーションゲームです。

このゲームで繰り広げられる世界は読んで字の如く、戦国時代の我が国、日本
蝦夷(北海道)は、当時の国勢が戦乱の世であることからその存在が与える影響は薄いものとされたのか、除かれています。
琉球(沖縄)は当時、琉球國という1879年まで実在した独立国で完全に別の国のため除かれています。

舞台は史実の応仁の乱勃発の1467年から徳川幕府4代将軍家綱存命時の1671年までの、およそ200年間となります。この期間を1日刻みで進めて行きます。

ゲームの目的は全国統一
kori(郡)と呼ばれる160区に分割された日本を一つにするのが、このゲームの基本的な最終目標となります。

プレイヤーは戦国武将の一人として

 領国を従えて税を集め
  戦場を駆け抜け
   妻を娶り、子を育て
    並み居る同僚を図って一門の長となり
     周囲の大名をなぎ倒し
      いざ歴史に覇を唱えん!

と、戦乱の世を生き抜くのに悪戦苦闘すること間違いなし!

やるべきことは沢山ありますが、他のParadox製ゲームと比較するととてもシンプルです。抑えておくべきことは

「国内の税を納めて国力を蓄え、朝廷に献金して威信を高め、それらを以って他の大名に戦をしかけ、領国を広げていく」
これが基本、ゲームは終始この通り進行します。

ただし注意すべき点が一つ、
「プレイヤーが ”ペナルティを受けずに” ”直接” 治められる領国は ”5ヶ国” まで」
これ以上を保有した場合は統治者の目が届かなくなる等の理由により、様々なペナルティを受けてしまいますので、
「5ヶ国以上は、配下の者に与えて ”間接的” に支配する」
ことで解決します。
とはいえ、領国を与えられた家臣が野心を抱かないとも限りません。
手綱をしっかりと握って、暴れだしても空かさず喝を入れられるように、国内外問わず目を向けておくことです。

以上、雑句把覧に初心者が抑えておくべき点などをここに記述しておきます。
ことのはアムリラート 岡尚大 エスペラント 相模原市 色盲絵師 ユピピ


Top / 初心者へ